12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

『SOLIZE 共創プログラム 』が開催!デジタル技術と掛け合わせた新規ビジネスを共創するパートナー募集

1990年からデジタルエンジニアリング技術を積み重ねてきたSOLIZE株式会社が、アクセラレータープログラム「SOLIZE 共創プログラム 」を開催。デジタル技術とビジネスアイデアを掛け合わせた、新規ビジネス・サービスの共創を目指せる提案を募集しています。応募締切は、6月30日。

共創プログラムに取組む背景とは?

SOLIZEの1990年から積み重ねたデジタルエンジニアリング技術と、パートナーの皆さまの技術・ビジネスアイデアを掛け合わせ、新たな価値を創出します。
本プログラムでは、デジタル技術とビジネスアイデアを掛け合わせ、幅広いパートナー企業と新たな価値の創出を⽬指します。
新しいものづくりの実現に向け、新規ビジネス・サービスの共創を目指せる提案を募集します。

SOLIZE 共創プログラム

▶︎募集期限:2022年6月30日(木)12時まで。
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:SOLIZE株式会社

共創プログラムで実現したいこと

3Dプリンティング技術を活かした、ものづくり領域での新規事業創出

3Dプリンティングにおけるエンジニアリング領域で、新しい価値の創造や分野の拡大を実現したいと考えています。 当社のデジタルものづくり技術とパートナーの皆さまとの掛け合わせによる「新しい価値」の創造を目指します。

3Dプリンティング技術を活かした、新たなサービス・企画の創出

3Dプリンティング技術を活用した新しいサービスを創出する提案を募集します。 デザインから設計、解析、試作品、最終製品製作までを、一気通貫で対応するデジタルものづくりを活用した新たなサービスを共に創り出すパートナーを求めています。

スタートアップが活用できるSOLIZE株式会社の経営資源(リソース)

・デザイン・設計・解析・3Dプリントの技術
SOLIZEでは、高機能ハイエンドCADやCAE、MBD、3Dプリンティングにおいて豊富な経験を持つエンジニアが在籍しています。 デザイン・設計・解析から、試作、生産準備にいたるまで、製品開発のプロセス全般における技術を蓄積しています。

・高品質なハイエンド3Dプリンター
樹脂・金属ともに、国内最大のサービスビューローとして 合計で38台のハイエンド機を保有しています。 安定した良品を出し続けるマシンコントロール、 3Dプリンティングのノウハウの蓄積や後処理技術の確立など、 30年間以上にわたる3Dプリンティングの経験を活かして、 3Dプリンターを量産工法にするためのサービスビューローとして技術を磨いています。

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)
SOLIZEとの事業シナジーを前提とした出資も検討することが
可能です。投資領域は、SOLIZEの製品開発領域におけるデジタルテクノロジーの強みを活かして、
イノベーション創出に寄与し、ものづくりを中心とした社会課題解決につながる領域を対象とします。

プログラムへの意気込み

スタートアップ企業の皆さまの多種多様な知見と私たちのリソースを掛け合わせ、「ものづくり」における新たな価値を提供することを目指しています。 スタートアップ企業とSOLIZEの双方に利益のあるビジネスの創出に取り組んでいきたいと考えています。 既存概念にとらわれない皆さまのアイデアをお待ちしています。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント