12.8 C
Japan
日曜日, 12月 4, 2022

ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」を運営する「pow」が総額5,100万円の資金調達を実施!

株式会社powは、ANOBAKA、East Ventures、土屋尚史氏、柳澤安慶氏、他1名の非公開投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額5,100万円の資金調達を実施しました。また、これまでステルスで運営してきたソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」を正式公開します。

ソーシャルカレンダーアプリ「Skele(スケル)」とは

「Skele(スケル)」は、あなたの時間と、あなたの「好き」をつなげる、ソーシャルカレンダーアプリです。大切な人たちとの予定共有に加え、アイドルの出演情報やスポーツチームの試合情報など、様々なコンテンツの予定情報をフォローすることができます。身近な人の予定から、あなたの”推し”の予定まで、世界中の予定情報へのアクセスを可能にすることで、面倒だった予定管理の非合理を解消し、あなたの時間をより豊かにします。

1. 大切な人たちとの予定共有が、驚くほどかんたんに

スケルでは、友人や家族、恋人とかんたんにそれぞれの予定を共有することが可能です。大切な人たちの週末の予定がわかれば、コミュニケーションも、予定計画もより活発になります。もちろん予定ごとの非公開設定など、プライバシーも守りながら共有ができる設計となっています。

2. 予定リクエスト機能で、予定計画の手間をゼロに

「予定リクエスト」機能を使えば、フレンドを予定に招待することが可能です。リクエストを送る側は相手の空いている時間がわかるため予定に誘いやすく、受け取る側も、リクエストを承認するだけで自分のカレンダーへと予定が入ります。もうメッセージでの予定調整のやりとりも、全員がそれぞれ予定を入力 / 管理する必要もありません。

3. あなたの”推し”のイベント情報をフォローできる

「推しカレ」機能であなたの推しをフォローすれば、カレンダーやタイムラインで推しのイベント情報をチェックできます。発見したイベントは、ワンタップで自分のカレンダーに追加することができるため、「ホームページでイベントを調べて、1つずつカレンダーに追加して…」といった煩わしさを解消し、あなたの”推し活”をもっと自由にします。

Skele(スケル)- あたらしいカレンダーアプリ

対応端末:iOS(Androidは今秋リリース予定)
App Store URL:https://apps.apple.com/us/app/id1497104381?l=ja&ls=1
公式Twitter:@Skele_app
公式Instagram:@skele_app

投資家コメント

East Ventures フェロー 大柴 貴紀氏

East Venturesでは創業期に出資させてもらいました。柳澤さんはプロダクトに対して長く向き合い続けることができる起業家だと思っています。多少の波風に右往左往することなく、じっくりと大きな価値を醸成してくれることを期待しています。

ANOBAKA アソシエイト 中 縁嗣氏

代表の柳澤さんとは2年ほど前から友人でした。当時から「ソーシャルカレンダーは絶対来る」と言い続けており、軸のブレなさを非常に尊敬しています。Clubhouse、Dispo、Poparazziなど、グローバルでC向けプロダクトが注目される中、日本からも新たなSNSとしてSkeleが躍進できるよう、ご支援させていただきます!特にバックエンドエンジニアを採用中とのことなので、採用ページを覗いてみてください!

株式会社グッドパッチ 代表取締役社長 土屋尚史氏

同郷で高校の大先輩でもあるファンコミュニケーションズ柳澤社長の紹介でpowの柳澤社長にお会いし、ありそうでなかったカレンダーの課題を高いクオリティのUXで解決してくれるポテンシャルを感じました。まだ若いのに妙なバランス感覚の高さと意志の強さを感じる面もあり起業家としてのポテンシャルも高そうだなと思っています。彼らがどんなスタートアップに成長していくのか楽しみにしています!

株式会社ファンコミュニケーションズ 代表取締役社長 柳澤安慶氏

計画を立てるという行為は、情報を「集める」「共有する」という点においてツール化がまだまだ不十分であり、大変可能性のある分野だと思います。スケルを通じてユーザーに新しいスケジュール体験を提供することで、未来を作り出すポータルになることを期待します。

株式会社pow代表 柳澤 蓮氏コメント

この度、心強い株主の方々にご参画いただき、たいへん嬉しく思います。

誰もが毎日使うスケジューラという領域は、スマートフォンの登場と共に「カレンダーアプリ」として私たちの生活に浸透し、以来ほとんど形を変えずにいます。私たちはソーシャルの力を使い、スケルをユーザーにとって圧倒的な利便性を持つプロダクトへと磨き上げることで、これまでのスケジューラを再定義していきます。

これまでコツコツとプロダクトを磨いてきましたが、今回調達した資金を用いて、開発体制をさらに強化していきます。たくさんの人の生活に根付くプロダクトを作りたいエンジニアの方、デザイナーの方、ぜひお話しさせてください。

株式会社pow(ぱう)について

社名:株式会社pow
代表取締役:柳澤 蓮
取締役:坂下 怜緒
所在地:神奈川県川崎市
事業内容:インターネットサービスの開発・運営

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント