12.8 C
Japan
月曜日, 1月 24, 2022

ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」を運営する「pow」が総額5,100万円の資金調達を実施!

株式会社powは、ANOBAKA、East Ventures、土屋尚史氏、柳澤安慶氏、他1名の非公開投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額5,100万円の資金調達を実施しました。また、これまでステルスで運営してきたソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」を正式公開します。

ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」とは

「Skele(スケル)」は、あなたの時間と、あなたの「好き」をつなげる、ソーシャルカレンダーアプリです。大切な人たちとの予定共有に加え、アイドルの出演情報やスポーツチームの試合情報など、様々なコンテンツの予定情報をフォローすることができます。身近な人の予定から、あなたの”推し”の予定まで、世界中の予定情報へのアクセスを可能にすることで、面倒だった予定管理の非合理を解消し、あなたの時間をより豊かにします。

1. 大切な人たちとの予定共有が、驚くほどかんたんに

スケルでは、友人や家族、恋人とかんたんにそれぞれの予定を共有することが可能です。大切な人たちの週末の予定がわかれば、コミュニケーションも、予定計画もより活発になります。もちろん予定ごとの非公開設定など、プライバシーも守りながら共有ができる設計となっています。

2. 予定リクエスト機能で、予定計画の手間をゼロに

「予定リクエスト」機能を使えば、フレンドを予定に招待することが可能です。リクエストを送る側は相手の空いている時間がわかるため予定に誘いやすく、受け取る側も、リクエストを承認するだけで自分のカレンダーへと予定が入ります。もうメッセージでの予定調整のやりとりも、全員がそれぞれ予定を入力 / 管理する必要もありません。

3. あなたの”推し”のイベント情報をフォローできる

「推しカレ」機能であなたの推しをフォローすれば、カレンダーやタイムラインで推しのイベント情報をチェックできます。発見したイベントは、ワンタップで自分のカレンダーに追加することができるため、「ホームページでイベントを調べて、1つずつカレンダーに追加して…」といった煩わしさを解消し、あなたの”推し活”をもっと自由にします。

Skele(スケル)- あたらしいカレンダーアプリ

対応端末:iOS(Androidは今秋リリース予定)
App Store URL:https://apps.apple.com/us/app/id1497104381?l=ja&ls=1
公式Twitter:@Skele_app
公式Instagram:@skele_app

投資家コメント

East Ventures フェロー 大柴 貴紀氏

East Venturesでは創業期に出資させてもらいました。柳澤さんはプロダクトに対して長く向き合い続けることができる起業家だと思っています。多少の波風に右往左往することなく、じっくりと大きな価値を醸成してくれることを期待しています。

ANOBAKA アソシエイト 中 縁嗣氏

代表の柳澤さんとは2年ほど前から友人でした。当時から「ソーシャルカレンダーは絶対来る」と言い続けており、軸のブレなさを非常に尊敬しています。Clubhouse、Dispo、Poparazziなど、グローバルでC向けプロダクトが注目される中、日本からも新たなSNSとしてSkeleが躍進できるよう、ご支援させていただきます!特にバックエンドエンジニアを採用中とのことなので、採用ページを覗いてみてください!

株式会社グッドパッチ 代表取締役社長 土屋尚史氏

同郷で高校の大先輩でもあるファンコミュニケーションズ柳澤社長の紹介でpowの柳澤社長にお会いし、ありそうでなかったカレンダーの課題を高いクオリティのUXで解決してくれるポテンシャルを感じました。まだ若いのに妙なバランス感覚の高さと意志の強さを感じる面もあり起業家としてのポテンシャルも高そうだなと思っています。彼らがどんなスタートアップに成長していくのか楽しみにしています!

株式会社ファンコミュニケーションズ 代表取締役社長 柳澤安慶氏

計画を立てるという行為は、情報を「集める」「共有する」という点においてツール化がまだまだ不十分であり、大変可能性のある分野だと思います。スケルを通じてユーザーに新しいスケジュール体験を提供することで、未来を作り出すポータルになることを期待します。

株式会社pow代表 柳澤 蓮氏コメント

この度、心強い株主の方々にご参画いただき、たいへん嬉しく思います。

誰もが毎日使うスケジューラという領域は、スマートフォンの登場と共に「カレンダーアプリ」として私たちの生活に浸透し、以来ほとんど形を変えずにいます。私たちはソーシャルの力を使い、スケルをユーザーにとって圧倒的な利便性を持つプロダクトへと磨き上げることで、これまでのスケジューラを再定義していきます。

これまでコツコツとプロダクトを磨いてきましたが、今回調達した資金を用いて、開発体制をさらに強化していきます。たくさんの人の生活に根付くプロダクトを作りたいエンジニアの方、デザイナーの方、ぜひお話しさせてください。

株式会社pow(ぱう)について

社名:株式会社pow
代表取締役:柳澤 蓮
取締役:坂下 怜緒
所在地:神奈川県川崎市
事業内容:インターネットサービスの開発・運営

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント