12.8 C
Japan
日曜日, 10月 17, 2021

【オンライン開催】名古屋市主催!「社会課題解決型スタートアップの新潮流〜ユニコーンに限らない「ゼブラ」という成長モデル〜」

名古屋地域から社会起業家のエコシステム発展に向けた事業を展開する「株式会社UNERI」は、2021年10月15日、名古屋市主催事業として開催する「社会課題解決型スタートアップの新潮流 〜ユニコーンに限らない「ゼブラ」という成長モデル〜」にて運営事務局を務めます。
本イベントは、国内外における社会課題解決型スタートアップの議論を先導する2名を講師として招き、社会課題解決を目指す起業家に必要とされる成長モデルについて理解を深めるものです。

イベント開催の背景

成熟社会である日本では、行政だけでは担えない複雑性の高い社会課題が数多く存在しています。その担い手は今まで大企業のCSR活動やNPO法人が主でした。しかし、この数年でVCを中心に投資資金が社会課題解決の市場に流れるようになりました。それに伴い、世界中で社会課題を解決しながら成長を遂げる株式会社が多数現れています。

これらの社会課題解決型スタートアップは欧州を中心に盛り上がりを見せており、欧州では既に社会課題解決型スタートアップへVC等から資金が集まる状況が生まれています。

日本でも数多くの社会課題解決型スタートアップの萌芽が確認されています。社会課題を解決しながら成長を遂げるユニファ株式会社は、事業の成長を通した社会課題の解決を目指している会社です。同社は2019年・2021年に「社会的インパクト投資」という経済的なリターンと社会的なリターンの両立を目指す投資で資金調達を行い、現在も事業拡大を続けています。

また、同イベントの運営事務局を務めるNagoya Innnovation Gatewayが380名を超えるスタートアップ・エコシステム関係者へのヒアリングを行う中で、名古屋地域には「社会課題の解決」を目的として拡大を志向する社会課題解決型のスタートアップが数多く存在することが分かりつつあります。一方で、そのような企業に対する支援体制はまだ十分に整っておらず、起業家は中々適切な情報にありつけないのが現状です。

これらの状況を踏まえ、欧州の最前線の事例や日本における最先端の議論を参照しつつ、興隆を見せる社会課題解決型スタートアップの成長戦略求められる金融システムのあり方などについて考えを深めるイベントを開催します。

イベント概要

▼詳細
・日時         :2021年10月15日(金)19:00-21:00
・場所         :オンライン(Zoom)
・言語         :日本語
・参加費      :無料
・定員         :100名
・参加対象   :起業家、コミュニティマネージャー、起業支援者 等
・参加申込   :専用Webサイト(Peatix)から10月14日までにお申し込みください。
       URL:https://gateway-5.peatix.com/

▼実施内容
・欧州のソーシャルアントレプレナーシップについての講演
・社会課題解決型スタートアップ(ゼブラ企業)についての講演
・名古屋地域で活動する社会課題解決型スタートアップの公開メンタリング

講師紹介

田淵 良敬 氏
株式会社Zebras and Company 共同創業者 / 代表取締役

日商岩井株式会社(現双日株式会社)を退職後、LGT Venture Philanthropy(リヒテンシュタイン公爵家によって設立されたインパクト投資機関)、ソーシャル・インベストメント・パートナーズ、SIIFなどで国内外のインパクト投資に従事。グローバルな経験・産学ネットワークから世界的な潮流目線での事業のコンセプト化、経営支援、海外パートナー組成を得意とする。2021年3月にZebras and Companyを共同創業。同志社大学卒、IESE Business SchoolでMBA取得。Tokyo Zebras Unite 共同創設者、Cartier Women’s Initiative東アジア地区審査員長。Impact Collective審査員・メンター。

Dr. Concepción Galdón
IE University Social Innovation Director & Academic Lead

Concepción Galdón教授はIE大学でEntrepreneurship and Innovationの教鞭をとる傍ら、ソーシャル・イノベーション・ディレクター/アカデミック・リードとしても活動しています。また、Galdón教授は2009年に共同で設立したソーシャルベンチャーPuentes Globalの社長、Ashoka・Spainのベンチャー委員会や、複数のインパクトファンドの投資委員会のメンバーも兼任しています。
Galdón教授は、マドリード自治大学で経済を学び、ハーバード・ケネディ・スクールで行政学と国際開発の修士号を取得しました。マドリードのコンプルテンセ大学で国際経済と開発の博士号を取得し、博士論文の優秀賞を受賞しました。博士課程では、社会起業におけるテクノロジーの利用について研究しています。
過去には、NGOの設立、国連の調達任務、サンタンデール銀行のラテンアメリカ部門、2011年にノーベル平和賞を受賞したエレン・ジョンソン・サーリーフ政権下のリベリア政府などに携わってきました。

【担当コーディネーター 河合将樹氏のコメント】

「全ての起業家が、本当に心から急成長を目指しているのでしょうか?」

これまでに法人格・年齢・国籍を問わず600名以上の起業家の方々と出会う機会がありましたが、全員がVCが求めるような急成長を望んでいるとは、私には到底思えませんでした。

ユニコーン至上主義は、ある種の、「東大を目指す受験生」と同じ構図だと感じ、少なからず違和感を覚えていました。あるべき理想の姿は、それぞれの成長モデルに合った適切なお金の形・お金の色が存在し、自由に成長モデルを選択できる世界なのではないでしょうか?

その1つの考え方として、「ゼブラ企業」という概念があると思います。出資・融資・クラウドファンディング・寄付など、お金の形も多様であるように、成長モデルも法人格も、もっと多様でいいと思います。今回の機会を通して、1人でも多くの起業家が、自分の「在り方」を見直す機会になれば幸いです。

運営情報

▼主催情報
名古屋市経済局 スタートアップ支援室
TEL : 052-972-3046 / FAX : 052-972-4135
名古屋スタートアップ推進ポータルサイト
▶︎https://nagoya-innovation.jp/

▼運営事務局情報
NAGOYA INNOVATION GATEWAY運営事務局:株式会社UNERI
(担当コーディネーター:株式会社UNERI 代表取締役 河合将樹)
▶︎https://uneri.co.jp/
NAGOYA INNOVATION GATEWAY Webページ
▶︎https://nagoyainnovationgateway.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント