12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

AirX、西武ホールディングスと協業し、「東京―下田・箱根」間のヘリ直行便を夏季限定で提供

エアモビリティの交通プラットフォームを開発する株式会社AirXは、株式会社西武ホールディングスと協業し、「東京―下田・箱根」間のヘリ直行便を期間限定で提供することを発表した。

本施策の背景

AirXはテクノロジーを駆使して小型航空機の運賃を現実的な価格にすることで、中距離移動に最適な選択肢を提供していきたいと考えています。昨年10月に西武グループのオープンイノベーションプログラム「Biz Lab Accelerator 2017」に採択されたことをきっかけに、AirXは西武グループと共に航空機イノベーションを見据えた次世代交通ビジネスに挑戦しています。

直行便を運航する静岡県下田市と神奈川県箱根町は、毎年夏休みシーズンに多くの方が訪れるため、道路の慢性的な渋滞発生が大きな課題となっています。この度、西武グループの運営するホテル、ゴルフ場に併設するヘリポートを活用することで、ヘリで絶景を眺めながら早くて快適な移動体験を提供いたします。

  東京から下田まで、最も道路が渋滞するお盆の時期(8/12~8/15)は自動車で7時間以上かかる場合がありますが、ヘリの所要時間は約55分です。また1人あたりの料金は32,900円で、これはヘリチャーター市場価格の約3分の1の水準です。同じく東京から箱根まで、混雑期は自動車で3時間以上かかる場合がありますが、ヘリでは約35分で移動でき、1人あたり料金は市場価格の約5分の1である19,800円です。

ヘリでの移動は快適性、速達性に優れるものの、価格面で敬遠されがちでした。今回の取り組みにより、箱根や下田といった身近な観光地に行くことの多い都心のファミリー層などにも、空の移動の快適さや利便性を知ってもらう機会にすることを目指しています。AirXは次世代交通イノベーションを見据え、「空を身近に活用できる世界」を構築していきます。

西武ホールディングスよりコメント

今回のAirX社との実証実験を通じて、交通渋滞を避け快適に移動したいというお客さまのニーズに応えることを目指しています。これからも『観光大国ニッポン』の中心を担う企業グループを目指し、オープンイノベーションにより新たなサービスを生み出してまいります。

ヘリ直行便の詳細

Ⅰ.東京⇄下田プリンスホテルヘリポート直行便https://skyview.airos.jp/shimoda/
(1)日時:7月27日~9月8日(最少催行人員2名以上。天候不順等で欠航あり)
(2)場所:①往路 東京ヘリポート(東京都江東区新木場4丁目7)
      ⇒下田プリンスホテル(静岡県下田市白浜1547-1)

Ⅱ.東京⇄箱根プリンスホテルヘリポート便https://skyview.airos.jp/hakone/
(1)日時:7月27日~9月8日(最少催行人員2名以上。天候不順等で欠航あり)
(2)場所:①往路 東京ヘリポート
      ⇒ザ・プリンス 箱根芦ノ湖(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144)
      ②復路 ザ・プリンス 箱根芦ノ湖⇒東京ヘリポート

※1 一般車両利用時時間 出所: 「NAVI TIME」検索より
※2 8月10日~18日の料金は以下「ヘリ直行便の詳細」参照
※3 ヘリコプターチャーター市場価格 AirX調べ

社名株式会社AirX
代表取締役手塚 究
設立2015年2月23日
住所東京都新宿区西新宿1-1-6 ミヤコ新宿ビル 12SHINJUKU 403
事業内容旅行手配事業、航空運送代理事業
スマートモビリティ社会の実現に向けて、空の交通デジタルプラットフォームを開発するテクノロジー企業です。
会社URLhttps://airx.co.jp
サービスURL[AIROS] https://airos.jp [AIROS Skyview] https://skyview.airos.jp
プレスリリース発表元企業:株式会社AirX
配信元:PR TIMES
執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント