12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

\オンラインイベント/新規事業スキルを本業の外で磨くワケ!|Intrapreneur’s Hub Vol.7

「Intrapreneur’s Hub」は、共通課題を持つイントレプレナー(※1)同士が悩みを共有、ノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させるキッカケとなるコミュニティづくりを目指しています。

第7回目は「新規事業スキルを本業の外で磨くワケ!」をテーマに、本業とは別で新規事業創出に挑んでいるゲストから、本業で新規事業に挑む際のホンネをはじめ、本業のビジネスコンテストの実態や、社外で新規事業を取り組むメリットやデメリットについて、聞いていきたいと思います。

今回のパネリストは、本業の外で、インキュベーションプログラム「Startup Studio by Creww」に参加し、新規事業を立ち上げているCareer to ファウンダー 町田 幸太郎さん、GiverGiver ファウンダーの山口 素良さん、Connelva ファウンダー 関 智一さん。そして、新しい挑戦の場「Startup Studio by Creww」を手がけるCrewwより永野が登壇します。

【参加対象】
・事業会社で新規事業の立ち上げ/推進を担当されている方
・事業会社で新規事業部門の立ち上げをされている方
・複業や起業等を含め、自分で事業を立ち上げたい方
※参加対象に当てはまらない方のご参加はお断りする場合がございます

【テーマ】パネルディスカッション「新規事業スキルを本業の外で磨くワケ!」

 ・本業で新規事業に挑む際のホンネ
 ・本業のビジネスコンテストって実際どうなのか
 ・社内と社外、事業取り組みの差は?

・ネットワーキング
トークセッション後にはイントレプレナーとして新規事業創出に取り組まれている皆様に向けた
ネットワーキングをオンライン上でゆるく行います。(途中退出ももちろんOKです。)
イントレプレナー同士の横のつながりを作ることで、様々な新規事業創出のための手法や事例などの共有や、
新規事業創出に必要な共創パートナーとの出会いの場にしていきたいと考えています。

※1:イントレプレナーとは:企業内起業家(新規事業担当者)

開催概要

日 時:2020年7月21日(火) 20:00~21:30 (開場:19:55)
場 所:オンライン(お申し込みされた方にURLをご連絡いたします)
参加費:無料
主 催:Creww株式会社

【タイムライン】
19:50~    オンライン開場・受付開始
20:00~20:10 開演のご挨拶
20:10~21:00 パネルディスカッション   
21:00~21:30 オンラインネットワーキング
21:30     閉場

Intrapreneur’s Hubの開催背景

近年、インターネットやテクノロジーの台頭による消費者行動や市場の変化、スタートアップ企業の台頭によって、多くの企業で新規事業創出の取り組みの必要性が増してきています。そんな中で、企業内で新しいビジネスを立ち上げる「社内起業家」であるイントレプレナーの重要性も高まっています。

150社以上のオープンイノベーションプログラムをCrewwで開催する中、新規事業に携わる人は共通して、新規事業の生みの苦しみをもっていることがわかってきました。共通課題を持つイントレプレナー同士が悩みを共有し、お互いのノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させることができれば、よりイノベーションが生まれる土壌が日本にできていくのではないだろうか。そのような仮説のもと、イントレプレナーのコミュニティをつくっていきたいと考えております。

パネリスト

パネリスト
町田 幸太郎 Career to ファウンダー

重厚長大企業で財務・事業投資を担当し、現在は経営管理業務に従事。リーンスタートアップで事業を作ることができる人物を目指し、日々社内外で事業開発に奮闘中。趣味はフットサル、サッカー。

パネリスト
山口 素 GiverGiver ファウンダー

社内ベンチャーで新規事業を推進したのちに独立。海外システムのローカライズや業務改善コンサルの経験を経て、現在はスタートアップに3人目としてジョイン。 また出産を機に、新たな生き方を模索中。

パネリスト
関 智一 Connelva ファウンダー

2017年早稲田大学卒業後、広告代理店入社。データマーケティングを基軸とした事業開発・コミュニケーション全体設計に従事。 データを用いた課題のシンプライズが強み。好物は和紅茶・犬・アニメ・音楽鑑賞。

モデレーター
永野 祐輔 Creww株式会社

SaaS系ITベンチャーへ新卒入社。営業、経営企画を経てIPOを経験後、海外事業立ち上げに東南アジアと日本を往来し現地IT商社との合弁会社設立交渉などに従事。新規事業創出やスタートアップを挑戦するCrewwへ2018年より参画。スタートアップ支援のコミュニティマネージャーとスタートアップスタジオ事業の立ち上げに従事。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。