12.8 C
Japan
土曜日, 10月 23, 2021

スマートホームカメラ「ATOM Camシリーズ」に新版アプリ登場!2つのIoTハブとの連携が進化!

アトムテック株式会社は、スマートホームカメラ ATOM Camシリーズの専用アプリ「ATOMアプリ」の新版をリリース。Amazon Alexaとの連携に新機能を追加し、新たにGoogle Homeとの連携も可能にしました。Amazon Alexaとの連携では音声によるモード切換機能を追加。新たにGoogle Homeとの連携を行い、Google Nest HubでATOM Camのライブ映像をハンズフリーで見られるようにしました。

「ATOM Cam」とは

IoT製品を開発・製造販売するアトムテック株式会社が展開するATOM Camは、スマートフォンとWi-Fi環境(2.4GHz)があれば、設置場所の映像をどこからでもリアルタイムに見ることができるエッジAI搭載のネットワークカメラ。専用アプリで簡単に設定・操作ができ、留守中のペットや別部屋の赤ちゃん、離れて暮らす高齢者の見守り、戸建て・マンションの防犯監視とさまざまな目的・場所で利用できます。

キュービックでコンパクトな筐体に、1080PフルHD、カラーナイトビジョン(高感度CMOSセンサー)、動体検知をはじめ、高品質で豊かなスマートホームライフに繋がる機能を数多く搭載しながら、初代ATOM Camでは税込2,500円(送料別)という最廉クラスの価格を実現。昨年5月の正式発売から1年4ヵ月で54,000台を超す累計販売台数に達したIoTプラットフォームです。

最新主力機種「ATOM Cam 2」(税込2,980円)は、新たにIP67完全防水仕様で設計した設置場所を選ばない第2世代機。2021年5月に発売し、9月末の時点で45,000台の累計販売台数となっています。
※D2C自社販売サイト「ATOMストア」およびAmazon、楽天にての販売。

「ATOMアプリ」の新版について

ATOMアプリ」は、スマートホームカメラ ATOM Cam(アトムカム)シリーズ専用のアプリ。この度リリースされた新版は、Amazon Alexaとの連携に新機能を追加し、新たにGoogle Homeとも連携。また、 音声によるモード切り換え操作や、ハンズフリー閲覧も可能としました。

同アプリは、Amazon AlexaとGoogle Homeというスマートホームライフを提供する2つのIoTハブとの連携を通じて、ATOM Camを進化させ、ユーザーへの新たな利便性と楽しさの提供を目指しています。新機能はいずれも既存ユーザーを含めて無償で提供されます。

Amazon Alexaとの連携で、音声によるモード切換機能を追加

Amazon Alexa認定取得済みのATOM Cam 2は、従来もAlexa音声アシスタントと連携して、ATOM Cam 2の撮影映像をAmazon Echo Show各機種への音声入力による操作で視聴・確認することが可能でした。今般これに、ATOM Cam 2カメラモードの切り換えをAlexaへの音声による指示で可能にする新機能を追加してアップデートをしました。

新機能として実装したモードは以下の3通り。どのモードも最初に「アレクサ、<カメラ名>を見せて」と対象カメラを呼び出してからコマンド操作(=音声で語りかけて指示)します。音声操作コマンド内の<玄関>、<リビング>などは、設置時にユーザーが設定した、カメラの名前です。

1 警備モード開始
「アレクサ、<玄関>を警備して」
→カメラ電源ON(スリープOFF)/モーション検知ON
※外出時、玄関を出る時に(例)
2 警備モード解除
「アレクサ、<リビング>をオフにして/待機モードにして/警備を解除して」
→カメラ電源OFF(スリープON)/モーション検知OFF
※外出から帰宅した際に、リビングでのペットの見守り終了(例)
3 在宅モード開始
「アレクサ、<子ども部屋>をオンにして/在宅モードにして」
→カメラ電源ON(スリープOFF)/モーション検知した際にアマゾン エコー 音声アラート
※子ども部屋で、就寝中の子どもが起きてしまった
★アマゾン エコーの音声メッセージ例:<子ども部屋>からモーションが検知されました。
※(ほかの例)裏庭で不審者を検知した場合
★アマゾン エコーの音声メッセージ例:<裏庭>からモーションが検知されました。

ATOM Cam 2の利用を便利にするこの新機能は、アトムテックが規定するIoT製品のフェイズを3段階で表す分類で、Phase-2となる口頭(音声)によるモード操作を実現しています。
※Phase-1:アプリ利用に手動入力して操作/ Phase-3:システムが自動(自律)で必要な操作を行う。

Google Homeとの連携を開始

新たにIoTハブのGoogle HomeプラットフォームとATOM Cam 2との連携を開始。Google HomeアプリからATOM Cam 2との連携をとり、各カメラのアプリへの登録をすれば設定は完了です。

「OK Google、<カメラ名>を見せて」と話しかける音声入力のみで、当該カメラのライブ映像をハンズフリーで見ることができます。対応機種はディスプレーを搭載したGoogle Nest Hub。

ATOM Camシリーズの製品特長・概要

ATOM Camは、スマートホームカメラでアトムテック独自のプラットフォームです。高解像度1080PフルHDによる鮮明映像、月明かり程度の光があればカラーで撮れるカラーナイトビジョン(高感度CMOSセンサー)、暗闇でも9m先までモノクロで鮮明に映せる赤外線ナイトビジョンを搭載。画角は120°。回転・伸縮で、高さ・角度が自在に調節できる3軸ベース構造のスタンド部を装備し、取り付け場所を選びません。現行主力のATOM Cam 2はIP67完全防水防塵仕様。屋外設置が可能で、全天候対応型です。

動体検知、14日間無料クラウドストレージ(1クリップ12秒以内、※1)、国内AWSセキュアクラウド、最大32GBのmicroSDカードローカル保存、双方向同時通話、音声検知、Alexa連携、アクティビティゾーン設定、4画面同時再生マルチスクリーン、タイムラプス機能、8倍デジタルズーム、と圧倒的な機能を実装しています。
※1オプションで録画時間無制限で動体検出中のデータを保存する有料サービスを提供

高性能1.5G CPU(+128MB DDR)搭載により、クラウドサーバー上でなくEdge AI としてATOM Cam本機で特定のAI分析ができ、2月に一般販売開始となったシリーズ新製品「ATOM Sensor」において、AI人体検知、AI犬猫検知、開閉センサー連動、モーションセンサー連動の各機能を実装済み。飲食店などで“密”を防ぐ、その時間に店内にいる人数をリアルタイムでカウントし表示する「AI人数カウントサービス」を月額500円(税込)のサブスクリプションモデルで提供しています。

【アトムテック株式会社について】

アトムテックは、IoT製品のあるべき姿を追求し、社会に貢献していくことを目的に2019年8月に設立されたベンチャーです。主力ベンダーが高機能な製品を高価格で販売する市場の中、最新技術をリーズナブルな価格で提供することがIoT普及の鍵とみて、業界常識を打破した製品開発を期して事業活動を開始。

スローガンは「日本のスマートホーム製品に革命を起こす」。解となる製品、ユーザーエンゲージメントの高い製品を開発し、社会に根付かせ世の中を便利にして、IoT時代に日本が再び世界をリードしていくことを目標としています。

理念を具現化したIoTプラットフォーム「ATOM Cam」は、2020年にリリースした当初からユーザー市場に受容され多くの支持を獲得しています。今後もソフトウエア技術力と製品開発力を活かし、ユーザーリクエストに的確に対応する中で、ATOM Camを継続進化させ、IoT世界の普及進展に努めていきます。

<会社概要>

会社名:アトムテック株式会社(ATOM tech Inc.)
所在地:神奈川県横浜市西区高島2丁目11-2 スカイメナー横浜422
代表者:代表取締役 青山 純(あおやま じゅん)
設 立:2019年8月
資本金:6,344万円(資本準備金含む)
事業内容:IoT製品の開発・製造・販売
オフィシャルサイト:https://www.atomtech.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント