12.8 C
Japan
月曜日, 9月 20, 2021

【推薦企業を公募!】J-Startup CENTRAL(第二期)&内閣府スタートアップシティ・アクセラレーションプログラム

Central Japan Startup Ecosystem Consortium(以下、コンソーシアム)は、中部経済産業局と連携し、「J-Startup CENTRAL(第二期)」及び「内閣府スタートアップシティ・アクセラレーションプログラム」推薦企業の公募を実施します。
また、「Central Japan Startup Ecosystem Consortiumサポーター制度」を開始し、愛知・名古屋及び浜松地域のスタートアップを全力でサポートする意欲のある企業や団体等を募集します。

「J-Startup CENTRAL(第二期)」及び「内閣府スタートアップシティ・アクセラレーションプログラム」推薦企業の公募について 

愛知・名古屋及び浜松地域の前途有望なスタートアップを強力に支援するプロジェクト「J-Startup CENTRAL(第二期)」の公募が行われます。

J-Startup CENTRAL」に選定されたスタートアップ企業は、企業や投資家とのマッチングや広報支援などを受けられるほか、「内閣府スタートアップシティ・アクセラレーションプログラム(【参考】参照)への参加を希望する場合、同プログラムへの優先的な参加が認められます。

1.選定スキーム

2.募集期間
 令和3年9月6日(月)~9月24日(金)

3.対象・選定方法  
 対象:愛知県内及び浜松地域に本社のあるスタートアップ企業で起業後概ね10年以内の企業
 選定方法:書類審査(WEBから応募)

4.審査基準  
・ビジョン(社会課題解決につながるビジョンを持っていること)
・先進性・独創性(先端技術を持つ等の先進性や、独創的な発想等に基づくものか)
・優位性(競合に対する優位性が認められること)
・成長性(スピード感を持った成長が期待されること)
・国際性(グローバルな活躍が期待されること)

5.応募方法  
 以下のWebサイトからご応募下さい。
▶︎https://nagoya-innovation.jp/
(名古屋スタートアップ推進ポータルサイト)

6.その他 
内閣府スタートアップシティ・アクセラレーションプログラムへの参加を希望される方は別途お申込みが必要です。以下のスタートアップシティ・アクセラレーションプログラム詳細をご覧ください。

スタートアップシティ・アクセラレーションプログラム詳細

※内閣府の実施する官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)スタートアップ・エコシステム形成推進事業をJETRO(日本貿易振興機構)が受託し実施するものです。

実施概要

(1) 実施期間
令和3年10月下旬~令和4年3月頃
令和4年2~3月に事業発表会(Demo Day)※オンライン(コロナの状況次第でオフラインも検討)

(2) 参加者
グローバル拠点都市・推進拠点都市から6コースで110社程度

(3) 内容
2ステージ、計6コースに分け事業ラウンドや事業分野毎のプログラムを実施
① Global Preparation Stage(1コース)40~50社/シード~アーリー向け/基礎知識習得・海外戦略策定等
② Global Scale Stage(5コース)各10~15社/シード~ミドル/販路開拓・事業連携・資金調達等

(4) 締切
令和3年9月27日(月)17時00分

(5) 申込方法
以下、JETRO(日本貿易振興機構)Webサイトからお申込みください。
▶︎https://www.jetro.go.jp/services/startup_city.html

プログラム概要

プログラム開催頻度、時間等はJETROのWebサイト中、アクセラレーション・プログラム全体概要、各コースのコースエントリー要項(PDF)をご覧ください。
▶︎https://www.jetro.go.jp/services/startup_city.html

アクセラレーションプログラムに関する問合わせ先
ジェトロ イノベーション・知的財産部 スタートアップ支援課 担当:大戸、深澤
E-mail:StartupCity@jetro.go.jp TEL:03-3582-5770

「Central Japan Startup Ecosystem Consortiumサポーター制度」について​

1.サポーター制度の趣旨
本制度は、愛知・名古屋及び浜松地域のスタートアップ企業に対して積極的な支援を行う企業を認定し、サポーター企業の見える化、サポート内容の明確化を図ることで、サポーター企業とスタートアップ企業間の連携を促進します。

2.対象事業者
愛知・名古屋及び浜松地域のスタートアップ企業に対し、無償、独自又は新設された優遇サポートを提供可能な法人格を有している企業又は団体。(なお、ベンチャーキャピタルについては国、地方自治体等の事業と連携しているものに限る。)

3.スタートアップへのサポート内容
・情報発信、会費割引、人材派遣などの事業活動に係る支援
・実証実験フィールドやコワーキングスペースなど場の提供に係る支援
・スタートアップとの協業に対する相談窓口設置などの協業に係る支援
・メンタリングに係る支援 等

4.認定方法
申請を受け付けた後、Central Japan Startup Ecosystem Consortium事務局と面談(オンライン含む)を行い、申請内容、面談内容を踏まえて事務局が認定の可否について判断します。

5.スキーム図

6.申込方法
本制度のサポーター企業としての認定を希望する企業又は団体は、以下のWebサイトから申請を行ってください。(随時受付)
▶︎https://nagoya-innovation.jp/
(名古屋スタートアップ推進ポータルサイト)

サポーター制度に関する問い合わせ先
名古屋市経済局イノベーション推進部スタートアップ支援室
電話:052-972-3046 
E-mail:a3046@keizai.city.nagoya.lg.jp

参考

1 「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」の概要
内閣府が、我が国の強みである優れた人材、研究開発力、企業活動、資金等を生かした世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステム拠点の形成を目指し、地方自治体、大学、民間組織等が策定した拠点形成計画を認定するもので、愛知・名古屋及び浜松地域は、令和2年7月に内閣府から「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に選定されました。「グローバル拠点都市」が4か所、それに準じる「推進拠点都市」が4か所認定され、そのうちの「グローバル拠点都市」に認定されました。

2 Central Japan Startup Ecosystem Consortiumについて
⑴構 成:Aichi-Nagoya Startup Ecosystem Consortium、浜松市スタートアップ戦略推進協議会
⑵代 表 者:一般社団法人中部経済連合会 会長 水野明久
⑶構成組織:一般社団法人中部経済連合会、名古屋大学、愛知県、名古屋市(事務局)、浜松市はじめ172企業・団体・大学等

3 「J-Startup CENTRAL」について
グローバル拠点都市の活動の一つとしてCentral Japan Startup Ecosystem Consortiumが実施する、当地域の前途有望なスタートアップを強力に支援するプロジェクト。2021年1月に20社を選定した(うち、愛知・名古屋地区14社、浜松地区6社)。

<支援内容> 
・J-Startup全国版との連携
・サポーター制度による企業連携強化
・行政・支援機関等によるビジネスマッチング支援
・ウェブサイト等での優先的・積極的プロモーション
・「J-Startup CENTRAL」ロゴの使用
・内閣府スタートアップシティ・アクセラレーションプログラムへの優先参加
 ※支援内容は随時追加予定

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source浜松市
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント