12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

MELON が「マインドフルネスサロン」オープンに伴い、クラウドファンディングを開始!

MELONは、東京・渋谷に「マインドフルネスサロン」をオープンします。また、同サロンのオープンに伴いクラウドファンディングを開始しました。
MELONはこれまで、気軽に自宅でマインドフルネスを実践できるオンラインサービス「MELON ONLINE」を展開してきましたが、この度、人と人が直接つながれる温かいリアルの場を提供したいという想いから、マインドフルネス専門のサロンをオープンすることとなりました。

マインドフルネスサロンの概要

同サロンは、日本では数少ないマインドフルネス専門のサロンとなります。利用者が気持ちよくマインドフルネスを実践できるよう、様々な工夫が凝らす予定です。

またクラスへの参加だけでなく、他の利用者とも交流できるよう、心のサードプレイスとして渋谷の街に根づいたコミュニティを作っていきます。

レッスンは、MELON自慢のインストラクター陣が担当します。一般社団法人マインドフルネス瞑想協会理事であり、「MELONのチーフ・マインドフルネス・オフィサーの吉田昌生氏」もクラスを担当する予定です。

提供するプログラムは、MELON ONLINEでも配信している「Basic」「Heart」「Focus」などマインドフルネスの基礎から、人気の「Mindfulness Yoga」や「Body Care」など身体を使うものまで幅広いプログラムを用意します。

オープン予定 : 2021年12月1日
場所:東京都渋谷区
最寄駅:渋谷駅から徒歩8分、恵比寿駅から徒歩9分

マインドフルネスサロンのサービスについて

<ハーブティーの提供>
毎回のクラス前後にオリジナルでブレンドした様々な種類のオーガニックハーブティーを無料で提供します。

<サウンドシステム>
音楽や音を使った瞑想プログラムを提供する予定です。そのために現在オリジナルのプログラムを開発しており、こだわりのサウンドシステムを導入することで没入感のある瞑想体験を味わうことができます。

クラウドファンディングの概要

サロンのオープンにあたり、このプロジェクトを支援していただける方を募集しております。

同サロンは基本的には会員専用のサロンとなる予定ですが、今回このプロジェクトを支援していただいた方には、外部公開前に優先的にサロンを利用できるようにします。
また、月額プランの購入者には、リターンの有効期間終了後もお得にご利用いただける月額プランも用意する予定です。
※ 月額会員数は150名様を限度に締め切る予定です。

サロンの正規料金は以下の通りですが、クラウドファンディングではリターンとしてお得にプランを用意しておりますので、ぜひご確認ください。
※ 募集状況では、既に完売しているプランもございますので予めご了承ください。

お得なプランやクラウドファンディングの詳細はこちらをご覧ください。
▶︎https://readyfor.jp/projects/meditation

※ 感染症対策は万全に行う予定です。温度センサー、アルコール消毒、換気システムの他、インストラクターとスタッフのワクチン摂取を必須とし、またクラス中もマスク着用を推奨します。その他、気になる点がありましたらお問い合わせください。

プロジェクト立ち上げの背景

気軽に自宅で実践できるオンラインマインドフルネスサービス「MELON ONLINE」は好評を博し、「このようなサービスを待っていた。」「初めてマインドフルネスを継続できた。」という声が寄せられました。

このままオンラインのサービスのみの継続を考えていたのですが、今度はまた違う声が利用者から寄せられるようになりました。

「やっぱり人と人が直接つながれる場が欲しい・・。」
「インストラクターの先生に会ってみたい!」
「コロナがあけたらリアルに集まりたい・・。」

このような利用者の声により、やはり人と人とが直接つながれるコミュニティより温かい場所はない、ということに気づかされました。そこで、ワクチンが普及し始めたタイミングで、東京・渋谷にマインドフルネスサロンをオープンすることを決定しました。

株式会社Melonについて

MELONは、米国の大学や研究機関で効果が認められたエビデンスをベースに、初心者にも取り組みやすく、継続しやすい、科学的なアプローチに基づいたマインドフルネス・プログラムを開発し、法人・個人のお客様に提供することを目的に設立されたスタートアップです。

日本中に “メディテーションする場” をつくり、マインドフルネス・カルチャーを広め、日本・世界のウェルビーイングを向上させることをミッションとして活動しています。

会社名:株式会社Melon
所在地:東京都港区南青山4-18-21 南青山スカイハイツ113
代表者:代表取締役 CEO 橋本 大佑
設立:2019年4月22日
URL:https://www.the-melon.com

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント