12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

松竹とスタートアップで創出する新たなエンタテイメントとは!?

2019年6月10日より開始された「松竹アクセラレーター2019」。スタートアップから90近くの提案が集まり、選考、ブラッシュアップを経て、先月採択に向けたプレゼンテーションが行われた。そしてこのたび、令和の総合エンタテインメントを加速させるべく、5社のスタートアップが採択された!

9月3日、5日に実施された2次選考であるプレゼンテーションには、10社のスタートアップ企業が並び、ブラッシュアップメンバーとして松竹グループの社員13名が関わった。そしてこのたび、5社のスタートアップが採択され、実証実験に向けた準備がスタートしている。まだ各プロジェクトの詳細は公表されていないが、松竹とスタートアップの共創プロジェクト概要をここでは紹介する。

松竹がスタートアップとの共創で狙いたい領域

採択スタートアップの紹介の前に、まず松竹が「松竹アクセラレーター2019」の開催にあたり設定した「狙いたい領域」についてだが、今回松竹は3つの領域を設定している。

01.あらゆる人の心を豊かに
日々の生活がよりワクワクするような、人として生きる中での楽しい体験を提供したいと考えています。幸福を届け、人々の心を動かし、感動を生むような新たな価値を創造しましょう!
例)家族向けサービス、シニア向け事業、子供向け事業
02.日本文化の継承と発展
日本文化を継承しながら、新しいアイディアを掛け合わせて文化を発展させていきたいと考えています。また、日本のみならず海外に向けて広げていき、世界文化の発展に貢献したいと考えています。新しい時代の文化を創りましょう!もちろん松竹グループのオリジナルコンテンツ(映像や演劇)を活用した新規事業案も大歓迎です。
例)エンターテック事業、インバウンド・アウトバウンド事業、地方とコラボレーション
03.マーケット開拓への挑戦
幅広い世代に、国境を越えた世界中のお客様に、松竹グループとスタートアップの化学反応によって生み出されたものを届けたいと思っています。エンタテインメントは、「何を届けるか」はもちろん、「どう届けるか」が肝。マーケティング・宣伝・販売など、より多くのお客様を開拓できるアイディアを大募集します。

「日本文化の伝統を継承、発展させ、世界文化に貢献する。」「時代のニーズをとらえ、あらゆる世代に豊かで多様なコンテンツをお届けする。」をミッションに掲げる松竹グループ。総合エンタテインメント企業グループとして、変化を恐れず、新たな挑戦を続けている。その挑戦のひとつが、オープンイノベーションプラットフォームを提供するCrewwと共に開催した「松竹アクセラレーター2019」である。

エクスペリサス ×松竹

エクスペリサスは、今後日本の基幹産業となるインバウンド旅行市場において、「インバウンド市場」×「富裕層」という新しい領域で活動を展開しているスタートアップである。

https://creww.me/ja/startup/XPERISUS

DIVE JAPAN ×松竹

「DIVE JAPAN」は訪日外国人旅行者に動画で情報を提供する新しい旅行サービスだ。情報を欲する旅行者にとって動画の方が圧倒的に情報量が多く分かりやすい点から、DIVE JAPANはスマートフォンに最適化された1分動画で旅行者をガイドしている。

https://creww.me/ja/startup/divejapan

ラディウス・ファイブ×松竹

cre8tiveAI「Photo Refiner」

ラディウス・ファイブは、最先端のAI技術(Deep learning)を用いて、人が数時間かけて行っていたクリエイティブの編集作業を10秒で遂行するSaaSプラットフォームをグローバル向けに提供をする。

https://creww.me/ja/startup/radius5

ActEvolve×松竹

世界最大のVRライブプラットフォーム

ActEvolveは、「create diversity」つまり世の中に新しい価値観を作り、多様性を加速させることをミッションに、世界最大のVRライブプラットフォーム「VARK」を提供している。

https://creww.me/ja/startup/actevolve

夏目綜合研究所×松竹

夏目綜合研究所は、最先端の瞳孔解析技術の基礎研究を行っている。瞳孔の動きを解析し、今まで取得できなかった情感(人間の無意識の反応である「情動」と、表情に出る「感情」を合わせた生理反応)を数値化することで、客観的データとして様々な分野で活用することが可能である。

https://creww.me/ja/startup/natsume

今回の2次選考を経て、実証実験に進むプロジェクトが以上の5つである。令和のエンターテインメントはどのように変化していくのか。そのタネが「松竹アクセラレーター2019」で生み出されようとしている。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント