12.8 C
Japan
月曜日, 1月 17, 2022

【Z世代×地方創生】「藤枝市シティプロモーション動画」を全国の学生カメラマンと制作&公開!

株式会社うけざらは、Instagramで募ったZ世代の学生カメラマンと共に制作した「藤枝市シティプロモーション動画」を公開しました。

藤枝市シティプロモーション動画 制作の背景

コロナ禍で学生生活が制限されたこの数年。
Z世代のマーケティングを行う株式会社うけざらのもとに、もどかしい想いを抱えた学生たちからのリアルな声が届いていました。学生時代にしか味わえないたった一度の青春。同社は彼らが心から笑顔になれるような「何か」ができないかずっと考えていました。

そんな中、藤枝市がシティプロモーションのための動画を制作しようとしていることを知り、「若者のチャレンジが多くの人に届き、未来を担う彼らの希望の光になるようなものを作りたい」という想いが合致。

うけざらが強みとするZ世代マーケティングのノウハウを活用し、Z世代を主役とした藤枝市の魅力発信動画を制作することとなりました。

■完成した動画はこちら
https://www.fujiedachannel.jp/video/?ha=EbXiDvEA7cM

■静岡県藤枝市ホームページ
https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/index.html

Z世代を巻き込んだシティプロモーション

1.Z世代が持つ拡散力
街のプロモーションを加速させるためには、WEB施策が欠かせません。中でも15〜25歳のデジタルネイティブ層のZ世代の拡散力を活用し、実際に体験、発信してもらうことが最も効果的なプロモーションに繋がると考えました。

2.新たな街の魅力を発見

撮影に長けたZ世代の学生カメラマンに街の魅力を感じてもらうことで、今までにないリアルな街の魅力を届けることができると考えました。藤枝市に訪れたことがない全国の学生カメラマンを招待することで、住んでいる人たちさえ気づけていない藤枝市の新しい魅力を発見してもらうことができます。この「新しい魅力」を発見し、全国に発信することこそがアフターコロナの交流人口誘導の増加に繋げる鍵になると考えました。

3.共感から生まれる認知拡大
シティプロモーション動画でありながら、「青春ドキュメンタリームービー」を彷彿とさせるような情緒あふれる動画を制作することで、共感の輪が広がることを狙いました。また、それと同時に学生カメラマンにもSNSを通じたプロモーション(※)に参加してもらうことで、同世代への拡散を図りました。シティプロモーションでは珍しい若者目線であることの「話題性」を通して、幅広い世代へのリーチを狙い、動画を通じて「あの街へ行ってみたい」という気持ちが生まれる仕掛けにしました。

※Instagram上で「#えーら藤枝」というハッシュタグを用いたフォトコンテストを開催。審査で選ばれた作品は、藤枝市公式の広告として使用される。

動画のテーマ

「お茶と歴史の街 藤枝を巡る」 #えーら藤枝

Instagramで募った全国の学生カメラマンを藤枝市に招待し、彼らが見つけた藤枝市の魅力をカメラで撮影する様子を動画に収めました。
また、学生カメラマンが撮影した実際の写真を動画内で使用することで、藤枝市の新しい魅力が感じられる、一味違ったシティプロモーション動画を作り上げることができました。

学生カメラマンが撮影した作品はインスタグラムハッシュタグ「#えーら藤枝 #藤枝PR隊」にて見ることができます。

藤枝市成人式での放映を実施

2022年1月9日(日)に開催された令和4年藤枝市成人式において、今回制作したシティプロモーション動画が放映されました。同世代が切り取った藤枝市の名所や名物を見て、会場にいる方々も自然と笑顔になりました。

参考:動画で紹介した藤枝市の名所・名物

明治宇津ノ谷トンネル
明治時代の貴重な建造物として、現役のトンネルとしては初めて国の登録有形文化財となっているスポット。
https://fujieda.tokaido-guide.jp/column/26

蔦の細道
平安時代から戦国時代にかけて使われていた峠越えの道。藤枝市の指定文化財。
https://fujieda.tokaido-guide.jp/location/92

岡部宿大旅籠 柏屋
岡部宿を代表する旅籠(=宿)で、2度の焼失を経て江戸時代後期に再建された主屋は、当時の旅籠の様子を見ることができる貴重な歴史資料館となっています。
https://www.city.fujieda.shizuoka.jp/soshiki/sports_bunka/kaidobunka/gyomu/1/1445918000182.html

まるか村松商店
夏はかき氷.抹茶フロート、冬は静岡おでん.大判焼きを提供するお茶屋が営む和カフェ。持ち込み食材を大判焼に入れてもらえます。
https://www.instagram.com/marukamuramatsu/

ラパピージェ ★ふるさと納税返礼品対象
海を渡ってはるばるやってきたイタリア製の薪窯で焼く本格ナポリピッツァの店。
https://lapapige.com/

ななや 藤枝店・自家製菓子工房 ★ふるさと納税返礼品対象
静岡抹茶スイーツファクトリー。世界一濃い抹茶ジェラート、抹茶菓子、お茶の葉等の販売を行っています。
https://nanaya-matcha.com/

株式会社うけざらについて

株式会社うけざらは、企画とマーケティングの会社です。”アイデア”と”伝える力”を武器に、お客様が抱える課題解決のため、動画、WEB広告、SNSなどの中から最も適したソリューションを提案しています。また、Z世代をターゲットとしたInstagramアカウント「SHInRO」も運営。Z世代とともに情報発信や新サービスの開発を行っています。
https://www.instagram.com/shinro_official/

【会社概要】
会社名:株式会社うけざら
所在地:東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
代表者:松本知佳子、山﨑直哉
設立:2020年1月
URL:https://ukezara.tokyo/
事業内容:企画×プロモーション(動画企画制作、SNS企画運用、WEB広告設計運用、YouTube企画運用)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント