12.8 C
Japan
水曜日, 2月 1, 2023

2022年一般社団法人スタートアップエコシステム協会が発足!

日本でスタートアップが数多く産まれ、成長し、最終的には経済発展に貢献できるような環境・生態系(エコシステム)を実現することを目標として、スタートアップエコシステム協会が2022年3 月29 日に発足しました。

一般社団法人スタートアップエコシステム協会とは

一般社団法人スタートアップエコシステム協会は、スタートアップを支援する組織やスタートアップエコシステムの重要なプレイヤーが中心となり、日本のスタートアップ支援に関わる情報集約を行い、国内外に情報発信をする体制を整えるとともに支援者同士の連携を促進し、スタートアップが適時に適切な支援を受ける環境を整えることを目的としています。

加えて、民間主導かつ中立的な立場で、行政機関へスタートアップエコシステムに関する情報提供や政策提言を行い、起業家を育成する教育機関の支援を行うことでスタートアップの創出や成長が行われる環境を中長期的に構築していきます。

また、海外のスタートアップやスタートアップ関連機関にとっての日本の窓口の役割を担うことで、スタートアップエコシステムの情報を発信し、日本への進出を支援し、日本のスタートアップエコシステムのグローバル化を目指します。

設立の背景

藤本 あゆみ氏 / Plug and Play Japan

スタートアップコモンズが出している定義によると、スタートアップエコシステムとは、物理的仮想的なある場所にいる人々や、さまざまなステージのスタートアップや組織がスタートアップ企業を生み出すシステムとして相互作用することで形成されるものとされています。スタートアップが主役ではある一方、スタートアップを生み出す土壌や流通などによりその価値が醸成されていくものであるため、全体を捉えたエコシステムづくりが、よりこれから必要となってくると考えています。

スタートアップエコシステムには、起業家の周りに集う人たち、スタートアップで働く人たちが増えることが大切だと考えています。また、最も大事なのがオーガナイゼーションです。さまざまな組織が集まることで、エコシステムの中で出来ること、チャレンジしてみたいこと、などの情報が次々と集まる場にこのスタートアップエコシステム協会がなることを期待しています。

スタートアップエコシステムと言うと、多くの人がシリコンバレーをイメージするかと思いますが、日本はじめ後進のエコシステムプレーヤーが目指すのは必ずしもシリコンバレー型ではないと思っています。

シリコンバレーには真ん中にスタートアップがおり、シリアルアントレプレナーたちが投資家になったりアカデミアから輩出されたりすることでエコシステムを形成してきていますが、これを再現することが日本に求められているのでありません。

パリやロンドン、シンガポールで形成されているような、政府や支援団体が入っており、さまざまなプレイヤーが集まるもっと大きなエコシステムこそだ、我々日本が目指すエコシステムなのではないでしょうか。

スタートアップエコシステム協会の3つの取り組み

①Information Platform

日本のスタートアップエコシステムを構築する全ての情報を遍く収集し、誰でもアクセスできるようにする
▶︎スタートアップエコシステム協会ページ: https://startupecosystem.org/

②Working Group

エシステムの活性化・発展のブロックになっている問題を明確化し、解決に向けて小さなグループ単位で活動する

③Global Collaboration

世界から参加したいと思われるスタートアップエコシステムにするべく、日本のスタートアップエコシステムの情報を発信する

設立発表会見開催

同協会設立に際し、3月29日(火)にCIC Tokyo(虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階)にて、設立発表会見が開催されました。

【賛同者一覧】

  • シニフィアン株式会社 共同代表 朝倉 祐介
  • 経済産業省新規事業創造推進室長 石井芳明
  • 早稲田大学教授 入山章栄
  • A.T. KEARNEY 日本法人会長 梅澤高明
  • 東京大学教授 各務茂夫
  • デジタル庁 人事・組織開発 唐澤俊輔
  • 株式会社ゼロワンブースター 共同代表/取締役 合田 ジョージ
  • 一般社団法人ベンチャー・カフェ東京ディレクター 小村隆祐
  • フォースタートアップス株式会社 代表取締役社長  志水 雄一郎
  • 一般社団法人Startup Lady共同設立者&取締役  鈴木萌子
  • 一般社団法人スタートアップ協会 代表理事 砂川大
  • 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン常務理事 曽山明彦
  • 衆議院議員 平将明
  • 衆議院議員 平井卓也
  • eiicon company 代表/founder 中村 亜由子
  • Global Entrepreneurship Network(GEN) 日本代表 西口尚宏
  • Creww株式会社 取締役COO 水野 智之
  • 世界銀行上級都市専門官 兼 TDLCチームリーダー Victor Mulas
  • 村上 臣
  • Women in VC Tokyo創設者 Sophie Meralli
  • 東京都
  • 一般社団法人日本経済団体連合会
  • 一般社団法人新経済連盟
  • Plug and Play Japan株式会社 執行役員CMO 藤本あゆみ
  • CIC Japan合同会社ゼネラル・マネージャー 名倉勝
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント