12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

【阪急阪神不動産 事業共創AWARD】ジオクリエイツ・冒険の森の2社が最優秀賞を受賞!

日本スタートアップ支援協会(JSSA)と阪急阪神不動産は、合同でピッチイベント「阪急阪神不動産 事業共創AWARD」を2月22日に開催しました。その結果、最優秀賞にVRやメタバース内の視線や脳波から空間体験価値を解析する「ToPolog」を展開するジオクリエイツと、森林資源を活用したレジャー施設を作り、その雇用と運用益で施設周辺の森林保全活用を持続的に行っていくサービスを提供する冒険の森の2社が選出されました!

「阪急阪神不動産 事業共創AWARD」最優秀賞について

本イベントは、複数のスタートアップ企業が、テーマに沿ってプレゼンテーションを行うピッチコンテストである。入賞者は、阪急阪神不動産との協業や実験検証が実現できるほか、スタートアップ支援協会が設立したファンドから最大1,000万円までの出資が得られることなどが賞典となっている。

最優秀賞を受賞した「株式会社ジオクリエイツ」はピッチテーマの一つである「顧客との接点のデジタル化とデジタルマーケティングの推進」、また、「株式会社冒険の森」はピッチテーマの一つである「安全でクリエイティブな都市生活、スマートでウェルネスなまちづくりの実現」に、それぞれ大きく寄与する可能性が評価された。

受賞企業一覧

以下、最優秀賞と合わせて合計5つの賞が記載の各社に授与された。

○最優秀賞
株式会社ジオクリエイツ/代表取締役 本田 司 氏
https://www.geocreates.net/
○最優秀賞
株式会社冒険の森/代表取締役 伴戸 忠三郎 氏
https://www.bouken.co.jp
○技術賞
株式会社SandBox/代表取締役CEO 菊地 秋人 氏 
https://www.sandbox-inc.com/
○アイデア賞
株式会社brista/代表取締役社長 高橋 瑞季 氏 
https://www.brista.co/
○オーディエンス賞
株式会社Super Duper/代表取締役 鈴木 知行 氏 
https://super-duper.com/

また、協会ファンドから出資金として最大1,000万円が授与される【THE JSSA HANKYUHANSHIN AWARD賞】は、次の企業に決定した。

株式会社冒険の森/代表取締役 伴戸 忠三郎 氏
https://www.bouken.co.jp
※任意で協会ファンドからの出資を受ける権利を獲得。(500~1000万円まで、出資比率10%まで)

「阪急阪神不動産 事業共創AWARD」ピッチテーマ

『阪急阪神不動産 事業共創AWARD』のピッチテーマは、次の7点であった。このテーマに対して解決策となり得るサービスやコンテンツを持ったスタートアップ企業、ベンチャー企業が採択されている。

阪急阪神不動産が求めるサービス&プロダクト提案内容(ピッチテーマ)
(1)新たな顧客体験を生み出すショッピングセンターの実現
(2)オフィスワーカー・オフィステナントへの新たなサービス提供によるCS向上
(3)安全でクリエイティブな都市生活、スマートでウェルネスなまちづくりの実現
(4)環境負荷が少なく、労働生産性が高いアセット管理・運営の実現
(5)サステナブルで、心地よい暮らし・住まいの実現
(6)顧客との接点のデジタル化とデジタルマーケティングの推進
(7)業務のデジタル化による顧客利便性と組織生産性の向上

阪急阪神不動産について

社名阪急阪神不動産株式会社
設立1947年2月17日
所在地大阪市北区芝田一丁目1番4号 阪急ターミナルビル内
代表者諸冨 隆一※1
事業概要オフィス・商業施設の賃貸、不動産開発、エリアマネジメント、不動産ファンド、マンション・戸建住宅・宅地の分譲、仲介、リフォーム、賃貸管理、土地活用 など
URLhttps://hhp.co.jp/

一般社団法人日本スタートアップ支援協会について

当協会の役割は、スタートアップ企業に優秀なメンターや良質な資金調達、ベンチャーフレンドリーな大企業とのネットワークが提供されることである。スタートアップ企業、上場やM&Aを実現した経営者、大企業、証券会社、監査法人、銀行、エンジェル、VC、メディア、士業の専門家が最大のパフォーマンスを発揮しながらも共存できる、ベンチャーエコシステムを日本に構築することが目指される。

<特徴>
1.70名の上場経験のある創業経営者がメンタリング・壁打ちで経営課題の解決に導く。
2.協会顧問のエンジェル、VC、事業会社、銀行からの最短最速での資金調達を実現させる。
3.スポンサーや顧問企業からトップラインにつながる上場企業を随時紹介する。

<代表理事:岡 隆宏>
夢展望株式会社(2013年マザーズ上場)を創業。2015年に実質バイアウトしたのち、2016年7月から日本に“ベンチャーエコシステム”を構築するために、現在上場企業の創業経営者仲間50名以上、スポンサー18社の協力を得て当協会を運営中。上場前後に陥る失敗体験の継承に努め、また自身の30数年間の川上から川下まですべてを経験したバランス力を活かしながらアドバイスを行っており、企業価値の最大化を支援している。

団体名一般社団法人日本スタートアップ支援協会
設立2016年7月
資本金〒563-0022 大阪府池田市旭丘1-1-7
代表者岡 隆宏
事業概要IPO&M&Aを目指すベンチャー企業に特化した経営支援
URL https://www.yumeplanning.jp/

※記載の会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標である。
(※1)諸、隆は旧字

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント