12.8 C
Japan
火曜日, 6月 15, 2021

READYFOR、シリーズBラウンドで総額10億円の資金調達

READYFORは、グロービス・キャピタル・パートナーズ、セールスフォースベンチャーズ、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ、三菱UFJイノベーション・パートナーズ、南都キャピタルパートナーズ、ベンチャーラボインベストメント、あおぞら企業投資を引受先とした第三者割当増資によりシリーズBラウンド約10億円の資金調達を実施した。

2011年3月29日、6名の実行者たちとともにクラウドファンディングサービス「READYFOR(レディーフォー)」はスタートした。その日から10年間、READYFORは実行者の夢への一歩をサポートし続けている。サービススタートから10周年を迎える今年、READYFORは「より多くの想いとお金を、なめらかに信頼性高く流通させるプラットフォームへ」と進化、ならびに「寄付市場のデジタル化(※1)」を推進し、社会を持続可能にする資金流通の仕組みを目指す。(※1 補助金・助成金等を含む)

READYFOR、10年間の歩み

READYFORは国内初のクラウドファンディングサービスとして、既存の金融サービス・資本主義ではお金が流れにくい分野、主にNPOや医療機関、研究分野、地域活性化などに資金調達の手段を展開し、約2万件のプロジェクトに対して約200億円のお金を流してきた(2021年3月29日時点)。
特に直近では、「より多くの想いとお金をマッチング」すべく、30社を超える企業と連携、オンライン従業員寄付やポイント寄付で5億円以上の支援金を受付け、社会全体で実行者を支える支援のネットワークを構築している。

新型コロナウイルス感染症が拡大した2020年には、公益財団法人東京コミュニティー財団と連携し「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(以下、コロナ基金)」を運営、これまで得てきたファンドレイジング・審査・資金分配の知見を活かし、「資金が必要な現場」に対し、最短14日とスピーディにお金を届けている。その結果、国内クラウドファンディング史上最高額となる約8.7億円もの寄付金を集め(※2)、165件の医療機関・エッセンシャルワーカーの活動に助成を行った。
(※2 自社調べ・国内で運営している購入型・寄付型クラウドファンディングサービスの実績より)

サービス開始から10年目で描くのは「寄付市場のデジタル化」

近年では、資本主義が生み出した課題が顕在化し、社会課題解決を行う「ソーシャルセクター」への期待感が高まっている。企業においてもSDGsやESG投資など、社会の持続可能性が強く問われる時代になりました。また、新型コロナウイルス感染拡大を契機に、日本のデジタル化の遅れが露呈、誰ひとり取り残さないデジタル社会を早急に実現することが求められている。READYFORは、これまでクラウドファンディングサービス・基金運営で培ったノウハウとテクノロジーを活用し「寄付市場のデジタル化」を推進、今後進んでいく官民連携を牽引することで「社会を持続可能にする新たな資金流通の仕組み」を実現していく。

今後は各ステークホルダーに対して、以下のような取り組みを実施予定である。

(1)実行者へ:継続的に活動を続けるための資金獲得の基盤へ
・クラウドファンディングでの資金調達をよりスムーズで負担なく実施できる機能の開発
・継続的に資金を集められる機能の開発
・様々な機関から多様なお金を受け取れる機会を提供

(2)支援者へ:想いを適切に届ける支援体験の強化
・企業:企業の理念・SDGs方針に合う活動や、従業員・顧客が望む未来を作る活動とのマッチングの強化
・自治体、財団:資金を必要としている活動と適切にマッチングを行う

投資家からのコメント

■JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長CEO 鑓水英樹氏

「READYFOR社が提供するサービスは、ソーシャルファンディング領域の生産性向上や寄付文化の発展など我が国の資金流通における新たなエコシステムの構築に貢献するものです。弊社はこのようなベンチャー企業への支援を通じ、日本の幅広い産業へのリスクマネーの呼び水効果となることを目指しています。」

■三菱UFJイノベーション・パートナーズ 鈴木伸武氏

「READYFORのMissionである「想いの乗ったお金の流れをつくる」ことに共感し、金融機関として全力でサポートさせていただきたいと考え、投資の意思決定を致しました。三菱UFJイノベーション・パートナーズは、MUFGグループのCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)として、MUFGグループ各社とともに、READYFORと様々な協働プロジェクトを、今後実現させていきます。足元では、三菱UFJ銀行から行員を出向派遣して事業成長をサポートするとともに、ノウハウを学ばせていただいております。READYFORが成長することで、世の中に大きなインパクトが生まれるものと確信しております。」

■南都キャピタルパートナーズ株式会社 代表取締役社長 堺 敦行氏

「私どもは、国内有数の歴史的文化資源の集積エリアである奈良県を中心に展開する南都銀行のグループ会社です。古くから神社仏閣の造営や修復は寄付により支えられてきた歴史があり、READYFOR社が推し進めるクラウドファンディングは、私どもの地域においてはまさに古くて新しい資金集めの方法だと言えます。そのため、『想いの乗ったお金の流れを増やす』というREADYFOR社のミッションとその遂行に向けた同社の皆さまの強い想いに共感し、南都銀行グループとしても全力で貢献すべく、今回の出資の機会を頂きました。すでに国宝を所蔵する聖林寺さんにサービスをご紹介し、目標金額を上回る資金の調達に成功するなど、地域の資源を未来に繋ぐ取り組みは始まっております。4月からは南都銀行員の派遣も行い、より強い関係性で歴史的文化資源に限らず芸術・医療・子供・飲食店・観光施設など、地域で資金を必要とする方への支援をともに加速させ、地域活性化に努めて参ります。」

■あおぞら企業投資株式会社 代表取締役社長 久保 彰史氏

「『想いを持ち、サステナブルな社会に繋がる多くのことに挑む人・プロジェクトを応援する』、『様々な災害等により、苦労を余儀なくされた人・プロジェクトの立ち上げを応援する』 これらを強力に支援するための“寄付”という想いの乗ったお金を、創り増やすことに拘るREADYFOR社の理念、ビジョンに深く共感しております。寄付を通じて『人と人』の絆、『人と企業』の絆をより拡げ太くする、そして、寄付という行為自体をより身近な存在にすることについて、我々にしかできない役割、付加価値の高いサービスの開発・提供を考え、READYFOR社の活動をサポートしてゆきたいと考えております。」

実行者・パートナー・企業向けの問い合わせ

・クラウドファンディングの相談はこちら:https://readyfor.jp/proposals/intro
・パートナーシップの相談はこちら:https://readyfor.jp/corp/news/199
・企業の皆様からの相談はこちら:https://biz.readyfor.jp/

 READYFOR株式会社について

新経営体制
・米良はるか 代表取締役CEO
・樋浦直樹  代表取締役COO
・町野明徳  取締役CTO
・草原敦夫  執行役員CLO・弁護士
・岡元淳   執行役員プラットフォーム本部長
・名和俊輔  執行役員CFO (新任)
・今野穣   社外取締役
・三木貴穂  社外監査役
・佐藤雅之  常勤監査役

社名 READYFOR株式会社
設立2014年7月1日
所在地東京都千代田区麹町一丁目12-1住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
代表者 代表取締役CEO 米良はるか・代表取締役COO 樋浦直樹
URL https://readyfor.jp/corp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。
Facebook コメント