12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

スマートホームカメラ「ATOM Camシリーズ」に新版アプリ登場!2つのIoTハブとの連携が進化!

アトムテック株式会社は、スマートホームカメラ ATOM Camシリーズの専用アプリ「ATOMアプリ」の新版をリリース。Amazon Alexaとの連携に新機能を追加し、新たにGoogle Homeとの連携も可能にしました。Amazon Alexaとの連携では音声によるモード切換機能を追加。新たにGoogle Homeとの連携を行い、Google Nest HubでATOM Camのライブ映像をハンズフリーで見られるようにしました。

「ATOM Cam」とは

IoT製品を開発・製造販売するアトムテック株式会社が展開するATOM Camは、スマートフォンとWi-Fi環境(2.4GHz)があれば、設置場所の映像をどこからでもリアルタイムに見ることができるエッジAI搭載のネットワークカメラ。専用アプリで簡単に設定・操作ができ、留守中のペットや別部屋の赤ちゃん、離れて暮らす高齢者の見守り、戸建て・マンションの防犯監視とさまざまな目的・場所で利用できます。

キュービックでコンパクトな筐体に、1080PフルHD、カラーナイトビジョン(高感度CMOSセンサー)、動体検知をはじめ、高品質で豊かなスマートホームライフに繋がる機能を数多く搭載しながら、初代ATOM Camでは税込2,500円(送料別)という最廉クラスの価格を実現。昨年5月の正式発売から1年4ヵ月で54,000台を超す累計販売台数に達したIoTプラットフォームです。

最新主力機種「ATOM Cam 2」(税込2,980円)は、新たにIP67完全防水仕様で設計した設置場所を選ばない第2世代機。2021年5月に発売し、9月末の時点で45,000台の累計販売台数となっています。
※D2C自社販売サイト「ATOMストア」およびAmazon、楽天にての販売。

「ATOMアプリ」の新版について

ATOMアプリ」は、スマートホームカメラ ATOM Cam(アトムカム)シリーズ専用のアプリ。この度リリースされた新版は、Amazon Alexaとの連携に新機能を追加し、新たにGoogle Homeとも連携。また、 音声によるモード切り換え操作や、ハンズフリー閲覧も可能としました。

同アプリは、Amazon AlexaとGoogle Homeというスマートホームライフを提供する2つのIoTハブとの連携を通じて、ATOM Camを進化させ、ユーザーへの新たな利便性と楽しさの提供を目指しています。新機能はいずれも既存ユーザーを含めて無償で提供されます。

Amazon Alexaとの連携で、音声によるモード切換機能を追加

Amazon Alexa認定取得済みのATOM Cam 2は、従来もAlexa音声アシスタントと連携して、ATOM Cam 2の撮影映像をAmazon Echo Show各機種への音声入力による操作で視聴・確認することが可能でした。今般これに、ATOM Cam 2カメラモードの切り換えをAlexaへの音声による指示で可能にする新機能を追加してアップデートをしました。

新機能として実装したモードは以下の3通り。どのモードも最初に「アレクサ、<カメラ名>を見せて」と対象カメラを呼び出してからコマンド操作(=音声で語りかけて指示)します。音声操作コマンド内の<玄関>、<リビング>などは、設置時にユーザーが設定した、カメラの名前です。

1 警備モード開始
「アレクサ、<玄関>を警備して」
→カメラ電源ON(スリープOFF)/モーション検知ON
※外出時、玄関を出る時に(例)
2 警備モード解除
「アレクサ、<リビング>をオフにして/待機モードにして/警備を解除して」
→カメラ電源OFF(スリープON)/モーション検知OFF
※外出から帰宅した際に、リビングでのペットの見守り終了(例)
3 在宅モード開始
「アレクサ、<子ども部屋>をオンにして/在宅モードにして」
→カメラ電源ON(スリープOFF)/モーション検知した際にアマゾン エコー 音声アラート
※子ども部屋で、就寝中の子どもが起きてしまった
★アマゾン エコーの音声メッセージ例:<子ども部屋>からモーションが検知されました。
※(ほかの例)裏庭で不審者を検知した場合
★アマゾン エコーの音声メッセージ例:<裏庭>からモーションが検知されました。

ATOM Cam 2の利用を便利にするこの新機能は、アトムテックが規定するIoT製品のフェイズを3段階で表す分類で、Phase-2となる口頭(音声)によるモード操作を実現しています。
※Phase-1:アプリ利用に手動入力して操作/ Phase-3:システムが自動(自律)で必要な操作を行う。

Google Homeとの連携を開始

新たにIoTハブのGoogle HomeプラットフォームとATOM Cam 2との連携を開始。Google HomeアプリからATOM Cam 2との連携をとり、各カメラのアプリへの登録をすれば設定は完了です。

「OK Google、<カメラ名>を見せて」と話しかける音声入力のみで、当該カメラのライブ映像をハンズフリーで見ることができます。対応機種はディスプレーを搭載したGoogle Nest Hub。

ATOM Camシリーズの製品特長・概要

ATOM Camは、スマートホームカメラでアトムテック独自のプラットフォームです。高解像度1080PフルHDによる鮮明映像、月明かり程度の光があればカラーで撮れるカラーナイトビジョン(高感度CMOSセンサー)、暗闇でも9m先までモノクロで鮮明に映せる赤外線ナイトビジョンを搭載。画角は120°。回転・伸縮で、高さ・角度が自在に調節できる3軸ベース構造のスタンド部を装備し、取り付け場所を選びません。現行主力のATOM Cam 2はIP67完全防水防塵仕様。屋外設置が可能で、全天候対応型です。

動体検知、14日間無料クラウドストレージ(1クリップ12秒以内、※1)、国内AWSセキュアクラウド、最大32GBのmicroSDカードローカル保存、双方向同時通話、音声検知、Alexa連携、アクティビティゾーン設定、4画面同時再生マルチスクリーン、タイムラプス機能、8倍デジタルズーム、と圧倒的な機能を実装しています。
※1オプションで録画時間無制限で動体検出中のデータを保存する有料サービスを提供

高性能1.5G CPU(+128MB DDR)搭載により、クラウドサーバー上でなくEdge AI としてATOM Cam本機で特定のAI分析ができ、2月に一般販売開始となったシリーズ新製品「ATOM Sensor」において、AI人体検知、AI犬猫検知、開閉センサー連動、モーションセンサー連動の各機能を実装済み。飲食店などで“密”を防ぐ、その時間に店内にいる人数をリアルタイムでカウントし表示する「AI人数カウントサービス」を月額500円(税込)のサブスクリプションモデルで提供しています。

【アトムテック株式会社について】

アトムテックは、IoT製品のあるべき姿を追求し、社会に貢献していくことを目的に2019年8月に設立されたベンチャーです。主力ベンダーが高機能な製品を高価格で販売する市場の中、最新技術をリーズナブルな価格で提供することがIoT普及の鍵とみて、業界常識を打破した製品開発を期して事業活動を開始。

スローガンは「日本のスマートホーム製品に革命を起こす」。解となる製品、ユーザーエンゲージメントの高い製品を開発し、社会に根付かせ世の中を便利にして、IoT時代に日本が再び世界をリードしていくことを目標としています。

理念を具現化したIoTプラットフォーム「ATOM Cam」は、2020年にリリースした当初からユーザー市場に受容され多くの支持を獲得しています。今後もソフトウエア技術力と製品開発力を活かし、ユーザーリクエストに的確に対応する中で、ATOM Camを継続進化させ、IoT世界の普及進展に努めていきます。

<会社概要>

会社名:アトムテック株式会社(ATOM tech Inc.)
所在地:神奈川県横浜市西区高島2丁目11-2 スカイメナー横浜422
代表者:代表取締役 青山 純(あおやま じゅん)
設 立:2019年8月
資本金:6,344万円(資本準備金含む)
事業内容:IoT製品の開発・製造・販売
オフィシャルサイト:https://www.atomtech.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント