12.8 C
Japan
日曜日, 7月 12, 2020

YOLO JAPAN、幼児教育・保育の無償化で高まる習い事のニーズに対応

今年10月から予定されている幼児教育および保育の無償化により、幼児向け教育市場に注目が集まるなか、株式会社YOLO JAPANは、空いている教室や時間を活用して手軽に始められる英会話レッスン『シェアリング英会話』の期間限定キャンペーンを実施することを発表した。

YOLO JAPANの『シェアリング英会話』は、外国人講師の派遣やスケジュール管理からレッスンのカリキュラム作成まで英会話スクールを運営するために必要な人材やノウハウを一括して提供するサービスで、施設側は空いている教室や時間を活用して最短一か月の準備期間で英会話レッスンを開講することが可能だ。今回のキャンペーンは、幼稚園や保育園などの教室を備えた施設のなかから、先着20施設を対象に外国人講師による英会話プログラム(1歳以上から受入可能)の無料体験レッスンを提供する。

なお、YOLO JAPANは、『シェアリング英会話』サービスの提供を開始以来、15年間で累計1,000名以上の講師を派遣し、現在、関東および関西地域で70教室を展開している。

シェアリング英会話とは?

■ ポイント 1  今ある幼稚園や保育園の教室ですぐにレッスンが開始できる

– 空いているスペースや教室の空き時間があれば最短1ヶ月の準備期間でレッスンの開始が可能だ。

■ ポイント 2  授業やスケジュールはすべておまかせ

–  レッスンカリキュラムや外国人講師の派遣およびスケジュール管理はすべて代行する。

■ ポイント 3  開業資金なしでスタートできる

–  開業資金はかからず、経験豊富な外国人講師が弊社教材を用いてレッスンを行う。

■ ポイント 4  教材費は必要なし

–  シェアリング英会話の生徒は、専用アカウントを発行するので、カリキュラム、ワークシート、 レッスンソングは全て無料でダウンロードが可能だ。

■ ポイント 5  園や教室の付加価値をアシスト

–  今ある運営施設のサービスにプラスして『英会話レッスン」を追加することで、ブランディング力がさらに増し、新規生徒獲得に貢献する。

無料体験キャンペーン

◇ 概要 : 以下のキャンペーン期間中、先着20施設限定で、外国人講師やその他英会話スクールを運営するために必要な人材やノウハウを提供する『シェアリング英会話』の無料体験レッスンを提供する。

◇ 期間 : 2019年8月21日(水)~2019年9月30日(月)

◇ ご相談、お申込み : 下記サイトのお申込みフォームより

URL : https://aim-community.com/sharing-english

導入事例

① 保育園 + 英会話 【神奈川県 / 川崎市】

シェアリング英会話をはじめるきっかけは?

保育園を開園して2年目を迎える際、まだ園児も15名で運営が厳しい状態でありましたが、今の時期から子ども達には外国人を身近に感じて生活を共にする環境をつくってあげたいという思いで、YOLO JAPANにお問い合わせをしました。ちょうどその時期に園の周りにはいくつかのマンションが建築され、多くの保護者様が見学に来られるようになりました。園内英会話レッスンでの外国人の先生と子ども達の笑顔あふれる環境は、見学に来られた保護者の皆さまが登園を楽しみにして頂くカリキュラムの一つになり、現在は8年目を迎え、園も増え続けて園児は300名を越えるようになっています。

② ピアノ教室 + 英会話 【東京都 / 墨田区】

シェアリング英会話をはじめるきっかけは?

ある日、ピアノ教室に通う生徒の保護者から「子供の習い事が分散されていて、送り迎えがすごく大変」という相談を受けたのがきっかけでした。教室の空き時間に新しい習い事が始められたら、保護者の送り迎えが楽になるのでは・・・。そんな何気ない声から英会話教室を開講しました。英語とピアノの相乗効果で当初約50名だった生徒数も、現在は約120名に。生徒数も客単価も上がり、英会話の生徒も10名のスタートから30名以上となりました。教室のブランドイメージも上がり、満足度の高いお教室となりました。

プレスリリース発表元企業:YOLO JAPAN
配信元:PR TIMES
執筆
INNOVATIVE PORT編集部 
「INNOVATIVE PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。