12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

野村不動産と共に創るワークプレイスイノベーション|協業アイデアを募集

野村不動産株式会社 都市開発事業本部がクラウド型オープンイノベーション支援サービス「CrewwGrowth」にて、従来の働き方に囚われない働き方を提供すべく、新たなワークプレイスを創造することを目指し、協業アイデアの募集を開始した。

働き方の多様化に応える新時代のワークプレイスを一緒に創造しませんか?

リモートワークの加速により、オフィスが再評価される時代です。従来のオフィスに通勤する働き方から、複数のワークプレイスを組み合わせる働き方に変化しつつあり、一人ひとりが最大のパフォーマンスを発揮できるような環境構築が求められております。
これまで野村不動産は働き方の多様化に対応すべく、「HUMAN FIRST」のビジョンを掲げ、中規模サイズPMO(ピーエムオー)、小規模サイズH¹O(エイチワンオー)、シェアオフィスH¹T(エイチワンティー)などを展開し、様々な企業様にご評価いただいております。
従来の働き方に囚われない働き方を提供すべく、新たなワークプレイスを共に創造していきませんか?

アクセラレータープログラムで実現したいこと

多様な働き方に合わせた商品・サービスを提供したい

変化の激しい時代に対応する、「HUMAN FIRST ※」のビジョンを体現した新しい商品・サービスを取り入れることで、ユーザーが最大のパフォーマンスを発揮できるようなワークプレイスを提供し続けたいという想いで商品企画を行っております。働き方改革や新型コロナウイルス対策などの企業が抱える課題に対してハードとソフトの両面から解決したいと考えております。

※「HUMAN FIRST」とは?
価値創造社会を生き抜くために、人の気持ちに寄り添い、個の能力を最大限発揮できる(=人の潜在能力を解放する)オフィスとサービスを提供するという事業思想です。人間が保有する能力を120%、150%へと高める「人間進化」という考え方、人間が本来保有する能力を使い切れていないのではないかという仮説に基づき、個々の能力を100%発揮できる状態に取り戻す「人間回帰」という2つのアプローチを通じて、社員一人ひとりのエンゲージメント、創造欲、ウェルビーイングなどを高め、一人当たりの生産性UP(付加価値/投下時間)を目指します。

オフィスビルの運営管理を効率化したい

昨今、デジタル化が進む一方で、オフィスビルの運営管理においては、メンテナンス、受付、清掃、緊急対応など「人」ありきの業務が未だに多く残っています。また、労働力人口が減少し、人手不足が社会問題となるなかで、「人」の確保が困難になってきていることも課題として認識しております。引き続き、お客様に安心・安全なオフィスビルを提供できるよう、運営管理の効率化、自動化を図りたいと考えております。

ユーザー同士の交流を活発にしたい

通常のオフィスビルは、ユーザー同士が互いのことをよく知らないことが一般的ですが、当社のオフィスビルにおいては、積極的にイベントを開催してユーザー同士の交流の「場」を設けてきました。しかし、昨今の情勢によりオフラインでのイベントの開催が難しくなり、新たな交流の「形」を模索しております。ユーザー同士がオンラインで気軽に情報交換やビジネスマッチングができる仕組みなどを取り入れ、これまで以上に交流を活発にしていきたいと考えております。

必要としている人へ、最適なワークプレイスを届けたい

働き方改革による執務環境の最適化、コロナ禍で加速したリモートワークなど、ワークプレイスのあり方が大きく問われる時代となっております。当社は、用途に応じた幅広い「ワークプレイス」の提供を強みとしており、多様化するニーズを汲み上げ、必要としている人の元へダイレクトに提案をお届けできるようなプロモーション方法を探っていきたいと考えております。

スタートアップが活用できる野村不動産リソース

多様なオフィスラインナップ

都内を中心に、開発中を含め中規模ハイグレードオフィス「PMO」60拠点、サービス付クオリティスモールオフィス「H¹O」15拠点、サテライト型シェアオフィス「H¹T」70拠点、その他大規模ビル(新宿野村ビル、日本橋室町ビルなど)を展開しており、今後も拠点数を増やしていきます(2020年9月時点)。各物件、各エリアのユーザーに対してハード・ソフト両面での付加価値向上を検討しておりますので、当社の幅広いネットワークを活用いただけます。

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)

商品性向上を目的としたサービス提携のみならず、野村不動産グループとの事業シナジーを前提とした出資も積極的に検討することが可能です。
主な注力テーマ:Smart City、建物・施設のデジタル化(5G・IoT・AI活用)、デジタル不動産営業・集客、運営・オペレーション変革(ロボット・AIを活用した省人化・自動化)、SDGs

H¹O・H¹T トライアル利用

働き方の変化に対応したワークプレイスの在り方を検討されている企業様に対しては、H¹O及びH¹Tを交えたオーダーメイドでのオフィス戦略のご提案をさせていただきます。実際に本社拠点やプロジェクトルームとしてトライアルで利用して検討したいという要望にも個別相談も承ります。

ヒューマンファースト研究所

企業や有識者とともに、これからの新しいワークプレイスの在り方や価値を探ることを目的とし、「ヒューマンファースト研究所」を設立しております。価値創造の源泉である「人」の生産性を高める環境づくり、ワークプレイスの在り方について研究を行っており、商品やサービスの開発を実践しております。本研究所は、研究パートナーを広く募集しており、当社ネットワーク・データを活用しながら協働研究を行うことが可能です。

プログラムへの意気込み

日本の労働市場は働き手・働く時間・働く場など多方面において大きな変革の時を迎えております。働く場を提供する立場にある私たち野村不動産オフィスビル部門は、多様化するニーズに柔軟に対応することで、一人ひとりが最大のパフォーマンスを発揮できるようサポートすることが使命であると捉えております。
既成概念に囚われず、時代に先駆けた働き方を実現できるような新しい「ワークプレイス」を共に創り上げていきましょう!

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント