12.8 C
Japan
土曜日, 10月 16, 2021

コージェントラボ、「AI 100」に選出|アメリカの調査会社CB Insightsが世界で最も有望なAIスタートアップ100社を選定

最先端AI技術の開発・提供を行うCogent Labsは、スタートアップ企業の調査や財務データ収集・分析業務を行うアメリカの調査会社 CB Insightsが選ぶ、2021年の世界で最も有望なAIスタートアップ100社「AI 100」に選出された。

「AI 100」は特許情報、投資家の質、ニュース分析、スタートアップの成長力を測る独自の指標であるMosaicスコア、市場の可能性、パートナーシップ、競合情報、チーム力、そしてテクノロジーの革新性などの複数の要素をもとに、6,000社以上のスタートアップの中から選ばれるものである。2020年選出の100社のうち50社以上が追加の資金調達に成功(総額52億USドル)している。また、多くの選出企業がM&Aによる買収や更なる成長に向けた株式市場への上場するなど、「AI 100」には毎年将来有望なAIスタートアップ企業が選出されている。
コージェントラボは、知的労働者の生産性向上や業務効率化につながる最先端AI技術の研究・開発での実績が評価され、今回2021年の「AI 100」に選出された。

最先端AI技術の研究・開発に基づくコージェントラボのサービス概要

(1)「Tegaki」 – 多様な書類をデータ化するAI OCRサービス
「Tegaki」とは、さまざまな書類をスキャンして取り込むだけで簡単にデータ化して保存ができるAI OCRサービスである。製造、流通、金融、医療、サービス、教育など、あらゆる業界で使われている帳票に書かれた文字を高精度かつ素早く認識することで、業務効率化とコスト削減を実現する。「Tegaki」は日本語、韓国語、英語などの複数の言語に対応し、WEBブラウザもしくはAPI経由で利用することができるクラウド版とオンプレミス版、エッジ版にて展開されている。

(2)「Kaidoku」 – 自然言語処理プラットフォーム
「Kaidoku」は、言語情報の構造化や高度な分析を可能にする、コージェントラボが独自に開発した自然言語処理プラットフォームである。文書の理解だけでなく、傾向や因果関係の理解に必要不可欠な時系列情報の分析が可能だ。
現在、この「Kaidoku」を活用した、企業内の情報資産への効率的なアクセスと分析を可能にする検索サービス「Kaidoku SmartFind」が提供されている。

コージェントラボのCEO、エリック・秀幸・ホワイトウェイによるコメント

「最先端のAI技術の研究・開発やビジネス展開における当社の能力が評価されたことを嬉しく思います。AI技術を活用した文書処理や業務自動化へのニーズは急速に高まっています。そのような背景のもと、当社のサービスはすでに金融、保険、物流、中央官庁や地方自治体など数多くの企業・団体の文書処理業務を効率化しております。当社はこれまでに45億円以上の資金調達に加え、パートナーを60社以上に拡大し、グローバルなビジネス展開を開始しております。今後も技術、サービス、体制の強化を図りながら、日本および海外の顧客基盤のさらなる拡大に注力していきます。」

コージェントラボは常に最新のAI技術の研究をもとに、業務効率化と生産性向上を実現し、AIで人々の生活を豊かにする未来を創造する。

株式会社Cogent Labsについて

クラウドからエッジまで、最先端でありながら実用的なAIのサービス開発・提供を通じ、知的労働のDXを実現する企業。職場における生産性の向上や、熟練労働力不足という課題を、AIによる製品とサービスの提供を通じてサポートする。手書き文字・活字を含む紙帳票に係わる業務のDXを実現するAI OCRサービス「Tegaki」に加え、自然言語を理解して解析できるNLPエンジンプラットフォーム「Kaidoku」を提供している。

社名株式会社Cogent Labs
設立2014年4月
所在地〒106-0032 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36F
代表者代表取締役 エリック・秀幸・ホワイトウェイ
事業概要最先端の人工知能研究・開発と関連ソリューションサービスの提供
URLhttps://www.cogent.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント