12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

『ソニーネットワークコミュニケーションズ Web3共創 』を開催!Web3が実現する新しい体験へ

インターネットライフを支えるソニーネットワークコミュニケーションズが、アクセラレータープログラムを開催。インターネットの転換点ともいえるWeb3やデジタルツインなどの新しい技術を活用して、時代を変えるような新しい価値を提供するサービスの共創を目指し、スタートアップの提案を募集しています。応募締切は、1/27。

共創プログラムに取組む背景とは?

私たちソニーネットワークコミュニケーションズは1995年の創業以来、インターネット黎明期から皆さまのインターネットライフを支えてきました。

2022年からは、時代を変えていく“攻め”の通信インフラになることを目指し、Web3事業の推進のための子会社をシンガポールに設立する等の新しい取り組みにも挑戦しています。

本プログラムでは、インターネットの転換点ともいえるWeb3やデジタルツインなどの新しい技術を活用して、時代を変えるような新しい価値を提供できるサービスを共創すべく、以下のテーマでエントリーを募集します。

スタートアップの皆さまのご提案をお待ちしております。

●Web3×ソニー製品で新しいエンターテインメント/クリエイション体験を創造
●Web3・NFT技術を活用したクリエイター/アーティスト支援の新サービスを創造
●デジタルツイン×自宅 をテーマとした新サービスを創造

ソニーネットワークコミュニケーションズ Web3共創
▶︎募集期限:2023年1月27日(金)
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

共創プログラムで実現したいこと

Web3×ソニー製品で新しい体験を創造

エンターテインメントの視聴やクリエイションに使用される多様なデバイスがWeb3とつながることで、ユーザーに提供できる体験価値はもっと広がるはず。
エレクトロニクス製品を製造・販売するソニーならではのDappsや、そのインフラを共創するパートナーを求めています。

【キーワード】
ソニーのエレクトロニクス製品(TV、オーディオ、マイク、ヘッドホン、VR機器、カメラ etc.) × Web3/NFTテクノロジー
<対象外のもの > PS5および、 PS5のVRゴーグル

【取り組みたいテーマ例】
ソニー製品で楽しめるWeb3コンテンツプラットフォーム
ソニーのマイクを活用した Sing to Earn の新規サービス
ソニーのオーディオ機器を活用した Listen and Earn の新規サービス
TVでNFTデジタルアートの購入や閲覧/視聴を楽しむ新規サービス
上記以外でもご提案お待ちしております。

クリエイター/アーティスト支援の新サービスを創造

様々な形でエンターテインメントの提供を続けてきたソニーとして、未知のクリエイターやアーティストとの出会いを広げたり、エンターテインメントの源であるクリエイター等が適正な利益を得られるようになることは非常に重要と考えています。
Web3・NFT技術を活用して、そのような世界の実現を一緒に目指すことができるパートナーを求めています。

【キーワード】
クリエイター支援×Web3・NFT、ファンコミュニティ×Web3・NFT、
アーティスト発掘・育成×Web3・NFT など

【取り組みたいテーマ例】
クリエイターの作品のNFT化や販売をサポートするサービス
ファンがアーティストを発掘・支援できるコミュニティサービス
クリエイターや出演者が表現物に対して適正な利益を受け取れるようにする著作権保護サービス

デジタルツイン×自宅 をテーマとした新サービスを創造

「NURO 光」をお客様家庭に提供してきたソニーネットワークコミュニケーションズは、デジタルツインで自宅環境にさらなる変革を起こしたいと考えています。
以下のような領域で、自宅をもっと快適に、ミニマルに、楽しくするためにコラボレーションできるパートナーを求めています。

【キーワード】
ホームエンターテインメント、スマートホーム、ホームロボット、自宅データ活用、ローカル5G

【取り組みたいテーマ例】
①低コストでの自宅のデジタルツイン作成・活用を実現できる技術的なアイディア
(例:簡単・低コストに自宅の3Dデジタルツインを作成でき、リアルタイムにアップデートされる仕組みやデジタルデータをもとに自宅の環境やスペースを最適化する仕組み )
②収集した自宅のリアルタイムデータをもとに提供するサービス
(例:自宅で活躍する、デジタルツインで制御可能なロボット)
③高速通信を用いた、自宅で楽しめる新しいエンターテインメントサービス
(例:自宅からリアルタイムで遠隔のエンターテインメントを楽しめるサービス)

スタートアップが活用できるソニーネットワークコミュニケーションズの経営資源(リソース)

・通信サービスやIoT、AIといった通信領域における知見・業界大手の顧客基盤

ソニーネットワークコミュニケーションズでは通信サービス(ISP・NURO)を始めとして、IoT、AIに関わる様々なサービスを提供しています。
これまでの通信領域における技術・顧客基盤などを事業共創では活用いただけます。

・ソニーグループ全体の総合力

ソニーグループでは音楽、映画などのエンターテイメント、エレクトロニクス製品、イメージング・センシング、金融といったように幅広い事業領域でビジネスを展開しています。それぞれの事業領域で培ってきたリソース(知見・開発力)がございます。
事業共創にあたっては、ソニーグループ各社とのコラボレーションなどの事業機会も想定しております。

・ソニーグループ全体が持つ幅広い販売チャネル

ソニーグループ全体で幅広い事業を展開しているため、法人・個人を問わず数多くのお客様にリーチしています。
事業共創にあたっては、ソニーグループが持つ販売チャネルを活用して、アプローチが可能です。

・高速通信サービス「NURO 光」

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する高速通信サービス「NURO 光」はすでに多くのお客様にご利用いただいております。
デジタルツインのような住宅環境を変革する新サービス創造にあたっては、契約件数が100万回線を超える「NURO 光」のサービス・販売チャネル・技術も活用した事業共創が可能です。

プログラムへの意気込み

当社では今まで培ってきた通信領域でのノウハウ・技術・顧客基盤を持っています。またグループ各社との連携というところも視野に入れておりますので、スタートアップの皆様には、Web3・NFT・デジタルツインの技術を活用した新たな価値を体験できる斬新なアイデアを頂けることを期待しております。
お互いのアイデア・リソースを活用することで、新しい体験を届けることができるパートナーとして連携していただける皆様からの熱意あるご提案をお待ちしております!

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント