12.8 C
Japan
火曜日, 8月 3, 2021

関東経済産業局とCreww|オープンイノベーションプログラム 『REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020』 を2020年11月24日より開始

国内最大級 クラウド型オープンイノベーション支援サービスを運営する Creww(クルー)株式会社は関東経済産業局とともに、オープンイノベーション※1による新規事業の創出を目的とした『REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020』を2020年11月24日より開始します。

スタートアップとの協業により新たな価値を創造する

日本全国には、地域に根ざした多様な経営資源を有する中堅・中小企業が多く存在しています。このような地域の優良企業は、スタートアップ(※2)との協業により新たな価値を創造する可能性を持ち合わせています。

『REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020』では、地域に根ざした経営資源を有する企業3社<大塚産業マテリアル株式会社(滋賀県 長浜市)、三友プラントサービス株式会社(神奈川県 相模原市)、シナノケンシ株式会社(長野県 上田市)、五十音順、以下総称して「地域企業3社」>が参加をして実施します。

地域企業3社の経営資源と全国のスタートアップ企業の斬新なアイデアやテクノロジーを掛け合わせ、該当地域に新たな事業の創出を目的とするものです。

関東経済産業局はオープンイノベーションを通じた多様な組織間の連携を促進すべく、全国の経済産業局で初めてアクセラレータープログラムを実施します。本プログラムの開始に合わせてCrewwのホームページ内に専用WEBサイトをオープンし、スタートアップ企業のエントリーを開始します。地域企業3社とスタートアップ企業は、シナジー確認から協業までの最終ゴールに向けて、簡単で迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となります。また、本プログラムの開催に先立ちスタートアップ企業に向けて説明会(オンライン)を2020年12月1日に開催します。

※1 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み
※2 独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業

『REGIONAL GROWTH ACCELERATOR CHALLENGE 2020』概要

▶︎募集期間:2020年11月24日(火)~12月4日(金)
▶︎エントリー方法:下記URL(Crewwホームページ内の専用WEBサイト)より、協業案を2,500字以内でご提案ください。
URL:https://accele.creww.me/collaboration/kanto-2020-11
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎主催:関東経済産業局、Creww
▶︎目的:地域の中堅・中小企業とスタートアップ企業の共創による新たな価値創造により、該当地域の新事業創出を図ることを目的として実施

オープンイノベーションプログラム参加企業3社

■大塚産業マテリアル株式会社(滋賀県長浜市)

<開催テーマ>ともに発想をカタチに

<会社概要>長浜の地で蚊帳事業を起こし300年以上の歴史を持つ大塚産業マテリアルは、いつの時代も繊維の力で皆様のよりよい生活に貢献してまいりました。現在は不織布の成形技術をキーテクノロジーとして、自社、及びお客様と用途開発を行い、デザイン性と機能性(吸音、クッション性、断熱)がある新しい価値をお客様に提供をしています。

■三友プラントサービス株式会社(神奈川県相模原市)

<開催テーマ>環境や資源に、新たな発想で挑む

<会社概要>三友グループは「環境と資源を守る」をモットーに、産業廃棄物処理の収集運搬、中間処理、最終処分を一貫して行い、また環境分野の様々な課題にも取り組む「ワンストップ・ソリューション企業」です。全国7ヶ所にある中間処理工場では化学処理等で減量化、無害化、再資源化を実践しており、最終処分場のある北海道には研究所、コンポスト工場、実験農場も設置しています。またコーヒー豆かすの乳牛飼料化やNEDOとバイオエタノール製造技術開発をするなど、技術やIT、仕組みなど視点と発想を変えることで「環境と資源を守る」を実践しています。

■シナノケンシ株式会社(長野県上田市)

<開催テーマ>世界中の人びとの「希望」と「快適」をカタチに~ハードウェアとソフトウェアの融合による革新サービスの実現

<会社概要>ASPINA(シナノケンシ)は、ハードウェア・ソフトウェアの開発と製造をグローバルに展開し、「希望」と「快適」をカタチにする企業グループです。当グループでは、精密モータや、アクチュエータ、動作検証・解析ツール、デジタル録音図書読書機器や補聴器などの事業を行っています。
1918年の創立以来、研究開発から営業、製品設計、生産、製品やサービスの供給まで、世界各地のお客様のニーズに合わせた幅広いソリューションを提供しています。

※スタートアップ企業は各参加企業に対して複数のエントリーが可能です。プログラムの詳細・各社の活用できる経営資源についてはエントリーページよりご確認ください。

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金5億6,455万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。

2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを200社以上実施し、これまで約680件の協業を実現しています。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約5300のスタートアップが登録しています。

■クラウド型オープンイノベーション支援サービス 「Creww Growth
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント