12.8 C
Japan
土曜日, 9月 18, 2021

KOBE OPEN ACCELERATOR|神戸市役所|りそな銀行

神戸市では、地元関西の優良企業とスタートアップ企業の連携による新規事業創出を促進するため、2016年8月に「神戸市オープンイノベーション促進補助金」を設立し、神戸市を基盤とした地元の企業とスタートアップ企業の連携を目指す取り組みとして、「KOBE OPEN ACCELERATOR」を2017年1月23日より開始しました。地元企業として、株式会社ケイ・オプティコム、生活協同組合コープこうべ、中西金属工業株式会社、都商事ホールディングス、株式会社りそな銀行の5社が今回の取り組みに参加し、パートナーに選定されたスタートアップ企業と約半年間の協議を重ね、ついに協業プロジェクトの概要が決定しました。

神戸市役所

—オープンイノベーションに取組もうと思ったきっかけはなんですか?またその中でcrewwコラボを採用したのはなぜですか?

神戸にイノベーションのエコシステムを形成するために、神戸市ではスタートアップ企業の集積、育成を支援する様々な取り組みを進めています。その中でも会社・組織を超え、地元企業とスタートアップ企業の連携によるオープンイノベーションの取り組みが重要であると考え、2016年8月に「神戸市オープンイノベーション促進補助金」を創設しました。
今回はcrewwの通常のコラボとは異なり、神戸を中心とした地元企業複数社とスタートアップ企業のコラボという、地元への波及効果が期待できる大変魅力的なプロジェクトを、本制度を活用する形でcreww様にご提案いただけたので、KOBE OPEN ACCELERATORの実施にいたりました。

—KOBE OPEN ACCELERATORを進行する上で、良かった点、大変だった点があれば教えてください。

企業、スタートアップ企業、ともに積極的にプログラムに取り組んでいただき、相乗効果を期待させるプロジェクトが多く生まれたこと、また、ある企業からはもう一度プログラムを実施したいという声もあったことから、一定の成果が生まれたと考えています。一方で、最終発表会までたどり着けなかった企業が生まれてしまった点については、今後継続してこのような取り組みを行うためにも、振り返りを行う必要があると思っています。また、最終発表に至ったプロジェクトの中では、業務として連携していないケースも散見されたため、もう少し議論のスピードを進めたり、シナジーが生まれるようなサポートが必要だと感じました。

—今後、オープンイノベーション、スタートアップ支援、オープンイノベーションプログラムに対してどのような取り組みをしていきたいですか?

すでに実施している500startupsのアクセラレーションプログラム「500 Kobe Accelerator」や、神戸スタートアップオフィスでのアクセラレーションプログラムを継続して進めていくとともに、神戸にイノベーションのエコシステムを創出したいと考えています。そのためには、直接的なスタートアップ企業支援の取り組みだけでなく、今回のスタートアップ企業と地元企業の連携によるオープンイノベーションの取り組みや、行政とスタートアップ企業の連携によるオープンガバナンスの取り組みなどに積極的にチャレンジしていきたいと考えています。

りそな銀行

—オープンイノベーションに取組もうと思ったきっかけはなんですか?

新規ビジネスの創出に向けて、スタートアップ企業を始めとした他社との連携の必要性を強く感じておりました。加えて、本プログラムは神戸市が牽引するものであり、地方創生の観点からも弊社との親和性の高いプログラムだと判断し、参加に至ったものです。

—今回のKOBE OPEN ACCELERATORを通して、オープンイノベーションに対する考え方、スタートアップに対する理解など、御社内で変わった点はありますか?

他社の知見を最大限に生かした新規ビジネスの創出に向けて、社内体制の構築に踏み出せたと考えております。また、スタートアップ企業と貪欲に接点を持っていこうとする姿勢が、一部ではありますが社内に浸透し始めているとも感じております。

—KOBE OPEN ACCELERATORを進行する上で、良かった点、大変だった点があれば教えてください。

新規ビジネスの創出に向けた協議を進めるなかで、社内にはない斬新な発想に触れることができ、そのうえで、新規ビジネス創出に向けては、「イコール・パートナーシップ」で臨むことが何よりも重要であるとの認識を社内で共有することができました。一方、各企業固有の文化や、社内決定プロセスの違い等に戸惑うことも多く、当初は意思疎通の難しさを実感するところとなりました。

執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント