12.8 C
Japan
日曜日, 2月 5, 2023

「まごチャンネル」のチカク、5億円の新規資金調達を実施|累計調達額は約15億円

チカクは、ABCドリームベンチャーズ、山口キャピタル、Aflac Ventures LLC 、既存株主であるGMO VenturePartners、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資、および金融機関からの融資を受け、5億円を新規調達した。これにより、累計の調達額は約15億円となった。

チカクは「シニア・ファースト」を掲げ、スマートフォンアプリで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送信し、テレビの大画面を通して離れた家族と一緒に暮らしているかのような疑似体験ができる 「まごチャンネル」を展開している。コロナ禍において帰省が難しい中、50代から100歳を超える方まで多くの顧客に支持され、この1年で3倍以上の成長をしている。
また、「まごチャンネル」を通じて培われた高齢者へのデジタルサービスを届けるUI/UXの開発力、市場開拓力が評価され、セコム株式会社と新たな見守りサービス「まごチャンネル with SECOM」の開発、大阪府泉大津市や北海道小清水町など複数の自治体と新たなICT基盤の実証実験等を行っている。

これらの実績は高齢化社会におけるデジタルデバイドの解消、今後期待される高齢者市場の新たな価値提供として多方面で評価され、直近では東京都主催「ダイバーシティTOKYO アプリアワード」での最優秀賞受賞(2020年2月)、東京都スタートアップ実証実験促進事業(PoC Ground Tokyo Project)での支援採択(2020年9月)、EY新日本有限責任監査法人が日本全国のスタートアップの中から今後著しい成長が期待される企業を表彰する“EY Innovative Startup 2021”において、唯一のAgetech分野スタートアップとして選出(2021年3月)等されている。

EY Innovative Startup 2021「シニア・ファーストのDXですべての人にテクノロジーの恩恵を」
https://24houritpeople.com/innovative-team/ey2021/changer/chikaku/
大阪府知事と泉大津市長に「まごチャンネル」の実証実験を経過報告
https://www.chikaku.co.jp/press/EruNxUkf

今回の資金調達を通じて、新たなサービス開発および事業提携の加速と共に、デザイナー、事業開発、サーバーサイドエンジニア、アプリエンジニア、コーポレート部門など採用を加速し、高齢者向けサービス提供のリーディングカンパニーとして、高齢化社会における課題解決と共に新たな価値提供を創造する。
https://www.chikaku.co.jp/recruit

新たな出資者からのコメント

ABCドリームベンチャーズ株式会社(朝日放送テレビ株式会社)  代表取締役社長 石崎豪朗氏

「『まごチャンネル』は、写真を共有するだけではなく、テレビ電話を使ったサービスやセンサーによる見守りなど、様々な機能を拡張できます。しかも、インターネットにつないでいなくても、テレビ番組を視聴できる環境であれば、デジタルが苦手なシニアの方でも簡単に利用できるという点に魅力を感じています。少子高齢化が進む中、シニア向けのサービス、いわゆるAgetechの領域において、シニアの方々の人生が豊かになるような新しい価値を提供できるよう、チカクのチームの皆様と一緒にチャレンジしていきます」

山口キャピタル株式会社 代表取締役社長 森脇 不知奈氏

「日本の高齢化が急速に進む中、特に単身世帯の高齢者世帯が増加することで、孤独死や医療介護負担の増加といった様々な社会課題が顕在化しています。『まごチャンネル』は、高齢者が親しみやすいTVを軸にサービス開発されており、高齢者と家族を繋ぐプロダクトとして多くのユーザーに高く評価されています。チカク(まごチャンネル)は、高齢者のQOL向上、上記社会課題を解決するスタートアップとして大きく成長していくことを期待しております」

アフラック・イノベーション・パートナーズ合同会社 プロデューサー ラング アレン⽒

「この度、⾼齢者の社会課題の解決に取り組まれているチカクにAflac Ventures LLCが出資させていただけることを光栄に思います。⾼齢者が様々な課題を抱えている超⾼齢化社会においては、『まごチャンネル』のようなデジタルソリューションが必要不可⽋です。同社はデジタル分野における高齢者向けUI/UXの開発力に強みを有しており、当社は同社による『まごチャンネル』の提供をベースとした高齢者向けの新たな価値の創造に期待しております。今般の出資により、当社は⾼齢者のDXを推進する取組みを⽀援し、⾼齢者がより豊かに暮らせる社会の実現に貢献してまいります」

株式会社チカク(まごチャンネル)について

チカクは“シニア・ファースト”を掲げ、高齢者DXを推進するエイジテック企業である。第一弾プロジェクトとして、スマートフォンアプリで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送信し、テレビの大画面とスピーカーを通してインターネットやスマートフォンの利用が苦手なシニア世代でも孫と一緒に暮らしているかのような疑似体験ができる「まごチャンネル」を開発・販売している。

社名株式会社チカク
設立2014年3月12日
所在地東京都渋谷区東2-14-7
代表者梶原 健司
事業概要まごチャンネル: https://www.mago-ch.com/
URLhttps://www.chikaku.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント