12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

セブン銀行が「身近な便利」を共創!社会課題解決型アクセラレーターを開催

オープンイノベーションによる事業創造に積極的に取り組んできた「セブン銀行」が、国内最大級のオープンイノベーション支援サービスCreww Growth(クルーグロース)にて、アクセラレータープログラムを1月8日より開催しました。
これまでにない新しいサービスを一緒に議論し合える素晴らしい出会いを期待して、全国のスタートアップから提案を募集しています。募集締め切りは1月21日。

セブン銀行アクセラレーター2021

セブン銀行は2001年の創業以来、「いつでも、どこでも、だれでも、安心して」ご利用いただけるATMサービスを提供してきました。スマートフォンの普及や決済手段の多様化など、セブン銀行を取巻く環境は急速に変化しつつあります。セブン銀行は大きな環境変化に柔軟に対応しながら、これまでと変わらず社会課題を解決し続けたいと思っています。
そのために、様々なパートナーとの一層オープンな繋がりや協業を通じて、一緒に既存のアセットを最大限活用したいです。そして今回のプログラムを通して、お客さまの「できたらいいな」を実現させる、セブン銀行らしい新たなサービスを、みなさまと一緒に創出したいと考えています。

セブン銀行アクセラレーター2021概要

▶︎募集期間:2021年1月8日(金)~1月21日(木)
▶︎エントリー方法:下記URL(CrewwGrowthページ内の専用WEBサイト)より、協業案をご提案ください。
URL:https://growth.creww.me/19ad9f56-382b-11eb-9e2a-fb20503885d1.html
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎主催:株式会社セブン銀行

アクセラレータープログラムで実現したいこと

新型ATM(第4世代)を活用した、これまでにない新たなサービスの創出

2019年から首都圏を中心に現在入れ替えを進めているセブン銀行の新型ATMは、高性能カメラ、顔認証、本人確認書類のスキャナー、Bluetooth等の便利な機能を搭載しており、さまざまなサービスへの活用可能性を有しています。
今回のプログラムでは、この新型ATMを活用した、これまでにない新たなサービスの創出をしたいと考えています。

コンビニらしい、身近な金融サービスの検討・創出

セブン銀行では、スマホアプリやカードレスATM取引機能等、お客さま一人ひとりに適したサービスを新しいスタイルで提供することで、新しいお客さま体験を実現しています。
今回のプログラムでは、「コンビニらしい、身近な金融サービス」をキーワードに、お客さまのライフスタイルに合わせてご利用いただける新しいサービスを創出したいと考えています。

スタートアップが活用できるセブン銀行の経営資源(リソース)

01:全国25,000台を超えるセブン銀行ATMプラットフォーム
02:様々な機能が搭載された新型のATM「ATM+(プラス)」
03:スマホベースドな銀行サービス
04:マイナンバーカードを活用した事業展開
05:居住外国人向けのアプローチ
06:法人向けサービス

プログラムへの意気込み

セブン銀行では、オープンイノベーションによる事業創造に積極的に取り組んでまいりました。
当社主催のアクセラレータープログラムの開催は今回が第4回目。過去のプログラムで採択させていただいた企業様とは、相互送客や協業によるサービスの開発、出資等でコラボし、成果を具現化してまいりました。
今回もこれまでにない新しいサービスを一緒に議論し合える素晴らしい出会いを期待しております!
(セブン銀行 セブン・ラボ)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント