12.8 C
Japan
金曜日, 7月 10, 2020

【若手・中堅社会人限定】副業スタートアップのすゝめ

「将来起業を考えていたり、新規事業企画など新しい挑戦がしてみたいと考えているけれど、何から始めたらいいかわからない」そんな皆様に向けて事業アイディアを創出する本イベントのワークショップを通じて、事業を作るために必要なエッセンスを体験していただきます。

近年、インターネットやテクノロジーの台頭による消費者行動や市場の変化、スタートアップ企業の台頭によって、先進的な企業において、通常業務の遂行能力や専門スキルに加えて、付加価値を生む能力や新規事業を創出する能力が求められています。しかし多くの企業ではそのようなスキル・能力を身につける機会や環境がなく、ゼロイチや事業創出の経験を積んだり実績を作る場が限られているのが現状です。

将来起業を考えていたり、新規事業企画など新しい挑戦がしてみたいと考えているけれど、何から始めたらいいかわからない」そんな皆様に向けて事業アイディアを創出する本イベントのワークショップを通じて、事業を作るために必要なエッセンスを体験していただきます。また、近年では副業やパラレルワークのような新しい働き方も徐々に浸透し始めておりますが、起業や新規事業の成功率を高めるためにも、まずはサイドプロジェクトで起業体験を積むという挑戦の仕方の提案も行っています。

本イベントを通じて、ゼロイチワークショップからの学びを得ていただくと共に、新たな挑戦の「一歩」を踏み出すきっかけとなれば幸いです。

【こんな方にオススメ】
・将来起業やスタートアップへの参画を考えている
・新規事業の立ち上げに興味がある
・自分のアイディアに対するフィードバックが欲しい

【こんなコトを学べます/体験できます】
・事業創出アイディアの見つけ方
・アイディアブラッシュアップの方法
・スタートアップの事業の興し方具体事例

【開催概要】
日 時 :2019年11月11日(月)19:00~21:30
    (18:30開場、21:45完全撤収)場 所 :Startup Hub Tokyo
     東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル TOKYO創業ステーション1F
     https://startuphub.tokyo/
最寄駅:東京メトロ千代田線 二重橋駅直通
定 員 :50名
参加費 :1000円(軽食、ドリンク有)
主 催 :Creww(クルー)株式会社
共 催 :株式会社エンターテイン

【タイムライン】
18:30~19:00  開場・受付開始
19:00~19:05  開演のご挨拶・Startup Hub Tokyoのご案内
19:05~19:15  本イベントの趣旨説明
19:15~20:00  ワークショップ
        ・過去最高の体験から事業を創る
        ・自分の課題から事業を創る
20:00~20:20  発表&フィードバック
20:20~20:40  副業スタートアップへの挑戦方法のご案内
20:40~21:30  ネットワーキング・懇親会
21:30~21:45  閉場

登壇者
平野 真悟 氏 Creww(クルー)株式会社
STARTUP STUDIO事業担当
学生時代にアーティスト支援事業の立ち上げに携ったのち、新卒でITコンサルティング企業へ入社して人事職を経験。その後、創業期〜組織拡大期の組織人事コンサルティング企業にて、主にスタートアップの経営層向けにヘッドハンティングによる採用支援や企業間アライアンスの支援、資金調達支援等を行う。現職のCrewwではHR系ビジネスの立ち上げに携わった後、現在はSTARTUP STUDIO事業を立ち上げ中。
登壇者
常川 朋之 氏 株式会社エンターテイン
代表取締役CEO
2001年に商工会議所へ入所し、企業支援や総務職を経験。2015年に伝統工芸を活用した事業で起業。2016年にアクセラレーターへ参画。東北アクセラレーター2017、宇都宮アクセラレーター2018、あいちアクセラレーター2018などを企画・運営し、産業創出のために地域のスタートアップを支援。大阪府の起業家支援プロジェクトにてメンターを担当。起業家とのメンタリング件数は年間500件以上(2018年度)。2019年3月にはキャリア教育の一環として、長野県塩尻の高校生向けに「起業家から学ぶ、自分の価値を発見するセミナー」などを実施。2019年4月に全国各地の人や地域の強みを引き出し、育てることを使命と感じ、改めて法人を設立。
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。