12.8 C
Japan
火曜日, 12月 1, 2020

AirX、西武ホールディングスと協業し、「東京―下田・箱根」間のヘリ直行便を夏季限定で提供

エアモビリティの交通プラットフォームを開発する株式会社AirXは、株式会社西武ホールディングスと協業し、「東京―下田・箱根」間のヘリ直行便を期間限定で提供することを発表した。

本施策の背景

AirXはテクノロジーを駆使して小型航空機の運賃を現実的な価格にすることで、中距離移動に最適な選択肢を提供していきたいと考えています。昨年10月に西武グループのオープンイノベーションプログラム「Biz Lab Accelerator 2017」に採択されたことをきっかけに、AirXは西武グループと共に航空機イノベーションを見据えた次世代交通ビジネスに挑戦しています。

直行便を運航する静岡県下田市と神奈川県箱根町は、毎年夏休みシーズンに多くの方が訪れるため、道路の慢性的な渋滞発生が大きな課題となっています。この度、西武グループの運営するホテル、ゴルフ場に併設するヘリポートを活用することで、ヘリで絶景を眺めながら早くて快適な移動体験を提供いたします。

  東京から下田まで、最も道路が渋滞するお盆の時期(8/12~8/15)は自動車で7時間以上かかる場合がありますが、ヘリの所要時間は約55分です。また1人あたりの料金は32,900円で、これはヘリチャーター市場価格の約3分の1の水準です。同じく東京から箱根まで、混雑期は自動車で3時間以上かかる場合がありますが、ヘリでは約35分で移動でき、1人あたり料金は市場価格の約5分の1である19,800円です。

ヘリでの移動は快適性、速達性に優れるものの、価格面で敬遠されがちでした。今回の取り組みにより、箱根や下田といった身近な観光地に行くことの多い都心のファミリー層などにも、空の移動の快適さや利便性を知ってもらう機会にすることを目指しています。AirXは次世代交通イノベーションを見据え、「空を身近に活用できる世界」を構築していきます。

西武ホールディングスよりコメント

今回のAirX社との実証実験を通じて、交通渋滞を避け快適に移動したいというお客さまのニーズに応えることを目指しています。これからも『観光大国ニッポン』の中心を担う企業グループを目指し、オープンイノベーションにより新たなサービスを生み出してまいります。

ヘリ直行便の詳細

Ⅰ.東京⇄下田プリンスホテルヘリポート直行便https://skyview.airos.jp/shimoda/
(1)日時:7月27日~9月8日(最少催行人員2名以上。天候不順等で欠航あり)
(2)場所:①往路 東京ヘリポート(東京都江東区新木場4丁目7)
      ⇒下田プリンスホテル(静岡県下田市白浜1547-1)

Ⅱ.東京⇄箱根プリンスホテルヘリポート便https://skyview.airos.jp/hakone/
(1)日時:7月27日~9月8日(最少催行人員2名以上。天候不順等で欠航あり)
(2)場所:①往路 東京ヘリポート
      ⇒ザ・プリンス 箱根芦ノ湖(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根144)
      ②復路 ザ・プリンス 箱根芦ノ湖⇒東京ヘリポート

※1 一般車両利用時時間 出所: 「NAVI TIME」検索より
※2 8月10日~18日の料金は以下「ヘリ直行便の詳細」参照
※3 ヘリコプターチャーター市場価格 AirX調べ

社名株式会社AirX
代表取締役手塚 究
設立2015年2月23日
住所東京都新宿区西新宿1-1-6 ミヤコ新宿ビル 12SHINJUKU 403
事業内容旅行手配事業、航空運送代理事業
スマートモビリティ社会の実現に向けて、空の交通デジタルプラットフォームを開発するテクノロジー企業です。
会社URLhttps://airx.co.jp
サービスURL[AIROS] https://airos.jp [AIROS Skyview] https://skyview.airos.jp
プレスリリース発表元企業:株式会社AirX
配信元:PR TIMES
執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。