12.8 C
Japan
火曜日, 1月 25, 2022

【究極のラストワンマイルデリバリー】JR東日本スタートアップ×207、駅を物流拠点化に実証実験を開始

JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップと、物流業界のラストワンマイルのDX化を目指す207は、1月15日(土)より、ギグワーカーによる自宅までのラストワンマイル配送を活用したエキナカ商品の宅配サービスと、駅の遊休スペースを宅配荷物の物流拠点として活用する実証実験を行います。

JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ 代表取締役社長:柴田 裕)と、物流業界のラストワンマイルのDX化を目指す207株式会社(以下、207 代表取締役社長:高柳 慎也)は、1月15日(土)より、ギグワーカーによるご自宅までのラストワンマイル配送を活用したエキナカ商品の宅配サービスと、駅の遊休スペースを宅配荷物の物流拠点として活用する実証実験を行う。
壊れやすく、賞味期限も短い生スイーツなど、今まで宅配が困難だった商材をエキナカの店頭からギグワーカーが近距離配送を担うことで、自宅までの配送が初めて実現可能となった。

今回、実証実験で購入できるのはエキュート品川の一部商品で、通常は店頭でしか買えない商品が自宅にいながら購入することが可能となる。また、一般の宅配便荷物の物流拠点として品川駅を活用し、エキュート品川の商品と宅配便荷物を共同配送することで、配送にかかる物流費の低減を実現する。

当該の取り組みは、株式会社JR東日本クロスステーション(以下、JR東日本クロスステーション)、株式会社ジェイアール東日本物流(以下、ジェイアール東日本物流)の協力を得て実施される。

実証実験概要

駅の物流拠点化による究極のラストワンマイルデリバリー

店舗:鶏と玉子太郎、丸八、銀座甘楽、てとて、自由が丘蜂の家、日本橋だし場 OBENTO、
   パティスリーQBG、Mr.Chicken鶏飯店 ※順次追加予定

期間:2022年1月15日(土)~2月28日(月)

対象:配送エリア
    高輪エリア
    ・港区高輪2丁目、3丁目、4丁目
    白金台エリア
    ・港区白金台1丁目、2丁目、3丁目
    品川エリア
    ・品川区東五反田3丁目、東五反田4丁目

申込方法:WEBサイト「ネットでエキナカ」にて受付(注文の締め切り:2日前15時)
https://www.net-ekinaka.com/

キャンペーン:注文した方にJRE POINTを500ポイントプレゼント
※先着100名限定

キャンペーンバナー
商品例

JR東日本スタートアッププログラムとは

ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムである。2017年度に初めて開催し、今回までに合計94件の提案を採択。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取り組みは実用化に至った。なお、内閣府主催の2018年度第1回日本オープンイノベーション大賞において、経済産業大臣賞を受賞、2020年度第3回同賞において、環境大臣賞を受賞している。

207とは

207は「いつでもどこでもモノがトドク世界的な物流ネットワークを創る」をコーポレートミッションに掲げ、2019年9月より物流・配送利用者向けに再配達問題を解決する『TODOCU』、2020年2月より配達員向け配送効率化アプリ『TODOCUサポーター』を提供し、現在18,000ユーザーに利用されている。さらに、2020年5月には人々の空き時間を利用して荷物を配達するシェアリング型宅配サービス『スキマ便』、同年12月には物流・配送・小売事業者向けの配送管理システム『TODOCUクラウド』の提供を行っている。

社名JR東日本スタートアップ
設立2018年2月
所在地東京都港区高輪2-21-42 Tokyo Yard Building7F
代表者代表取締役社長 柴田 裕
事業概要事業シーズや先端技術の調査・発掘、ベンチャー企業への出資及びJR東日本グループとの協業推進
URLhttps://jrestartup.co.jp/
社名JR東日本クロスステーション
設立2021年4月
所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-8 サウスゲート新宿ビル6階
代表者代表取締役社長 西野 史尚
事業概要小売業、卸売業等
URLhttps://www.jr-cross.co.jp/
社名ジェイアール東日本物流
設立1988年10月
所在地東京都墨田区錦糸三丁目2番1号
代表者代表取締役社長 野口 忍
事業概要貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、港湾運送事業、倉庫業等
URLhttp://www.jrbutsuryu.jregroup.ne.jp/
社名207(ニー・マル・ナナ)
設立2018年1月
所在地東京都目黒区目黒3−16−9
代表者代表取締役 高柳 慎也
事業概要物流業界のラストワンマイルをDX化する事業の運営
URLhttps://207-inc.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント