12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

ジェトロ、スタートアップ支援機関Venturelabと、スイス発のフードテック・アグリテックを紹介するオンラインイベントを共催

ジェトロは、スイスを代表するスタートアップ支援機関Venturelabと共催で、フードテック・アグリテック分野で活躍するスイス発のスタートアップによるオンラインピッチ及び世界的フードテックベンチャーキャピタルが登壇するオンラインイベントを3月24日に開催した。イベント前後の日程では、各社とのオンラインマッチング(商談会)も開催される。

この度、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)は、スイスを代表するスタートアップ支援機関Venturelab(ベンチャーラボ)と共催で、世界的に注目される「スイスのフード&アグリテック」にフォーカスしたオンラインイベントを開催した。
本イベントでは、Impossible Foods やBeyond Meat等にも投資参画し、Mosa Meatなど世界的フードテック系スタートアップにリードインベスターとして投資するスイス発フードテックベンチャーキャピタルBlue Horizon Ventures社が登壇。世界のフードテックトレンドやスイスのフードテックエコシステムの魅力等について講演される。
また、Venturelabが厳選したフード&アグリテック関連のスイス発スタートアップ8社が、ユニークなテクノロジーをピッチ形式で紹介。未来の食卓に繋がるスイス発のイノベーションを提案する。

概要

日 時:2021年3月24日(水曜)17:00-18:35(日本時間)

場 所:オンライン開催(Zoom)

内 容:
1.「スイス テックマーケットの今」
 ジェトロジュネーブ事務所長 和田恭
2.「Food tech, its unique ecosystem in Switzerland(仮)」
 Mr. Michael Kleindl,Co-founder and Managing Partner,Blue Horizon Ventures 
3.スイスのフードテック&アグリテックスタートアップのピッチ
 及びQAセッション

主 催:ジェトロ

共 催:Venturelab(ベンチャーラボ)

言 語:英語(日英同時通訳)

費 用:無料

締 切:2021年3月23日(火曜) 23時59分(日本時間)

詳 細https://www.jetro.go.jp/events/iid/0738802d6a23b6ed.html

各社との商談会も、オンラインマッチングシステムを活用し実施予定である。
世界が注目するスイスのスタートアップエコシステムに触れる絶好の機会である。

登壇スタートアップ情報

YASAI AG(https://www.yasai.ch/
限られたスペースの中で収穫の最大化を実現する垂直農業システム。
QualySense AG(https://www.qualysense.com/
穀物、種子、豆類の高速かつ確実な選別を可能とするAI搭載の穀物選別技術・搭載設備。
AgroSustain SA(https://www.agrosustain.ch/
作物の傷みを防ぐ特殊なコーティング剤による農薬不使用の防カビ技術。
MIRAI FOODS AG(https://www.miraifoods.com/
遺伝子組み換えを行わず、動物の胚性幹細胞から培養した代替肉開発技術。
Alver World SA(https://www.alver.ch/
微細藻類の一種であるゴールデンクロレラから生成する高タンパク質・ビーガンな代替食品開発技術。
iSense AG(https://www.isensegroup.com/
数千種類の味覚をデジタル化し、「比較」、「識別」、「選択」を可能とする味覚データB2Bプラットフォームの開発。
Kemiex AG(https://kemiex.com/
食品や医薬品等のライフサイエンス産業に関する5000種類の原材料のB2B取引プラットフォームの開発。
NEMIS Technologies AG(https://www.nemistech.com/
食品製造工場や臨床実験施設等の現場で迅速かつ安全に細菌をスクリーニングすることが可能な技術・検査キットの開発。

各社の詳細

 https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Events/iid/210324SwissStartupintroduction.pdf

Venturelab(ベンチャーラボ)について

イノベーションを促進するスイスの政府機関「イノスイス」から委託を受け、Venture Kick、Venture Leaders、TOP100 Swiss Startup Award、Innosuisse Start-up Trainingsといった、スイスを代表するスタートアップ支援プログラムを、国内外で年間360件以上実施。スイスのスタートアップ企業の90%がベンチャーラボのプログラムに参加する実績を誇るとともに、スイス全土の大企業や研究機関・大学等ともネットワークを有する。
30,000人以上の起業家を支援し、Venturelabの支援を受けたスタートアップはこれまで合計50億スイスフラン(およそ5,800億円)以上の投資資金を調達、9,000人以上の雇用を創出している。

URL: https://www.venturelab.ch/

「ジェトロ・イノベーション促進課」について

ジェトロは、国内外のネットワークをフルに活用し、貿易・投資促進や調査・研究を通じ、日本の経済・社会の更なる発展に貢献することを目指している。近年は、日本のスタートアップエコシステム育成やイノベーション創出に向けた取組を強化しており、2019年にイノベーション促進課を新設し、オープンイノベーションに取り組む日本企業と海外スタートアップ等との協業・連携を支援する活動を行っている。

URL: https://www.jetro.go.jp/theme/innovation/jgc.html

<公式SNSアカウント>

Twitter: https://twitter.com/JETRO_jgc

Facebook: https://www.facebook.com/jetroinnovation

Linkedin: https://www.linkedin.com/company/jetro-global-connection

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント