12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

クラウドファンディングでの世界進出!グローバル化に向けた戦い方を学ぶ!【第一弾】

事業成長を加速させるため重要性が増している ”グローバル” 市場への挑戦。Crewwは、11/11(金)オンラインにて、”日本発スタートアップ” として事業のグローバル展開に挑戦する先輩起業家の方をお招きし、その戦略や想いについて、リアルな体験記とともに紐解いていくイベントを開催いたします!

海外展開を視野に入れてみたい方必見!グローバル展開への挑戦体験記

自社の事業成長を加速させていく上で ”グローバル” 市場を狙っていくことの重要性は年々高まってきています。

一方、自社事業をグローバルに展開していくにあたって、以下のような不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

「いつかはグローバル展開に挑戦したいけど、何から始めるべきか分からない…」
「リソースを費やして準備をしたはいいけど、失敗に終わってしまうのが怖い…」

今回のイベントでは、”日本発スタートアップ” として事業のグローバル展開に挑戦をする
先輩起業家の方をお招きして、どのような想い・戦略でグローバル展開に挑戦をされているのかについて、リアルな体験記とともに紐解いていくイベントとなっております。

本イベントを通じて、参加者の方々が今後グローバル展開に挑戦をする中での参考になれば幸いです!

こんな方におすすめ

■ 自社事業のグローバル展開に関心をお持ちの方
■ 海外のクラウドファンディングに挑戦してみたい方
■ 自社サービス・プロダクトが海外で受け入れられるかテストマーケティングをしてみたい方

トークセッションのテーマ

▶︎ なぜグローバル展開を目指すに至ったのか?
▶︎ なぜ海外クラウドファンディングを活用するに至ったのか?
▶︎ クラウドファンディング立ち上げ時期のリアル
▶︎ クラウドファンディング立ち上げを通じてどう変化したのか?

イベント概要

・日 時:2022年11月11日(金)13:00 – 14:00
・参加費:無料
・場 所:オンライン(Zoom)
・主 催:Creww株式会社、Indiegogo

タイムテーブル

13:00〜13:10 ご挨拶・ゲスト紹介
13:10〜13:40 トークセッション    
13:40〜13:45 質疑応答
13:45〜13:55 Indiegogo紹介
13:55~14:00 Crewwからのお知らせ

登壇ゲスト

青木 俊介 氏(株式会社ユカイ工学 / 代表取締役)
(略歴)

東京大学在学中にチームラボを設立、CTOに就任。その後、ピクシブのCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。「ロボティクスで、世界をユカイに。」というビジョンのもと、家庭向けロボット製品を数多く手がける。2015よりグッドデザイン賞審査委員。2021年より武蔵野美術大学教授(特任)。

▶︎株式会社ユカイ工学について
ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。心を癒やす、しっぽクッション「Qoobo」や、あなたに共感する未来のファミリーロボット「BOCCO emo」などの自社製品の製造、販売ノウハウを元に、お客様のご要望に合わせて、ハードウェアの設計・製造、ソフトウェアやアプリ開発、センサや部品の調達を迅速、柔軟に対応する体制を整えています。

大嶋 伸子 氏(Indiegogo / グローバルソリューション部/事業開発&パートナーシップ)

(略歴)
世界最大のクラウドファンディングIndiegogo(インディーゴーゴー)で、日本の、ものづくり企業及び、スタートアップの資金調達、需要検証を通じてグローバルビジネスのおよび事業戦略の立案と実行をしています。毎月のユニークビジター数は2000万人を超え、237の国や地域から支援者が集まっています。革新的な新製品が市場に出る前に発表する最初のプラットフォームとしても認知され、世界のコンシューマー企業も利用しています。

▶︎INDIEGOGOについて
インディゴーゴーは、237の国と地域から月間約1800万人が集まる世界最大級の“購入型”クラウドファンディングプラットフォームです。プロジェクトの実行者は、プラットフォームを通じて、世界中から資金を募ることができ、その対価として支援者に完成した製品や作品などを任意で提供します。インディゴーゴーでは、これまで90万を超えるプロジェクトが起案され、累計で約2100億円を超える支援を集めています。インディゴーゴーのプラットフォームには良質なアーリーアダプターのコミュニティが形成されており、製品コンセプトの検証やマーケティングの場として、世界中のスタートアップをはじめ、BOSEやP&G、パナソニックなど大企業にも活用されています。近年では、資金調達、製品の市場投入、グローバルブランドの構築と、海外展開サポートを一気通貫で行う”グローバルファーストトラックプログラム”の提供を開始しており、中国企業を中心に、既に670を超えるプロジェクトが、累計270億円の資金調達とグローバル市場への参入に成功しています。

モデレーター

難波 亮太(Creww株式会社 Startup Success Dept. Solution Team)

(略歴)
新卒で繊維専門商社に就職後、データ分析やDX推進を担当。
上記と並行して、名古屋市を主催として、ボストン発、世界6ヵ国10都市で活動するVenture Caféが、名古屋を中心に運営するイノベーション促進/ 交流プログラム「NAGOYA CONNECT」のアンバサダーとして約1年間ほど活動。その後「大挑戦時代をつくる。」というビジョンを掲げ、スタートアップの成長支援に取り組む事業に共感してCrewwへ参画。主にスタートアップコミュニティの拡充・活性化や、スタートアップが抱える様々な課題(人材、プロダクト開発など)を解決するためのソリューション設計・提供に取り組む。

主催

Creww株式会社
Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ、スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれのニーズにマッチした様々なサービスを提供しています。
2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを270社以上と実施しこれまで約750件の協業を実現しています。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約6,000のスタートアップが登録しています。

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金8億2,955万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。
2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを270回以上実施し、これまで約750件の協業を実現しています。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約6000のスタートアップが登録しています。
■クラウド型オープンイノベーション支援サービス 「Creww Growth
■地域のオープンイノベーションプログラム「47(よんなな)クルーズプロジェクト
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント