12.8 C
Japan
日曜日, 1月 29, 2023

「Kansai Startup Mashups in KYOTO」開催!グローバルなスタートアップを支援

京都スタートアップ・エコシステム推進協議会の構成員である京都知恵産業創造の森が、京阪神スタートアップ・エコシステムコンソーシアム等と連携し、グローバルな事業展開に挑戦する関西発のスタートアップを支援する「Kansai Startup Mashups」の第2回イベントを開催します!
本イベントでは、「Kansai Startup Mashups」の展望や、J-startup KANSAIに選定された京阪神のスタートアップによるピッチ、国内外の有識者によるエコシステムの魅力を深掘りします!

開催概要

(1)日時:2023年2月7日(火)15:00~18:00

(2)場所:ハイブリッド開催
・会場:engawa KYOTO(京都市下京区二帖半敷町647 オンリー烏丸ビル1・2F)
・オンライン:Youtubeライブ配信(予定)
※オンライン参加に申し込まれた方には、開催前日までに視聴リンクをお送りします。

(3)言語:英語(※Youtube翻訳機能で日本語で発信)

(4)プログラム
・セッション1 「Kansai Startup Mashups」概要説明

・セッション2  Pitches by Startups selected for J-Startup KANSAI 2022
ディープテック領域にて、グローバルに大きく成長することが期待されているJ-startup KANSAI3社によるピッチ
【登壇者】 
澤村 健一氏(イーセップ(株)代表取締役社長)
伊庭野 健造 氏(大阪ヒートクール(株)代表取締役)
森 一郎氏((株)ナティアス 取締役CQO)

・セッション3 How to unlock potential of Kansai Startup Ecosystem
京阪神エコシステムのポテンシャルをより開放するためにはどうしていくのが良いのか等について、国内外のスタートアップエコシステムのエキスパートとともにトークセッションを行います。
【登壇者】
Adam Bregu 氏(Startup Genome Director of Business Development and Partnerships)
Victor Mulas 氏(Independent Advisor)
牧野 成将 氏(Monozukuri Ventures CEO)【ファシリテーター】

・ネットワーキング
登壇者・参加者とのネットワーキング会を実施いたします。

(5)事業詳細及び参加方法  
右記URLからお申込みください。https://230207-mashups-kyoto-en.peatix.com

(6)申込締切
2023年2月3日(金)12:00
※会場参加は先着順です。

「Kansai Startup Mashups」について  

大阪・京都・神戸には、バイオ・ヘルスケア関連企業やものづくり企業・ICT関連企業、さらには大学・研究機関の集積など、スタートアップが挑戦しやすい環境が整っています。
こうした環境の強みから、2020年に国が推進する世界に伍するスタートアップ拠点戦略のグローバル拠点都市に「大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム」が選定され、大学、企業、自治体等が連携したエコシステム形成に取り組んでいます。

今回、これら取り組みをさらに加速させることを目的に、大阪・京都・神戸が合同で支援のための統一ブランドとして「Kansai Startup Mashups」を新たに立ち上げました。

「Kansai Startup Mashups」では、2025年大阪・関西万博、アフター関西万博を見据えて世界に伍するスタートアップ・エコシステムを作り上げ、関西発のユニコーン企業誕生や大きく成長するスタートアップの創出・支援につながる仕組みづくりをめざします。
(URL)https://www.starecokansai.com/keihanshin/kansaistartupmashups-en/

登壇者について

〇 セッション2(Pitches by Startups selected for J-Startup KANSAI 2022)
(1)澤村 健一氏
イーセップ株式会社 代表取締役社長

2013年10月~現在:株式会社イーセップ 代表取締役社長
2010年4月~2013年9月:日立造船株式会社 研究開発本部主席技師
2008年4月~2010年3月:早稲田大学理工学部研究生
2008年3月:早稲田大学大学院博士課程修了(工学博士)

(2)伊庭野 健造 氏
大阪ヒートクール(株)代表取締役

アメリカ合衆国イリノイ州エヴァンストン出身、京都大学大学院において核融合エネルギーの研究で学位を取得後、立命館大学、東京大学で博士研究員を務めた。2014年8月に大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻に助教として着任し、プラズマを用いた新材料研究、プロセス技術研究、プラズマ対向機器の熱設計などを実施している。同時に、プラズマ研究で培った知識を応用し、熱電半導体の実装技術について菅原と研究を進めている。

(3)森 一郎 氏
(株)ナティアス 取締役CQO、品質保証部部長、Ph.D.

2021年にナティアスに入社し、現在CQOとして品質評価部部長に着任、また神戸大学科学技術イノベーション研究科の客員教授を兼務。ノバルティス、GSKにて創薬科学を担当後Pfizer名古屋サイトの創薬化学研究部部長に従事。20年近い製薬業界での経験の後、神戸大学では勤務し複数の創薬プロジェクトに参画。京都大学で工学修士を修了後、U.C. BerkeleyにてPh,D.を取得。MITにてProf. Rick Danheiserのもとポスドクや、HarvardMedical SchoolにてProf. Christopher Walshのもと客員研究員のとして研究経験を積む。

〇 セッション3 How to unlock potential of Kansai Startup Ecosystem

Adam Bregu氏
Startup Genome Director of Business Development and Partnerships

Startup Genome のビジネス開発およびパートナーシップのディレクターを務め現在、あらゆるステージと規模の40以上のエコシステム推進に取組む。同社の勤務以前は、オーストラリアとヨーロッパにて、eコマース、音楽スタートアップ、コンサルタント、ミラノ政府など、官民の両セクターにて従事。メルボルン大学(オーストラリア)とボッコーニ大学(イタリア)で教育と応用研究のバックグラウンドを持つ。

(2)Victor Mulas
Independent Advisor

​イノベーション及びハイテク・スタートアップ関連の戦略アドバイザーとして活躍し、現在は、CICシニア・アドバイザー、(一社)スマートシティ・インスティテュートのエグゼクティブ・アドバイザーを務める。
世界銀行での12年間のキャリアでは、世界銀行総裁室Disruptive Technology for Development Program、東京開発ラーニングセンター、世界銀行イノベーションラボでのInternal Innovation Acceleration Program、スタートアップエコシステムにおけるグローバルビジネスに関連する、オープンイノベーションや技術系スタートアップエコシステムのプロジェクトリーダーとしての国際的に活動を行う。
また、イノベーションと技術系スタートアップに関する主要な研究論文を執筆しており、さらに主要な技術およびイノベーション政策に対するステークホルダーの理解を促すようなハイレベルな会議の講演者としても活躍。

(3)牧野 成将氏
Monozukuri Ventures CEO

FVCやSunBridgeで日米スタートアップへの投資、更には京都市や大阪市と連携してアクセラレーションプログラムや起業家教育等の立ち上げを通じてスタートアップのエコシステム構築を行う。
2015年、京都試作ネットと連携してスタートアップの試作支援を行うVCであるDarma Tech Labs(現Monozukuri Ventures)を創業。
2017年7月にスタートアップの試作と投資を行う国内初のファンド「MBC Shisakuファンド(20億円強)」を設立して日米のスタートアップに投資を行う。
2019年2月に関西財界セミナー「特別賞」受賞。2005年神戸大学大学院卒業。

engawa Kyoto について

京都市の中心にある、株式会社電通が運営する事業共創拠点。人材育成プログラム、デザイン思考ワークショップ、アクセラレーションプログラムなど開業以来多くの方に迎えられ、これからの社会を切り開く事業共創ブログラムを実施しています。
”Opportunity for all”を合言葉に、engawa KYOTOは、これからの社会変革を担うすべての人が活躍していける機会を提供しています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント