12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

新規事業の目標管理に効果的なKPI設計とは?手順とコツを解説

新規事業を進めながら目標管理を行う方法として、KPIと呼ばれる評価の指標を設定する方法があります。目標に対して現状がどの程度進捗しているか、指標を使いリアルタイムに測っていく方法です。このKPIが設計されていないもしくは設計されていても適切でない場合、計画通りに進んでいるか確認できず事業が頓挫してしまうこともあります。
この記事ではKPIの設計の手順と設計のコツについて説明していきます。
目次
・目標設定と目標管理に効果的なKPI設計とは
・ゴールから逆算するKPI設計の手順
・KPI設計のSMARTモデルとは
・ゴールに合ったKPI設計で新規事業を進めましょう

KPI設計とは最終的なゴールに向けた業務プロセスに対して、それぞれ定量的な指標を設定し、進捗を管理する方法です。この指標を使って事業が計画通りに進むように管理することで、チーム全体をゴールに導いていきます。

KPIとKGIとは

KGIは最終的なゴールに対する達成度合いを測る指標KPIは最終的なゴールに向けた各業務プロセスの進捗度合いを測る指標です。

KGIは Key Goal Indicator の略で日本語では重要目標達成指標と訳されます。KPIは Key Performance Indicator の略で日本語では重要業績評価指標と訳されます。例えば小売業で「今期の売上1,000万円」をゴールにしてKGIを設定した場合、「今期の売上1,000万円」を達成するために必要な「来店者数」「購入率」「平均顧客単価」「新規顧客数」「リピート率」といった指標がKPIです。

KGIとKPIはロジックツリーの関係にあり、ツリーの頂点がKGI、枝分かれして広がっていく部分がKPIにあたります。

KPI設計のメリットと注意点

KPIを設計すると、ゴールまでのプロセスが明確になること、個人が目標に向けてどのようなアクションを取ればよいかが明確になること、評価基準が明確になることといったメリットがあります。これによりチーム全体がまとまりを持ちゴールに向かうことができるのです。

企業全体でKPI設計を行う場合はトップダウンで行われる場合がほとんどです。ボトムアップの場合、セクション間の整合が難しくなるためです。そのため個人へのプレッシャーが大きくなったり、考える力が育ちにくくなったりといったデメリットもあります。チーム内のコミュニケーションを頻繁にとるなどし、対策を講じておきましょう。

撤退条件の設定

新規事業の場合、事業が計画通りに進まず撤退をするということは十分にあり得ます。事前に撤退条件を設定しておくことも重要です。損失を最小限に抑えるために、どのタイミングで、どのような条件になった場合に、誰が最終的な判断を下すかを決めておきましょう。

ゴールから逆算するKPI設計の手順

KPI設計はゴールから順番に逆算をしていきます。ゴールを決めたらゴールまでのプロセスを分解して、そのプロセスの中から重要なプロセスを見つけ成果を測るための指標を設定します。

ゴールを設定する

まずゴールとなるKGIを設定します。具体的な数値を用い定量的に測れるものになっていることが重要です。ゴールが曖昧だとなんとなく動き出してなんとなく続けて目標を達成したかどうかもわからないということになりかねません。

新規事業の場合まずは事業を軌道に乗せること、黒字化させることを目標にすることが少なくありません。この目標を達成するためには損益分岐点を算出し、それに必要な売上高と費用、利益率を導き出します。そして「今期の利益率〇〇%」というふうに具体的にゴールを設定します。

ゴールまでの道のりを分解する

次にゴールを達成するためのプロセスをブレイクダウンしていきます。「今期の利益率〇〇%」というゴールに対して必要なプロセスとして、売上高を上げるためのプロセスが考えられます。

例えば営業職であれば、売上高を上げるために必要なことは商談数、商談数に必要なことはアポイント数、アポイント数に必要なことは電話の件数というふうに道のりを分解できます。また、売上高を上げるために必要なことは成約率、成約率に必要なことは成約が見込める営業機会、成約が見込める営業機会に必要なことはターゲットの絞り込みというふうに、ロジックツリー型に枝分かれさせることも可能です。

費用を抑えていくためのプロセスも、利益率というゴールに直結します。すでに既存の事業がある場合は集客や販路など新規事業とのシナジー効果が考えられるプロセスも検討すると良いでしょう。このようにゴールまでの道のりを分解していきます。ただし、KGIに影響を与えないプロセスは省きましょう。意味のないKPIになってしまい無駄が生じるためです。

成果を測る指標を設定する

分解したプロセスのうち、自分でコントロールが可能な要素、特に力を注ぐ要素をピックアップします。その要素に「〇〇までに〇〇にする」という指標を設定します。これがKPIです。営業職の例で言うと「年内に成約が見込める営業機会を〇〇件」「今月中にアポイント〇〇件」というふうにKPIを設定できるかもしれません。

新規事業の場合、KPIが予定通りに達成されないことは少なくありません。その場合ゴールへのアクションの修正が求められます。把握しやすく計測しやすい指標を設定しましょう

KPI設計のSMARTモデルとは

KPI設計のコツは目標設定のためのSMARTモデルを使うことです。SMARTモデルには5つの項目がありそれぞれの英語表記の頭文字を取り、「SMART」と呼んでいます。SMARTモデルを使うことで、だれが見ても分かりやすく、ゴールに対して意味のある目標になります。

明確性

SMARTのSは Specificです。具体的、わかりやすいという意味です。目標があいまいだと、どのようなアクションを起こせばよいかが分かりません。具体的にすることで、目標達成に向けたアクションにつながっていきます。

計量性

SMARTのMは Measurable です。計測できるという意味です。目標に数値が含まれていて定量的であれば、目標に向けて何をすればよいかが明確になります。また、目標の達成の度合いも測りやすくなり、改善や改良を加えやすくなります。「お客様にとって何度も来たくなるような店になる」ではなく「リピート率〇〇%を目指す」と表現しましょう。

現実性

SMARTのAはAchievableです。達成が可能かどうかという意味です。達成できる可能性の低い無理な目標を掲げても、メンバーに過度なプレッシャーがかかったり、モチベーションに影響したりしかねません。また、自らコントロールをしにくい要素にKPIを設定することも現実性が乏しくなる原因です。

結果思考または関連性

SMARTのRは Result-oriented または Relevant です。ゴールとKPIの関連性があることも重要な要素です。何のための目標か、目標の先に何があるのか、関連性が分かりやすくなっていることで、自分の仕事がゴールに向けて貢献できているという実感につながります。そうすることでモチベーションの維持や向上にもつながります。

適時性

SMARTのTはTime-bound です。期限を定めることも見落としてはいけません。多くの場合「いつまで」という期限がなければ、いつもの業務を優先させて「そのうちにやる」という判断になってしまいます。目標のために本当に必要なアクションにも関わらず、無意識に優先度が低くなってしまいます。期限を定めることで初めて目標と行動が繋がります。

ゴールに合ったKPI設計で新規事業を進めましょう

ここまでKPIの設計の手順とコツを紹介してきました。新規事業では特に目標管理から目が離せません。KPIの設計をして事業に臨むことで、リアルタイムで計画の進捗状況を把握し次のアクションを考えることができます。注意すべきポイントを押さえながら事業に合ったKPIを設計して新規事業を進めていきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント