12.8 C
Japan
日曜日, 5月 22, 2022

「ライオン x TRINUS 商品開発プロジェクト デザイナー向け説明会」レポート

大手企業とスタートアップ起業がタッグを組み、新規事業を創造していくアクセラレータープログラム。両者の協業をサポートするCreww株式会社が、新規プログラムを発表した。
この度参加する企業は石鹸や洗剤、医薬品を手掛ける大手メーカー・ライオン株式会社と、日本の技術とデザインで新しい価値を生み出すオープンプラットフォームを運営する株式会社TRINUS。
現在ライオンが持つ2つの技術の活用コンセプトとデザインを一般公募する、新商品開発プロジェクトだ。プロジェクトの開始に先がけ、同企画についてデザイナー向けの説明会「ライオン x TRINUS 商品開発プロジェクト デザイナー向け説明会」が都内(docks)で開かれた。今回は熱気こもったdocksでの説明会の模様をお届けします。

取り組みの狙い(ライオン株式会社事業開発部 藤山氏)

ライオン株式会社事業開発部 藤山氏が登壇本取り組みの狙いや背景、期待することを経営ビジョンとともに語った。

『2030年に向けて、次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ』。
これは当社が今年から掲げる経営ビジョン。具体的に言いうと1つは「健康・快適・清潔・衛生を通じた新たな顧客体験価値を創造していく」こと、2つ目は「毎日の習慣をもっとさりげなく楽しく前向きなものにリデザインしていく」。この2つを軸に一人ひとりの心と体の健康を実現していきたいと考えている。この経営ビジョンの下、同プロジェクトをもって生活をより良いものにしていくことが狙い」と藤山氏。皆さんの多様なアイデアを活用させていただきながら、我々の商品をより良いものにしていきたい。本日は(商品)技術の話だけでなく、研究員の思いを感じてほしい。そしてたくさんのアイデアを出していただければ。

と集まったデザイナーたちに期待をかけた。

本企画について

続いてTRINUS代表、そして本プロジェクト責任者の佐藤氏が登壇。本事業の仕組みや選考の流れなどを説明した。

◇基本コンセプトとして採用された段階で賞金20万円
◇その後の開発プロジェクトへのご参画で20万円
◇テスト販売を経て一般販売に移行すれば、売上ロイヤリティ最大で0.5%を支払い
* ロイヤリティの上限は年間300万円、5年間(合計1,500万円)まで。
* 売上金額に応じた支払い
* 採用された場合でも、その後、一般販売に移行することをお約束するものではない。

最後は「みなさんの意欲的なエントリーを期待しております」と締めた。

技術に関する詳細説明①水を肌に貼る?剥がれにくく目立たない貼付剤技術

ここからはライオンが保有する、そして今回のプロジェクトの基となる技術についての説明パートに。ライオンビューティケア研究所・山下氏が、貼付剤技術について詳細を説明。貼付剤とは「冷えピタ」「休息時間」を代表とする、直接肌に貼ることで様々な効果をもたらす製品。ライオンが持つ技術的な優位性については「高含水と高粘着が特徴のPAC-55」「薄く透明な支持体」「口腔内貼付剤の開発」の3点が挙げられた。

⇒技術の応用可能性
①効果・形状などを組み合わせる
②体の不調を解決する
③別のものを置き換える

技術に関する詳細説明②水で洗い流しても成分が肌に残る。成分吸着技術

続いて、ボディソープを中心に応用されている「成分吸着技術」について、ライオンビューティーケア研究所・鈴木氏から説明。「消費者がボディソープを選ぶ基準は、ほとんどが『保湿効果』」と鈴木氏。しかし、ほとんどの商品がすすぎ時に洗い流されてしまうのが実情だという。そのような中でライオンは約3年の歳月をかけ、洗い流した後にも保湿成分を肌に残し潤いを与える「吸着保湿テクノロジー」を実現。同技術を活用して生まれたのが「hadakara」だ。

⇒技術の応用可能性
①効果から考える
②シーンから考える
③別のものを置き換える

質疑応答

ビックカメラのアクセラレータープログラムでは、企画の魅力や実現性に応じてA~Cのランク付を行っています。この顔合わせを通じて、企画を最も評価の高いAランクに持っていくために、今後両社で考えていくべき事項について確認することが、ミートアップの主目的とされています。

2つの技術と関連商品について説明がされると、デザイナーからは多数の質問がなされ、活発的なやりとりが展開された。以下に質疑応答一例を紹介する。

(貼付剤)
Q.口腔内貼付剤は時間を設定して、溶けてなくなるようにはできますか?
A.「溶けてなくなる」ということを想定はしておりませんが、
  口の中で剥がれた後飲み込めるようにはできます。

Q.冷却ジェルについて、冷却時間の設定はどこまで細かくできますか?
A.製剤中の水の量で細かく設定できます。現状の技術レベルではマックス10時間まで設定可能です。

Q.口腔内貼付剤は無味無臭、あるいは味や香り付けは可能ですか?
A.無臭というのは少し難しいですが、味については調整可能です。

Q.冷えピタなどの冷却ジェルは外気温などの使用条件により効果に差は出るか?
A.外気の気温による効果の差はありませんが、高温の下では冷却時間が少なくなる可能性はあります。

(成分吸着)
Q.水がなければ保湿成分はできないのですか?
A.基本的には水が必要となります。

Q.今回の募集は「ハダカラ」だけでしょうか?
A.特に制限は設けておりません。ホームページに「シャンプーは除外」とありますが、
 画期的なアイデアが出た場合はその限りではありません。

Q.複合体になってから時間経過によって成分がなくなる制限はありますか?
A.洋服を着ている部分は、衣類とのこすれにより、剥がれ落ちるということもあります。 また、その他の皮膚に関しては、毎日新しい皮膚にターンオーバーしていきますので、 時間ともに、吸着した成分は減少していきます。

Q.保湿効果は体の部位によって変わったりするのでしょうか
A.憶測の部分はありますが、肌と髪の毛では変わるということは考えられます

Q.複合体の技術(成分)は口の中に入っても問題はありませんか?
A.成分によっては口の中で複合体を作ることも可能です。

参加者からのコメント

イベント終了後、参加したデザイナー、そしてプレゼンを終えた参加者からは、「普段開かれるコンペでは、本日行われたような説明会というのはあまりないので実際に商品を見せながら説明していただけると、先方が何を求めているのかが分かりやすいですよね。」という意見や、「商品を実際に手に取ったり体験もできたので、よりイメージが湧きました。特に自分はあまり化粧品や美容にはこだわっていないので(笑)、こういうものがあるんだと知ることもできました。ただ今回はテーマが広いですね。難しい部分もありますが、考えがいがあると思います!」と意欲あふれるコメントをいただいた。

企画詳細

企画詳細や応募は下記URLからご確認ください。

水を肌に貼る?剥がれにくく目立たない貼付剤技術
https://trinus.jp/projects/17

水で洗い流しても成分が肌に残る。成分吸着技術
https://trinus.jp/projects/18

執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント