12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

【宮崎県の地域課題をDXで解決!】県内企業×スタートアップの共創成果を発表する『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』開催!

eiicon companyは、宮崎県より受託・運営しているアクセラレーションプログラムにおいて、2022年3月11日(金)に、宮崎県内企業とスタートアップによる共創の成果を発表するイベント「MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY」を、みやざきアートセンターにて開催。同イベントへの参加者を募集しています。

「令和3年度 デジタル・イノベーションフィールド構築事業」の運営について

日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ)を運営するeiicon companyは、宮崎県より「令和3年度 デジタル・イノベーションフィールド構築事業」の運営を受託している。 本事業の中で、宮崎県内に根差した企業と全国のスタートアップをマッチングさせ、ビジネス創出を目指すプログラム『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』や、今回の『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY』の実施等、プログラムの企画から設計・運用・PR戦略まで、eiicon companyが運営全般をサポートしている。

「地域課題に向き合う企業」と「全国のスタートアップ」の共創により、新規事業を生み出すイベント

宮崎県民の生活を大きく支える「マスメディア」、「スーパーマーケット」や「製造業」、自然豊かな宮崎に根差した「一次産業」、さらにそれらを全国へ届ける「物流」。これまで地域に“豊かさ”をもたらしてきた宮崎の地場企業は、いま何を課題とし、どう変わろうとしているのか。そこにデジタルを融合すると、どのような新たな価値が生まれるのか―。
今回のイベントでは、「宮崎で地域課題と向き合ってきた地場企業」と「全国のスタートアップ」の共創によって生まれた計6チームが、約3か月間の共創成果を発表する。さらに、本事業に参加し、イノベーション創出に取り組む宮崎県内企業5社によるスペシャルセッションも同時開催。プログラム参加によって『デジタル・テクノロジーとの共創』に何を感じ、どのような可能性を見出したのかが、トークセッション形式で語られる。
イベントの最後には、登壇者・参加者によるネットワーキング(交流会)も実施される。デジタル・テクノロジーとの融合が、地域ビジネスをどのようにアップデートできるのか。宮崎の、そして地域ビジネスのこれからを創り出す1日となる。

『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY』 実施概要

日時:2022年3月11日(金)14:00〜18:00(予定)

会場:みやざきアートセンター4F  アートスペース1(宮崎市橘通西3丁目3番27号)
  ※COVID-19等の状況により、オンライン開催の可能性もある。

参加費:無料

プログラム:
 14:00~ オープニング
 14:20~ 今年度プログラム参加の6チームによる共創ピッチ(成果発表会)
   ※参加6チーム、採択テーマにつきましては本リリース後半を参照ください
 15:50~ 宮崎県内企業5社によるスペシャルセッション
  「宮崎に根差したビジネスとデジタルを掛け合わせて見えた可能性」
  ・パネラー
   谷之木 志章氏(株式会社テレビ宮崎 新規事業開発部 兼 コンテンツ開発部課長)
   浅野 龍昇氏(有限会社浅野水産 経営企画部門責任者)
   高木 資子氏(株式会社マルイチ 取締役)
   水元 雅士氏(株式会社マキタ運輸 管理営業)
   佐伯 雄二氏(株式会社サニー・シーリング 製造部長)
 16:30~ 表彰・クロージング
 16:50~ ネットワーキング

参加対象:
 ・宮崎の地場企業、地域ビジネスとの連携に関心のあるスタートアップ・団体
 ・既存事業に課題を感じ、新たな取り組みにチャレンジしたいと考えている企業
 ・デジタル化や新規事業開発を検討している企業 など

■『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION DEMO DAY』参加申込ページ
https://eiicon.net/about/miyazaki-digital-innovation-demoday2021/

宮崎県とeiiconが運営する『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』について

宮崎県では、デジタル技術の進展や人口減少、新型コロナウイルス感染症など、社会生活や経済活動を取り巻く環境の変化に対応していくため、宮崎県内企業がICT企業と連携し、AIやIoT等のデジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの創出を図ることを目的として「デジタル・イノベーションフィールド構築事業」を実施している。

「デジタル・イノベーションフィールド構築事業」の一環として、宮崎県とeiicon companyは、2021年12月3日(金)・4日(土)に、全国のスタートアップと宮崎に根差した企業によるビジネス創出を目指すプログラム『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD(ミヤザキ デジタル イノベーション ビジネス ビルド)』を企画・実施した。

宮崎県 x eiicon company『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』

本プログラムの実施にあたり、地元宮崎に根差したビジネスを展開する県内の5社を「ホスト企業」として選定。ホスト企業が抱える課題を「募集テーマ」として設定し、課題ごとに「BUSINESS BUILDコース」、「BUSINESS MATCHINGコース」が設定された。
 

□BUSINESS BUILDコース
「プログラム参加型」の募集形式。全国のICT企業をWEBページで公募し、書類選考を実施。
選考を通過した企業はホスト企業とともに2⽇間のディスカッションを実施し、デジタル技術を活⽤した“新規事業開発”を⽬指した。

□BUSINESS MATCHINGコース
ホスト企業が抱えている課題について、その課題解決を実現できるサービス・技術を持つICT企業を、事務局が全国から探索・リストアップして紹介するソーシング形式での募集。ICT企業からの解決策提案について実装・実現を⽬指す。
※BUSINESS MATCHINGコースの設計上、公募は行っていない。

『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』BUSINESS BUILDコース 採択結果

BUSINESS BUILDコースでは、それぞれの産業領域でホスト企業が抱える課題を募集テーマとして、共創による課題解決・新ビジネス創出を実現するスタートアップを全国から公募。応募総数38社の中から書類選考を通過した8社が宮崎県に赴き、ホスト企業である県内企業と共にディスカッションを行いながら、2日間で事業アイデアをブラッシュアップ。作り上げた事業アイデアに対して審査を実施し、パートナー企業6社が採択されている。

(有限会社浅野水産は、2社合同での提案を採択)

●株式会社 テレビ宮崎
【採択企業と提案タイトル】 ※2社採択
・株式会社3rdcompass
 「宮崎を全員で応援!オンラインバーチャル県人会(ちょい緩)ローカルコミュニティ創出!」
・株式会社Study Valley
 「地域に根ざした探究学習を用いた新しい地域価値創造」

● 有限会社 浅野水産
【採択企業と提案タイトル】
・株式会社オーシャンアイズ、株式会社ライトハウス(2社合同での提案)
 「水産業のニュースタンダードを社会実装」

● 株式会社 マルイチ
【採択企業と提案タイトル】
・株式会社クリップス
 「オーガニック野菜の潜在顧客の発掘」

● 株式会社 マキタ運輸
【採択企業と提案タイトル】
・一般社団法人スマートシティサーベイ
 「総合物流システムの1stステップ実証『まとめる君』」

『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』BUSINESS MATCHINGコース 採択結果

BUSINESS  MATCHINGコースでは、ホスト企業が抱える事業課題の整理と可視化を行い、テーマを「工場の生産計画を自動化するソフトウェアの検証導入」と策定。左記を実現できるソリューションや技術を保有する企業を、事務局が全国から探索・ソーシングし、複数社との面談を実施。現在は株式会社スカイディスクとの連携に向けて、ソフトウェアのテスト導入が進行中。

●株式会社 サニー・シーリング
【採択企業と共創タイトル】
・株式会社スカイディスク
 「工場の生産計画を自動化するソフトウェアの検証導入」

■『MIYAZAKI DIGITAL INNOVATION BUSINESS BUILD』webサイト:
https://eiicon.net/about/miyazaki-digital-innovation-demoday2021/

eiicon company について

eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施している。

社名eiicon company
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者中村 亜由子
事業概要オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
URLhttps://eiicon.net/about/corporate/

運営会社

社名パーソルイノベーション株式会社
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者代表取締役社長 長井 利仁
事業概要新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務
URLパーソルイノベーション – PERSOL INNOVATION (persol-innovation.co.jp)

※オープンイノベーション:
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法である。 

 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント