12.8 C
Japan
土曜日, 10月 23, 2021

エンタメ業界とDXタレントをマッチング!「playground borderless」を正式リリース

playground株式会社は、複業・フリーランスのDXタレント(エンジニア・デザイナー・動画クリエイター等)で組織されたフルリモート開発チームから成るマッチングサービス「playground borderless」を立ち上げました。2020年10月よりテストリリースを行い、現在では20以上の開発実績と、約20名のDXタレント組織へと成長。このタイミングで、改めて「playground borderless」を正式リリースすることとなりました。

「playground borderless」立ち上げの背景

一見するとホログラムやAR/VRなどの最先端技術を取り入れていることからデジタル最前線にいると思われがちなエンタメ領域ですが、その実はまだまだアナログな部分が多く、特に大きな企業ほど昔からのやり方や文化がそのまま根付いている傾向にあります。その背景には、エンタメ業界にはまだDXを推進する為の人材が不足している、外部からDX担当者を雇うための資金が不足している、といった課題が存在しています。

加えて、エンタメ業界はとにかく関わるプレイヤーが多く、DXを進めたくても様々なステークホルダーの事情を考慮しなければならず、スムーズには進まないといった理由や、そもそもエンタメとデジタルの両面を深く理解している人材がまだまだ不足しているといった課題もあります。

対して、世のエンジニアやデザイナーの中にはエンタメが大好きで、デジタルへの理解も深いにも関わらず「コネクションがない」、「本業があって時間の都合を付けづらい」、「機会や収入面で本業として取り組めない」などの理由でエンタメのDX支援をしたいのに出来ない、という方々が数多くいます。

これらの事情を踏まえ、エンタメ業界/IT業界、両方の課題が理解出来playgroundが間に立ち、エンタメ企業とDXタレントの架け橋となり、エンタメDXを推進するべく、「playground borderless」は始まりました。

「playground borderless」の仕組み

playground borderless」は、複業・フリーランスのDXタレントと案件のマッチングサービスです。「playground borderless」がエンタメ企業のニーズを取りまとめ、DXタレントとマッチングすることでエンタメDXの課題を解決します。

昨年10月のテストリリース以降、某出版社のWebデザインや某芸能プロダクションのECサイト機能開発など、20以上の実績を積み重ねています。

実績詳細などはこちら▶︎https://borderless.playground.live

「playground borderless」はDXに悩むエンタメ企業とエンタメが大好きなDXタレント(エンジニア・デザイナー・動画クリエイター等)をつなげ、コロナ禍においてダメージを受けた業界の復興を推進します。

「playground borderless」が提供する価値

playground borderlessは以下の価値を提供し、企業と個人のニーズに沿ったマッチング機会を創出します。

【エンタメに貢献したいDXタレントの方々に対して

  1. スポーツ・エンタメ業界のDX支援機会の提供
  2. 本業外でのスキルアップ機会の提供
  3. 本業意外での収益源の提供
  4. 時間、場所に囚われず案件獲得が出来る機会の提供

【エンタメをDXしたい開発依頼企業に対して】

  1. DXの推進
  2. スポーツ・エンタメ業界の知見を持った人材によるプロジェクトマネジメント
  3. 技術試験を突破したベテラン開発人材による開発支援
  4. DXコンサルタント支援

サービスページはこちら▶︎https://borderless.playground.live
※案件依頼&採用応募も上記ページより受け付けています。

メンバー紹介(一部抜粋)

playground borderless 事業責任者 鈴木氏のコメント

playground borderlessは2020年10月にテストスタートしてから、100件以上の面談を経て、厳選した20名以上のシニアエンジニア・デザイナーに登録いただき、大小20件以上のプロジェクトを完了してきました。

その中で、スポーツ・エンタメ業界のDXニーズがあるにも関わらず、思うように進んでいないこと、そして同時に、推進できる人材が世の中には眠っていることを改めて認識しました。

playground borderlessに任せることで、エンタメ領域の企業はDX出来、DXタレントはそこに貢献できる。

DXに悩むスポーツ・エンタメ業界の企業様とエンタメに関わりたいDXタレントを結び、エンタメのDXを推進していく事こそがborderlessの役目であり、想いです。

playground株式会社 概要

「夢を与える仕事を、夢の職業にする。」をミッションに、スポーツや音楽などのエンターテイメント領域のDXを推進し、収益性の向上支援を行うスタートアップ。電子チケット、ライブ配信などスポーツ・エンタメの包括的なDXを推進するエンタメDXプラットフォーム「MOALA」をチケットぴあ、吉本興業などに提供。
 
■社名:playground株式会社(playground Co., Ltd.)
■代表者:代表取締役 伊藤 圭史
■所在地:東京都渋谷区東2-27-10 TBCビル 6F
■設立:2017 年6 月1 日
■事業内容:エンタメDX支援プラットフォーム「MOALA」の提供、
音楽ライブ配信まとめメディア「#おうちライブ」の運営、
お笑いライブ検索メディア「ワラリー!」の運営、
コンサルティング・SIサービスの提供
■URL:https://playground.live

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント