12.8 C
Japan
木曜日, 7月 9, 2020

【オンラインセミナー】<スタートアップ向け>新型コロナ対策「助成金・補助金の徹底解説」

今の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、窮地に陥っているスタートアップ企業も多いのではないかと思います。その課題解決の手段の選択肢として、助成金の活用や融資制度があります。本イベントでは、煩雑でわかりにくい給付金や融資制度について、
なんでも!わかりやすく!直接プロに聞くことができます。

実際にスタートアップで労務を担当しているパネリスト達が『実際のところ、こういうパターンってどうなの?』などの様々な疑問に対し、プロにその場で解説頂きます。
当日は、参加者様にもチャットを活用し、直接質問できる時間を多くとっております。
またお申込みフォームからも事前にご質問受け付けも行います。皆さまのご参加をお待ちしています!

【ご説明する補助金・助成金】
・持続化給付金
・融資制度
・雇用調整助成金 他

【こんな方におすすめ】
・スタートアップ経営者
・6ヶ月以内にキャッシュ枯渇する可能性のある方
・人件費が一人あたり月20万円以上発生している方

【タイムテーブル】
15:00〜15:30 活用できる各種助成金・補助金についての概要と申請のポイント
15:30〜16:00 パネリストや参加者からの質問への解説

【登壇者情報】

登壇者
内田 雅敏 氏 非営利一般社団法人安全衛生優良企業マーク推進機構  顧問

雅経営サポート事務所 代表
特定社会保険労務士 中小企業診断士 行政書士
キャリアコンサルタント 健康経営エキスパートアドバイザー
2009年より起業家、中小企業の経営者の支援活動を開始。
長年の経営管理部門勤務の経験を活かし、経営戦略、 人事管理が得意分野
資金調達、補助金・助成金に対するサポート実績多数。
https://shem.or.jp/grants/

登壇者
小野 佳織 氏 Creww株式会社

地方銀行や大手損保で業務効率の改善や業務支援、バックオフィス部門の支援など幅広い領域で業務を担当。2017年にCrewwに入社し、コミュニティマネージャーとしてスタートアップ企業の生の声を聴きながら事業成長を支援。現在は子育てと仕事の2足の草鞋を履きながら、Crewwのバックオフィスで労務を担当。時短勤務の中でも、会社の新しい制度設計や働き方改革の推進、社内イベントの企画など、Crewwを「働きやすい、働きたい会社」にしていくために日々奮闘中。

登壇者
金子 勲 氏 株式会社キャライフ 代表取締役

人材業界に長く携わった後、事業会社での人事を経て株式会社キャライフを創業。
大手外資系人材会社や、人材紹介事業を2社で立ち上げた経験を生かし、人材紹介事業と人事コンサルティング事業を展開。現在はHR事業を新規開発中。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。