12.8 C
Japan
土曜日, 7月 11, 2020
ホーム Event

Event

「JVCケンウッド ソリューションフェア 2019」開催のご案内

株式会社JVCケンウッドと株式会社JVCケンウッド・公共産業システムは、2019年7月22日(月)と23日(火)の2日間、東京・秋葉原のアキバ・スクエアにて、「JVCケンウッド ソリューションフェア 2019」を当社グループの総合イベントとして初開催します。

スタートアップの成長実現を加速! スタートアップ企業とIPOした経営者・ベンチャー支援者による「ミートアップ・ピッチ」

スタートアップ企業の振興と成長に寄与する一般社団法人東京ニュービジネス協議会)が、スタートアップ企業とIPO経験等のある経営者・ベンチャー支援者からのメンタリングにつながる「ミートアップ・ピッチ」を6月18日(火)に開催します。 ■「ミートアップ・ピッチ」とは今回、初の開催となる「ミートアップ・ピッチ」。スタートアップ企業とIPO経験のある経営者、ベンチャーキャピタリストなどの支援者の連携を目的としたピッチと、懇親会の二部構成で行います。第1部では、公開ピッチ応募企業と、ベンチャーキャピタル推薦のスタートアップ企業、計8社(予定)がメンター審査員に向けピッチをいただきます。 各社(プレゼンテーション5分、質疑応答5分)でピッチをおこなっていただき、当日にてベストオーディエンス賞と審査員賞が選出されます。受賞した企業には参加メディアによる取材や、審査員からのメンタリングにつながる特典が贈呈されます。 【メンター審査員】株式会社Ubicomホールディングス(東証一部) 代表取締役 青木正之 氏株式会社エルテス(マザーズ) 代表取締役 菅原貴弘 氏株式会社MS-Japan(東証一部) 代表取締役 有本隆浩 氏株式会社KVP(ベンチャーキャピタル) 代表取締役社長 長野泰和 氏マネックスベンチャーズ株式会社(ベンチャーキャピタル) 代表取締役 和田誠一郎 氏

デュアルライフ経営者と凡人起業家が語る 「連続起業家が生まれる新たなライフスタイルとは?」

連続起業家が生まれるプラットフォームを作りたい。エンジェル投資家として起業家を支援するサイクルを確立したい。次の世代の起業家たちへとつながる新しい起業家のライフスタイルについて、自身の経験を交えながらお話します。 登壇するのは東京と南房総でのデュアルライフ経営を実現し、創業時に欲しかったサービスを創ることをテーマに生まれたスタートアップスクエア㈱で「3年でイグジット」を目指す未来デューデリジェンスをはじめとした起業家支援を行う桐谷晃司氏と、自分が凡人であることを前提とした「凡人起業家」として起業し、3年でバイアウトを実現、現在はエンジェル投資家として次世代起業家へのサポートを行う小原聖誉氏の2名です。 これから起業を目指す方や、今現在事業に注力されている方、イグジット法やイグジット後のライフスタイルに悩んでいる方へ、イグジットしたことで得られた新たなライフスタイルや、IPOを含むイグジットの選択肢など、経験者だからこそ伝えられるリアルな情報をお伝えします。 第一部 デュアルライフを実現するなら事業をバイアウトしよう 詳細 連続起業家が生まれるプラットフォームを作りたい。

日本政策金融公庫が徹底解説!“融資”による資金調達セミナー

日本政策金融公庫・坪田様を講師としてお招きし、スタートアップ企業や小規模事業者向けの融資制度・調達事例などについてご紹介いただきます。

個を中心とした新しいビジネスと採用の未来 ~ Blockchain × HR ~

「個を中心とした新しいビジネスと採用の未来を語ろう!」本イベントでは、個の働き方・挑戦の仕方に関して、移行しつつある社会情勢や…

【Incubate School 第3期】〜前編・VC資金調達のための基礎編〜

プロダクト完成前に向けたシード資金を得たい、実力にみあった正当なValuationで資金を調達したい、有力VCからのハンズオン支援を引き出したい、全く盛り上がらないVCミーティングから脱却したい・・・。 本気で資金調達を目指す起業家の皆さんにとって、投資家とのミーティング・交渉は正解のない迷路のように思われるかもしれません。 そんなお悩みをお持ちのシード/アーリーステージ起業家の皆さんのため、シードステージでは国内最大規模となる独立系VC・インキュベイトファンドによるVC資金調達のための連続講座を開催いたします。 「VCが求めるトラクション(実績)とは何か?」「創業チームはどう組成したらよいか?」「資本政策で守るべき点と攻めるべき点は?」「VCが求めるピッチブックの内容は?」といった疑問に対して、インキュベイトファンドのハンズオン支援経験を基にした実践的なノウハウを、より多くの志ある起業家及び起業準備中の方へお届けします。 こんな方におススメ ・プロダクトローンチ済かつ、数千万円~億円規模の資金調達をしたい・プロダクト完成前かつ、市場規模の大きい領域で挑戦しようとしている・登記前かつ、代表が35歳以下のスタートアップ

子育てをアップデート!子育Tech Meetupレポート

ワーク・ライフバランスコンサルタントの大西友美子氏の講演をはじめ、斬新なサービスを通して世のパパ&ママの生活の困りごとを解決しているスタートアップ5社が集結。子育てに関する社会の現状や新潮流を探った。

「ライオン x TRINUS 商品開発プロジェクト デザイナー向け説明会」レポート

デザイナー向けの説明会「ライオン x TRINUS 商品開発プロジェクト デザイナー向け説明会」が都内(docks)で開かれた。今回は熱気こもったdocksでの説明会の模様をお届けします

脳神経科学×ビジネスの最前線ココにアリ!「Brain Tech Meetup」

「Brain Tech Meetup ~世界のブレインテック動向と脳神経科学ビジネスの可能性を探る~」では、脳神経科学、本領域の最前線で活躍する有識者を招聘しブレインテックの可能性に迫った。

【イベントレポート】パラレルワーカーMeetsスタートアップ

自社が有する経営資源や技術に頼るだけではなく、社外からの技術やアイディア、サービスを有効に活用し、革新的なマーケットを創造する「オープンイノベーション」。この市場を創ってきたパイオニアであるCrewwは、大企業が持つアセットとスタートアップの持つエッジの効いたアイディアを組み合わせることで新規事業を創出し、国内に大企業×スタートアップのイノベーションを生んできました。そんな中、新たな取り組みとして注目されているのが、イノベーションコミュニティ「docks」。大企業の持つアセットとスタートアップが持つ柔軟なアイディア、最新のテクノロジーが化学反応を起こす起点として立ち上がった、リアルコミュニティです。 本記事では、7月31日(火)に「docks」で行われた「パラレルワーカーMeetsスタートアップ」の内容をダイジェストでお届けします。 今回のイベントの登壇者は6名。パラレルワーカーとして活躍している方の他、経営者側として複業をサポートしている方にも参加していただきました。 1人目は株式会社uni’queにてUX/UI Designerとして活動している京谷実穂氏。本業では、株式会社Voicyにて音声のデザイン、VUIデザイナーとしても活動中しています。

「ビックカメラアクセラレーター2018」ミートアップ

2018年9月4日(火)に「docks」で行われた「ビックカメラアクセラレーター2018・ミートアップ DAY2」の様子を、ダイジェストでお届けします。

“民間×行政”で生み出す日露テックビジネス ロシアITスタートアップ使節団 大報告会

ロシアを訪れたIT業界のスペシャリストらが語る、日本とロシアのスタートアップが生み出す新たなビジネスの可能性とは?
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

人気のタグ

EDITOR'S PICK

“研究者支援”を通じて、世の中から「わからない」と「絶望」をなくしたい

家族が難病指定を受けたことをきっかけに株式会社Inner Resourceを設立した松本 剛弥氏。ライフサイエンス業界全体の研究環境の無駄を削減、研究者を支援する『reprua(リプルア)』の運用を通じて、業界の発展に貢献することは勿論「わからない」が故に「絶望する」ことが無い社会の実現を目指している。 ※この記事は、2019年3月26日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。 株式会社Inner Resource  代表取締役CEO 松本 剛弥氏 家族にふりかかった難病がきっかけとなりInner Resource(インナーリソース)設立へ。

FVC、おおさか社会ファンドよりビジネスマップサービス「macci」開発のReviewに出資

フューチャーベンチャーキャピタルは、同社が運営するおおさか社会課題解決投資事業有限責任組合より、ビジネスマップサービス「macci」(マッチ)の開発を行うReviewに出資した。

【リモートワークでも安心・安全に】勤怠管理の選定セミナー|7月21日

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、リモートワークを開始した企業も多いのではないでしょうか。勤怠管理を行う労務担当 / 人事担当として、社員の勤怠申請に頼った管理体制で「従業員が過剰に働いていないか」の安全管理や「生産性が落ちていないか」の工数管理を行うことがとても難しくなってきています。本イベントでは、 厚生労働省が適法性を認めている勤怠管理システム【ラクロー 】のご担当者様に、最新の働き方とそれに合わせた労務の管理体制についてお話頂きます。

カラーコスメ受託製造国内シェアNO.1のトキワが、“業界初”最⼤⽀援規模3,000万円の『アクセラレータープログラム』を7月から始動

株式会社トキワは、7⽉から業界初のスタートアップ企業やビューティに関わる幅広い分野の⽅を対象にした開発⽀援プログラムの『アクセラレータープログラム』を実施することを発表した。この度、更なる持続的な成⻑基盤を確⽴し、「世界中に美と感動と喜びをお届けする」という使命に邁進するために同プログラムを発足した。