12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

オフィスのデッドスペースとサービス事業者をマッチング!Officefactionがプレシードラウンドで2,600万円資金調達

“オフィスのデッドスペース”と”そこでサービスを提供したい事業者”をつなぐマッチングプラットフォームを開発する株式会社Officefactionが、JSSA(日本スタートアップ支援協会)並びにエンジェル投資家坂本達夫氏を引受先としたJ-KISS型新株予約権発行と融資等による2,600万円の資金調達を実施しました。

資金調達の目的

株式会社Officefactionでは、今回調達した資金を用いて採用やプロダクトの開発を進めています。Officefactionではコロナ禍でのテレワーク推進で新たに発生したオフィスのデッドスペースと、そこでサービスを提供したい事業者(マッサージセラピストやヨガ講師、英会話講師、ランチボックスなど)をつなげて、デッドスペース、オフィスワーカー、サービス事業者の3方良しな世界観を実現すべく、プラットフォームを開発中です。

Officefactionのサービス構想

コロナ禍によって多くの企業でリモートワークが浸透しました。コロナが収束に向かっていくなか、完全にコロナ前の世界に戻るとは考えにくく、週3、4日出社など、ハイブリッド型のワークスタイルが定着していくことが予想されます。

社員が出社したいタイミングは月末などに集中することが多く、その最大必要数にあわせてオフィス面積は確保しておく必要があります。するとどうしてもオフィスにデッドスペースが生まれがちです。本事業では、そのオフィスのデッドスペースと、そこでサービスを提供したい事業者をつなげるプラットフォームを開発しています。

投資家からのコメント

◆JSSA(日本スタートアップ支援協会)代表理事 岡 隆宏氏
JSSAではさまざまなスタートアップのメンタリングを日々行なっております。今回、樋口さんからOfficefactionのビジョンを伺った際に、アフターコロナの本質を捉える可能性を感じました。

オフィスという場所の価値を再定義して部分的に解放するという考え方で、従業員のエンゲージメント向上、生産性向上、メンタルヘルスなどの改善は、働き方改革の文脈にも乗っていて、時代に即した解決策になる可能性を秘めていると思います。これからのご活躍を期待しております。

エンジェル投資家 坂本 達夫氏
樋口さんも私も30代後半の2児の父で、お互いに猫を飼っているという、完全に同じ家族構成。そのことが分かった時点で、出資を決意していました。更にはOfficefactionの事業内容も、Google勤務時代にオフィスで頻繁にマッサージを受けてサボ…もとい鋭気を養っていた自分にとっては、非常に共感を覚えました。

私はこれまで複数の外資系企業に所属してきましたが、それらのオフィスはそれぞれ非常にユニークで、従業員をモチベートさせようという工夫に溢れていました。Officefactionが広がることで、日本の職場環境が働く人に優しくなればいいニャと思っています。

代表取締役 樋口 徹氏のコメント

Officefactionではウィズコロナ、アフターコロナを見据えて2021年11月より事業を開始しております。このコロナ禍で強制的に推進されたテレワークによってメリット、デメリット、さまざまな気付きがさまざまなレイヤーにおいてあったかと思います。そのさまざまな気付きでこれまでのオフィスの在り方、企業としての働き方、個人としての働き方のアップデートが迫られている中でひとつの解としてのサービスになるようプロダクトの作り込みを行っております。

この先、実際のオフィスを用いての実証実験なども予定しており、”出社したくなるオフィス”作りにご興味のあるオフィス関係者の方などお気軽にご連絡をいただけますと幸いです。
また、このようなOfficefactionのサービスを共に作っていく仲間も募集しております。全職種において募集中ですので、ご興味ある方はカジュアルなディスカッションから始めさせていただければと存じます。メールでもTwitterでもFacebookからでも大丈夫ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
Mail:t_higuchi@officefaction.com
Twitter:https://twitter.com/officefaction

株式会社Officefaction  会社概要

本社東京都江東区
設立2021年8月
代表者代表取締役 樋口徹
事業内容オフィスのデッドスペースとそこでサービスを提供したい事業者をつなぐプラットフォーム
URLhttps://www.officefaction.com/
※Officefactionのプラットフォーム事業はビジネスモデル特許を出願中です
※Officefactionは経済産業省「出向起業等創出支援事業」の採択社です
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント