12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

オフィスのデッドスペースとサービス事業者をマッチング!Officefactionがプレシードラウンドで2,600万円資金調達

“オフィスのデッドスペース”と”そこでサービスを提供したい事業者”をつなぐマッチングプラットフォームを開発する株式会社Officefactionが、JSSA(日本スタートアップ支援協会)並びにエンジェル投資家坂本達夫氏を引受先としたJ-KISS型新株予約権発行と融資等による2,600万円の資金調達を実施しました。

資金調達の目的

株式会社Officefactionでは、今回調達した資金を用いて採用やプロダクトの開発を進めています。Officefactionではコロナ禍でのテレワーク推進で新たに発生したオフィスのデッドスペースと、そこでサービスを提供したい事業者(マッサージセラピストやヨガ講師、英会話講師、ランチボックスなど)をつなげて、デッドスペース、オフィスワーカー、サービス事業者の3方良しな世界観を実現すべく、プラットフォームを開発中です。

Officefactionのサービス構想

コロナ禍によって多くの企業でリモートワークが浸透しました。コロナが収束に向かっていくなか、完全にコロナ前の世界に戻るとは考えにくく、週3、4日出社など、ハイブリッド型のワークスタイルが定着していくことが予想されます。

社員が出社したいタイミングは月末などに集中することが多く、その最大必要数にあわせてオフィス面積は確保しておく必要があります。するとどうしてもオフィスにデッドスペースが生まれがちです。本事業では、そのオフィスのデッドスペースと、そこでサービスを提供したい事業者をつなげるプラットフォームを開発しています。

投資家からのコメント

◆JSSA(日本スタートアップ支援協会)代表理事 岡 隆宏氏
JSSAではさまざまなスタートアップのメンタリングを日々行なっております。今回、樋口さんからOfficefactionのビジョンを伺った際に、アフターコロナの本質を捉える可能性を感じました。

オフィスという場所の価値を再定義して部分的に解放するという考え方で、従業員のエンゲージメント向上、生産性向上、メンタルヘルスなどの改善は、働き方改革の文脈にも乗っていて、時代に即した解決策になる可能性を秘めていると思います。これからのご活躍を期待しております。

エンジェル投資家 坂本 達夫氏
樋口さんも私も30代後半の2児の父で、お互いに猫を飼っているという、完全に同じ家族構成。そのことが分かった時点で、出資を決意していました。更にはOfficefactionの事業内容も、Google勤務時代にオフィスで頻繁にマッサージを受けてサボ…もとい鋭気を養っていた自分にとっては、非常に共感を覚えました。

私はこれまで複数の外資系企業に所属してきましたが、それらのオフィスはそれぞれ非常にユニークで、従業員をモチベートさせようという工夫に溢れていました。Officefactionが広がることで、日本の職場環境が働く人に優しくなればいいニャと思っています。

代表取締役 樋口 徹氏のコメント

Officefactionではウィズコロナ、アフターコロナを見据えて2021年11月より事業を開始しております。このコロナ禍で強制的に推進されたテレワークによってメリット、デメリット、さまざまな気付きがさまざまなレイヤーにおいてあったかと思います。そのさまざまな気付きでこれまでのオフィスの在り方、企業としての働き方、個人としての働き方のアップデートが迫られている中でひとつの解としてのサービスになるようプロダクトの作り込みを行っております。

この先、実際のオフィスを用いての実証実験なども予定しており、”出社したくなるオフィス”作りにご興味のあるオフィス関係者の方などお気軽にご連絡をいただけますと幸いです。
また、このようなOfficefactionのサービスを共に作っていく仲間も募集しております。全職種において募集中ですので、ご興味ある方はカジュアルなディスカッションから始めさせていただければと存じます。メールでもTwitterでもFacebookからでも大丈夫ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
Mail:t_higuchi@officefaction.com
Twitter:https://twitter.com/officefaction

株式会社Officefaction  会社概要

本社東京都江東区
設立2021年8月
代表者代表取締役 樋口徹
事業内容オフィスのデッドスペースとそこでサービスを提供したい事業者をつなぐプラットフォーム
URLhttps://www.officefaction.com/
※Officefactionのプラットフォーム事業はビジネスモデル特許を出願中です
※Officefactionは経済産業省「出向起業等創出支援事業」の採択社です
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント