12.8 C
Japan
木曜日, 6月 30, 2022

【宮崎県の地域課題をDXで解決!】県内企業×スタートアップの共創成果を発表する『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』開催!

eiicon companyは、宮崎県より受託・運営しているアクセラレーションプログラムにおいて、2022年3月11日(金)に、宮崎県内企業とスタートアップによる共創の成果を発表するイベント「MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY」を、みやざきアートセンターにて開催。同イベントへの参加者を募集しています。

「令和3年度 デジタル・イノベーションフィールド構築事業」の運営について

日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon companyは、宮崎県より「令和3年度 デジタル・イノベーションフィールド構築事業」の運営を受託している。 本事業の中で、宮崎県内に根差した企業と全国のスタートアップをマッチングさせ、ビジネス創出を目指すプログラム『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』や、今回の『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY』の実施等、プログラムの企画から設計・運用・PR戦略まで、eiicon companyが運営全般をサポートしている。

「地域課題に向き合う企業」と「全国のスタートアップ」の共創により、新規事業を生み出すイベント

宮崎県民の生活を大きく支える「マスメディア」、「スーパーマーケット」や「製造業」、自然豊かな宮崎に根差した「一次産業」、さらにそれらを全国へ届ける「物流」。これまで地域に“豊かさ”をもたらしてきた宮崎の地場企業は、いま何を課題とし、どう変わろうとしているのか。そこにデジタルを融合すると、どのような新たな価値が生まれるのか―。
今回のイベントでは、「宮崎で地域課題と向き合ってきた地場企業」と「全国のスタートアップ」の共創によって生まれた計6チームが、約3か月間の共創成果を発表する。さらに、本事業に参加し、イノベーション創出に取り組む宮崎県内企業5社によるスペシャルセッションも同時開催。プログラム参加によって『デジタル・テクノロジーとの共創』に何を感じ、どのような可能性を見出したのかが、トークセッション形式で語られる。
イベントの最後には、登壇者・参加者によるネットワーキング(交流会)も実施される。デジタル・テクノロジーとの融合が、地域ビジネスをどのようにアップデートできるのか。宮崎の、そして地域ビジネスのこれからを創り出す1日となる。

『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY』 実施概要

日時:2022年3月11日(金)14:00〜18:00(予定)

会場:みやざきアートセンター4F  アートスペース1(宮崎市橘通西3丁目3番27号)
  ※COVID-19等の状況により、オンライン開催の可能性もある。

参加費:無料

プログラム:
 14:00~ オープニング
 14:20~ 今年度プログラム参加の6チームによる共創ピッチ(成果発表会)
   ※参加6チーム、採択テーマにつきましては本リリース後半を参照ください
 15:50~ 宮崎県内企業5社によるスペシャルセッション
  「宮崎に根差したビジネスとデジタルを掛け合わせて見えた可能性」
  ・パネラー
   谷之木 志章氏(株式会社テレビ宮崎 新規事業開発部 兼 コンテンツ開発部課長)
   浅野 龍昇氏(有限会社浅野水産 経営企画部門責任者)
   高木 資子氏(株式会社マルイチ 取締役)
   水元 雅士氏(株式会社マキタ運輸 管理営業)
   佐伯 雄二氏(株式会社サニー・シーリング 製造部長)
 16:30~ 表彰・クロージング
 16:50~ ネットワーキング

参加対象:
 ・宮崎の地場企業、地域ビジネスとの連携に関心のあるスタートアップ・団体
 ・既存事業に課題を感じ、新たな取り組みにチャレンジしたいと考えている企業
 ・デジタル化や新規事業開発を検討している企業 など

■『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY』参加申込ページ
https://eiicon.net/about/miyazaki-digital-innovation-demoday2021/

宮崎県とeiiconが運営する『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』について

宮崎県では、デジタル技術の進展や人口減少、新型コロナウイルス感染症など、社会生活や経済活動を取り巻く環境の変化に対応していくため、宮崎県内企業がICT企業と連携し、AIやIoT等のデジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの創出を図ることを目的として「デジタル・イノベーションフィールド構築事業」を実施している。

「デジタル・イノベーションフィールド構築事業」の一環として、宮崎県とeiicon companyは、2021年12月3日(金)・4日(土)に、全国のスタートアップと宮崎に根差した企業によるビジネス創出を目指すプログラム『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD(ミヤザキ デジタル イノベーション ビジネス ビルド)』を企画・実施した。

宮崎県 x eiicon company『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』

本プログラムの実施にあたり、地元宮崎に根差したビジネスを展開する県内の5社を「ホスト企業」として選定。ホスト企業が抱える課題を「募集テーマ」として設定し、課題ごとに「BUSINESS BUILDコース」、「BUSINESS MATCHINGコース」が設定された。
 

□BUSINESS BUILDコース
「プログラム参加型」の募集形式。全国のICT企業をWEBページで公募し、書類選考を実施。
選考を通過した企業はホスト企業とともに2⽇間のディスカッションを実施し、デジタル技術を活⽤した“新規事業開発”を⽬指した。

□BUSINESS MATCHINGコース
ホスト企業が抱えている課題について、その課題解決を実現できるサービス・技術を持つICT企業を、事務局が全国から探索・リストアップして紹介するソーシング形式での募集。ICT企業からの解決策提案について実装・実現を⽬指す。
※BUSINESS MATCHINGコースの設計上、公募は行っていない。

『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』BUSINESS BUILDコース 採択結果

BUSINESS BUILDコースでは、それぞれの産業領域でホスト企業が抱える課題を募集テーマとして、共創による課題解決・新ビジネス創出を実現するスタートアップを全国から公募。応募総数38社の中から書類選考を通過した8社が宮崎県に赴き、ホスト企業である県内企業と共にディスカッションを行いながら、2日間で事業アイデアをブラッシュアップ。作り上げた事業アイデアに対して審査を実施し、パートナー企業6社が採択されている。

(有限会社浅野水産は、2社合同での提案を採択)

●株式会社 テレビ宮崎
【採択企業と提案タイトル】 ※2社採択
・株式会社3rdcompass
 「宮崎を全員で応援!オンラインバーチャル県人会(ちょい緩)ローカルコミュニティ創出!」
・株式会社Study Valley
 「地域に根ざした探究学習を用いた新しい地域価値創造」

● 有限会社 浅野水産
【採択企業と提案タイトル】
・株式会社オーシャンアイズ、株式会社ライトハウス(2社合同での提案)
 「水産業のニュースタンダードを社会実装」

● 株式会社 マルイチ
【採択企業と提案タイトル】
・株式会社クリップス
 「オーガニック野菜の潜在顧客の発掘」

● 株式会社 マキタ運輸
【採択企業と提案タイトル】
・一般社団法人スマートシティサーベイ
 「総合物流システムの1stステップ実証『まとめる君』」

『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』BUSINESS MATCHINGコース 採択結果

BUSINESS  MATCHINGコースでは、ホスト企業が抱える事業課題の整理と可視化を行い、テーマを「工場の生産計画を自動化するソフトウェアの検証導入」と策定。左記を実現できるソリューションや技術を保有する企業を、事務局が全国から探索・ソーシングし、複数社との面談を実施。現在は株式会社スカイディスクとの連携に向けて、ソフトウェアのテスト導入が進行中。

●株式会社 サニー・シーリング
【採択企業と共創タイトル】
・株式会社スカイディスク
 「工場の生産計画を自動化するソフトウェアの検証導入」

■『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』webサイト:
https://eiicon.net/about/miyazaki-digital-innovation-demoday2021/

eiicon company について

eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施している。

社名eiicon company
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者中村 亜由子
事業概要オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
URLhttps://eiicon.net/about/corporate/

運営会社

社名パーソルイノベーション株式会社
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者代表取締役社長 長井 利仁
事業概要新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務
URLパーソルイノベーション – PERSOL INNOVATION (persol-innovation.co.jp)

※オープンイノベーション:
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法である。 

 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント