12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

ミューラルプロデュース事業のWALL SHARE、三菱鉛筆社と資本業務提携!

2021年に「横浜銀行アクセラレータープログラム」にてプログラム開催した三菱鉛筆社に採択されたミューラル(壁画)のプロデュース事業を展開するスタートアップWALL SHAREが第三者割当増資による資金調達を実施したことを発表。同時に三菱鉛筆との間で資本・業務提携に関する契約を締結しました。

両社について

世界のアート市場全体に対して日本の占める割合は僅か3%未満に留まり、日本のアートは一部の人の嗜好品の域を出ておらず、日本の社会課題の一つだと言えます。そういった背景の中でWALL SHAREでは、「アートに触れるきっかけ」が日本におけるアートの課題解決にとって必要な要素の一つと考えており、ミューラルは、まちそのものに存在し、子どもから大人まで誰もが気軽にアートに触れるきっかけとなります。そして、その「きっかけ」を増やす為に、WALL SHAREは、これまで多数のアーティスト、企業、行政などと連携し、日本全国に70以上のミューラルを描いてきました。

三菱鉛筆は1887年の創業以来、世界中の人々に筆記具を提供するとともに、“書く・描く”という文化を育んできた老舗のリーディングカンパニーです。

WALL SHAREと事業経験が豊富な三菱鉛筆と提携することで、ミューラルの事業を加速させ、人々にとってアートがより身近な存在となる世界の実現を目指します。

参考:三菱鉛筆株式会社がプログラムを開催した「横浜銀行アクセラレータープログラム」
https://growth.creww.me/173d713f-a0d6-11eb-987e-8fb49693f010.html

今後の主な取り組み

両者のミッション、ビジョンの達成
両者に共通する“書く・描く”という点をベースに連携をし、より多くの人々・アーティストに価値を届けます。

②新規事業の共創の検討
三菱鉛筆社、WALL SHAREがそれぞれ所有するネットワーク、データ、ナレッジを活用し、新たな事業の展開を検討します。
共創事業を通じて両社の事業成長やアートカルチャーへの貢献も目指します。

WALL SHARE株式会社 代表取締役 川添 孝信 氏コメント

私たちが事業を展開するにあたって大切にしているスタンスは「アーティストファースト」です。
様々な場面での意思決定において、そうした姿勢を重要視している私たちですが、今回の出資・提携にあたり、三菱鉛筆さんにはそのスタンスにも共感をいただき、大変心強く思います。世界中の人々に愛される歴史ある三菱鉛筆さんと提携し、アートやミューラルのカルチャーが企業や人々にとって身近な存在になるよう貢献しつつ、より多くのアーティストが活躍できる社会を実現していきます。

これまでの取り組み

①三菱鉛筆本社へのオフィスアート
「人々の個性と創造性を解き放つ・違いが美しい」をテーマに描いたアートユニットMOTASのミューラル作品。MOTASの作品の中で登場するオリジナルのキャラクター「BLEYE(ブライ)」の家族が、表現(アート)を通じて心を動かせることの素晴らしさを伝えつつ、雷雨と晴れ、家族の気持ちの違いなどもテーマに紐づけています。

②横浜関内でのミューラルプロジェクト「SUSTAINABLUE(サステナブルー)」

持続可能(Sustainable)と、横浜のシンボル的な色である青(Blue)を掛け合わせ、横浜市旧市庁舎街区活用事業のまちづくりビジョンである『継承・再生・創造』を持続的に循環させたいという想いと、希望の意味を持つ青を大切にしたテーマとなっています。
アーティストは神奈川県出身のアーティストFATE氏が描き、高く繊細なスキルと独自の解釈を交えながら幾何学的かつ多角的に表現で描き街ゆく人を魅了しました。

mural by FATE

三菱鉛筆株式会社について

社名三菱鉛筆株式会社
設立1887年
所在地東京都品川区東大井5丁目23番37号
代表者数原 滋彦
事業概要筆記具および筆記具周辺商品の製造・販売と応用事業
URLhttps://www.mpuni.co.jp/

WALL SHARE株式会社について

社名WALL SHARE株式会社
設立2020年4月15日
所在地大阪市北区中崎1丁目11-10-401
代表者川添 孝信
事業概要ミューラル(壁画)を活用したプロデュース事業
URLhttps://www.wallshare-inc.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント