12.8 C
Japan
火曜日, 1月 18, 2022

100年に一度の大変革期にあるクルマ業界にイノベーションを!コムテック&ペルシードが「アクセラレーター2021」を開催

100年に一度の大変革期にあるクルマ業界において、イノベーションによる持続的な企業価値向上に取り組む株式会社コムテックと株式会社ペルシードが共同で、国内最大級のオープンイノベーション支援サービスCreww Growth(クルーグロース)にて、アクセラレータープログラムを開催します。

コムテック&ペルシードがアクセラレータープログラムを開催

株式会社コムテックと株式会社ペルシードは共同でアクセラレータプログラムを開催します!

今回、スタートアップの皆様との協業によって、新たな柱となるカテゴリーの創造を試みます。どんな創造が始まるのかワクワク/ドキドキしております。 まずはスタートアップの皆様と楽しく進められることを目標にし、お互い「いいね!」と共感出来たら、「形に」していきたいと考えております。

スタートアップとのオープンイノベーションで実現したいこと

1.もっとクルマの安心・安全に貢献したい

コムテックの主力商品であるドライブレコーダー。自身の運転が常に録画されているという心理的効果や安全運転教育への活用など、クルマの安心・安全に貢献することを目指して、新しいサービスや製品を創出したいと考えております。

2.新時代のカーライフを提案

CASE※の進展によってクルマや移動の概念が変化しています。自動運転が普及すると、車外の歩行者や他車の運転手とのコミュニケーションの方法や、車内での過ごし方が大きく変化すると考えられます。

またカーシェアリングなどクルマを「所有」することから「利用」することへの変化も現れ始めています。

クルマと人とのコミュニケーションツールやクルマでの快適な過ごし方など、新時代のクルマでのカーライフを提案できるアイテムを創出したいと考えております。痒いところに手が届くようなアイテムを探しております。

CASEとは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリングとサービス/シェアリングのみを指す場合もある)、Electric(電気自動車)の頭文字をとった造語です。

3.視野を広げ、カー用品以外の分野に進出

「遊び心をくすぐる」クルマをもっと遊びのツールに利用できるようなアイテムを創出したいと考えております。 アウトドアやキャンプ用品などといったクルマとの関係の深い事業への参入も考えております。

スタートアップが活用できる企業の経営リソース

①お客様と販売店様とのネットワーク

コムテックグループは北海道から九州まで全国6カ所に営業拠点を保有しています。 カー用品販売店、ホームセンター、カーディーラー等との取引があり、北海道から沖縄まで商品供給のルートがあります。

また、ドライブレコーダー、エンジンスターターを大手自動車部品メーカーにOEM供給しており、自動車メーカー純正品としても採用されています。

▶︎詳しくはこちら

②無線通信、画像処理をコアとした開発設計技術

コムテックでは、レーダー探知機エンジンスターターの無線技術ドライブレコーダーの画像処理技術車載電子機器の開発技術等を有しております。

開発部門ではメカ/エレキ/ソフトの開発人員高周波関連や信頼性試験のための計測器設備等を保有しています。

また、名古屋市には研究開発拠点COMTEC COMFORT ROOM Research and Development(CCR R&D)を構え、より一層の研究開発の体制づくりを進めています。

③最高品質の商品とサービスを提供する製造・品質・サービス体制

コムテックは品質マネジメントシステムISO9001を取得。自動車メーカー向けOEM製品で培った品質保証に基づき、コムテックスペックを制定し徹底した製品評価を行っています。

コールセンターは外部委託することなく自社内に設置し、顧客満足の向上を図る体制を整えています。

④ドライブレコーダーシェアNo.1のネームバリュー

コムテックは4年連続でドライブレコーダー販売数量No.1を獲得(BCN調べ)。また、みんカラ「PARTS OF THE YEAR 2020年間大賞」にて、ドライブレコーダーの2部門で1位を獲得。

2020年にはプロゴルファーの渋野日向子選手とスポンサー契約を締結。渋野選手や林修先生のTVCMで認知度も高く、トップシェアブランドとしての地位を築いています。

また、Super GTのGT300全車両にコムテックのドライブレコーダーを搭載するなどモータースポーツの支援にも力を入れております。

▶︎詳しくはこちら

⑤カーアクセサリー・カーケミカル

ペルシードでは多様な車内外アクセサリーやカーケミカル製品を企画・販売を行っています。 常にプラスワンを心がけ、ユーザーの満足度を高める商品開発を行っています。

また、カーケミカル用品のTVCMなど積極的な広報活動や、オンライン上での販売も行い業界シェアを向上。ペルシードブランドの認知度も高まっています。

▶︎詳しくはこちら

⑥カーウインドウフィルム

ペルシードが販売しているカーウィンドウフィルムは汎用性のある商品から、車種に合わせてオーダー可能なフィルムまで多種多様な製品を手がけています。

分かりにくいカーウィンドウフィルムを一般ユーザーへいかに分かりやすいものにするかを目標に、1台分シリーズを展開。ユーザーの「分からない」を解消することに着目して、セット内容・パッケージデザイン・販促用POPを作成しています。

▶︎詳しくはこちら

プログラムへの意気込み

私たちコムテックグループは、人と車の関係に「より安心・安全」をお届けできることを願っています。さらに、「もっと便利に、もっと楽しく」を求めていきます。

我々だけでは、思いつくことのできない新しいアイデア・製品・サービスをご提案ください。安心で安全で便利で楽しいモノを一緒に創造していきましょう。新しいことへのチャレンジと皆様との出会いを楽しみにしています! 
事務局一同

開催会社概要

株式会社コムテック/株式会社ペルシード

コムテックグループは『~ つなぐ ~ 「人とクルマ、クルマと社会」「現在から未来へ」「快適、遊び、夢」』を経営理念として掲げており、100年に一度の大変革期のクルマ社会の中で、社会のニーズを先取りしたイノベーションによる持続的な企業価値向上に取り組んでおります。

▶︎オフィシャルウェブサイトへ

スケジュール

エントリー受付:04/19(月) 09:00 – 05/14(金) 20:00
※応募者からエントリーが提出される期間です。提案資料と質問への回答を持ってエントリーされます。

1次選考:05/21(金) 20:00
※提出したエントリーの1次選考です。方向性が異なるものや、提案情報が不足/希薄なエントリーの精査を行います。

ブラッシュアップ:05/24(月) 00:00 – 06/25(金) 20:00
※1次選考を通過した提案に対し、ブラッシュアップ機能を使いながら両社で提案内容の精度を上げていく期間です。

2次選考:07/02(金) 20:00
※評価軸に基づいて、ブラッシュアップした提案内容を選考し、プレゼンに進む提案を絞ります。

プレゼン・ディスカッション:07/05(月) 00:00 – 08/13(金) 20:00
※2次選考に残った応募者と本新規事業の責任者達の日程調整をし、直接プレゼンテーションを行ってもらいます。

最終選考:08/20(金) 20:00
※プレゼン内容を受け、最終的に共創による事業開発を行っていく提案を決定します。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント