12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

【オンライン開催】名古屋市主催!「社会課題解決型スタートアップの新潮流〜ユニコーンに限らない「ゼブラ」という成長モデル〜」

名古屋地域から社会起業家のエコシステム発展に向けた事業を展開する「株式会社UNERI」は、2021年10月15日、名古屋市主催事業として開催する「社会課題解決型スタートアップの新潮流 〜ユニコーンに限らない「ゼブラ」という成長モデル〜」にて運営事務局を務めます。
本イベントは、国内外における社会課題解決型スタートアップの議論を先導する2名を講師として招き、社会課題解決を目指す起業家に必要とされる成長モデルについて理解を深めるものです。

イベント開催の背景

成熟社会である日本では、行政だけでは担えない複雑性の高い社会課題が数多く存在しています。その担い手は今まで大企業のCSR活動やNPO法人が主でした。しかし、この数年でVCを中心に投資資金が社会課題解決の市場に流れるようになりました。それに伴い、世界中で社会課題を解決しながら成長を遂げる株式会社が多数現れています。

これらの社会課題解決型スタートアップは欧州を中心に盛り上がりを見せており、欧州では既に社会課題解決型スタートアップへVC等から資金が集まる状況が生まれています。

日本でも数多くの社会課題解決型スタートアップの萌芽が確認されています。社会課題を解決しながら成長を遂げるユニファ株式会社は、事業の成長を通した社会課題の解決を目指している会社です。同社は2019年・2021年に「社会的インパクト投資」という経済的なリターンと社会的なリターンの両立を目指す投資で資金調達を行い、現在も事業拡大を続けています。

また、同イベントの運営事務局を務めるNagoya Innnovation Gatewayが380名を超えるスタートアップ・エコシステム関係者へのヒアリングを行う中で、名古屋地域には「社会課題の解決」を目的として拡大を志向する社会課題解決型のスタートアップが数多く存在することが分かりつつあります。一方で、そのような企業に対する支援体制はまだ十分に整っておらず、起業家は中々適切な情報にありつけないのが現状です。

これらの状況を踏まえ、欧州の最前線の事例や日本における最先端の議論を参照しつつ、興隆を見せる社会課題解決型スタートアップの成長戦略求められる金融システムのあり方などについて考えを深めるイベントを開催します。

イベント概要

▼詳細
・日時         :2021年10月15日(金)19:00-21:00
・場所         :オンライン(Zoom)
・言語         :日本語
・参加費      :無料
・定員         :100名
・参加対象   :起業家、コミュニティマネージャー、起業支援者 等
・参加申込   :専用Webサイト(Peatix)から10月14日までにお申し込みください。
       URL:https://gateway-5.peatix.com/

▼実施内容
・欧州のソーシャルアントレプレナーシップについての講演
・社会課題解決型スタートアップ(ゼブラ企業)についての講演
・名古屋地域で活動する社会課題解決型スタートアップの公開メンタリング

講師紹介

田淵 良敬 氏
株式会社Zebras and Company 共同創業者 / 代表取締役

日商岩井株式会社(現双日株式会社)を退職後、LGT Venture Philanthropy(リヒテンシュタイン公爵家によって設立されたインパクト投資機関)、ソーシャル・インベストメント・パートナーズ、SIIFなどで国内外のインパクト投資に従事。グローバルな経験・産学ネットワークから世界的な潮流目線での事業のコンセプト化、経営支援、海外パートナー組成を得意とする。2021年3月にZebras and Companyを共同創業。同志社大学卒、IESE Business SchoolでMBA取得。Tokyo Zebras Unite 共同創設者、Cartier Women’s Initiative東アジア地区審査員長。Impact Collective審査員・メンター。

Dr. Concepción Galdón
IE University Social Innovation Director & Academic Lead

Concepción Galdón教授はIE大学でEntrepreneurship and Innovationの教鞭をとる傍ら、ソーシャル・イノベーション・ディレクター/アカデミック・リードとしても活動しています。また、Galdón教授は2009年に共同で設立したソーシャルベンチャーPuentes Globalの社長、Ashoka・Spainのベンチャー委員会や、複数のインパクトファンドの投資委員会のメンバーも兼任しています。
Galdón教授は、マドリード自治大学で経済を学び、ハーバード・ケネディ・スクールで行政学と国際開発の修士号を取得しました。マドリードのコンプルテンセ大学で国際経済と開発の博士号を取得し、博士論文の優秀賞を受賞しました。博士課程では、社会起業におけるテクノロジーの利用について研究しています。
過去には、NGOの設立、国連の調達任務、サンタンデール銀行のラテンアメリカ部門、2011年にノーベル平和賞を受賞したエレン・ジョンソン・サーリーフ政権下のリベリア政府などに携わってきました。

【担当コーディネーター 河合将樹氏のコメント】

「全ての起業家が、本当に心から急成長を目指しているのでしょうか?」

これまでに法人格・年齢・国籍を問わず600名以上の起業家の方々と出会う機会がありましたが、全員がVCが求めるような急成長を望んでいるとは、私には到底思えませんでした。

ユニコーン至上主義は、ある種の、「東大を目指す受験生」と同じ構図だと感じ、少なからず違和感を覚えていました。あるべき理想の姿は、それぞれの成長モデルに合った適切なお金の形・お金の色が存在し、自由に成長モデルを選択できる世界なのではないでしょうか?

その1つの考え方として、「ゼブラ企業」という概念があると思います。出資・融資・クラウドファンディング・寄付など、お金の形も多様であるように、成長モデルも法人格も、もっと多様でいいと思います。今回の機会を通して、1人でも多くの起業家が、自分の「在り方」を見直す機会になれば幸いです。

運営情報

▼主催情報
名古屋市経済局 スタートアップ支援室
TEL : 052-972-3046 / FAX : 052-972-4135
名古屋スタートアップ推進ポータルサイト
▶︎https://nagoya-innovation.jp/

▼運営事務局情報
NAGOYA INNOVATION GATEWAY運営事務局:株式会社UNERI
(担当コーディネーター:株式会社UNERI 代表取締役 河合将樹)
▶︎https://uneri.co.jp/
NAGOYA INNOVATION GATEWAY Webページ
▶︎https://nagoyainnovationgateway.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント