12.8 C
Japan
木曜日, 2月 2, 2023

コロナ禍で加速するお墓のデジタル化

「シニアのデジタル化」をテーマに掲げるスタートアップ「スマートシニア株式会社」が、「お墓QRコード」と「ウェブ墓」をセットで提供開始することを発表した。
お墓参りで先祖・故人のデジタル化写真・ビデオ・家系図などの閲覧が可能になるというサービスだ。

お墓QRコードとは

欧米では、「デジタル墓石マーカー」とも呼ばれる、QRコードの墓標。お墓QRコードは、先祖・故人・追悼碑・記念碑などのに配置されます。これは、新しい墓石だけでなく、既存の墓石の墓誌(各自の名前を残すため)として追加することもできます。墓参り時に、スマートフォンでお墓QRコードをスキャンすることで、先祖や亡くなった人のデジタルデータも閲覧できます。 
また、お盆のお墓参りや行事に高齢や遠方で参列出来ない方々へ お墓参りの機会をご提供することができます。

お墓のデジタル化

何世紀にもわたって、お墓は、先祖や故人の名前、戒名、日付、小さな碑文が刻まれてきました。しかし、お墓は限られたスペースに彫るため多くを残すことは困難でした。現在、欧米の霊園では、お墓QRコードが活用されているため、お墓参りでは先祖や故人の生きた人生を見たり、聞いたり、コメントしたりすることができます。つまり、墓苑でお墓参りする人は、墓石に刻まれた文字と数字に制限されなくなりました。

米国ABCニュースで、お墓QRコードは放映され 「先祖・故人のデジタル化した物語を残しておくことは、後世に墓石で知りえるものより多くを学ぶことができます」と称賛されました。

ウェブ上のお墓(追悼サイト)とは

追悼サイトは、世界280万人以上利用のするウェブ上のお墓で、先祖・故人のデジタル化した思い出 (遺影、写真アルバム、おもいでノート、人生史、家系図など)をウェブサイト(URL) として格納・閲覧することができます。米国では、「お墓QRコード」サービスを2012年より提供開始し、年間7,500以上の新墓石への提供実績があります。

新テクノロジーの採用

お墓や追悼碑のQRコード活用は、今まで「アクセスするデジタル情報作成に手間が掛かる」「リンク先ウェブサイトの内容が貧弱」「QRコードは公開アクセスのためセキュリティ上心配」「QRコード付きのお墓は高価」「永代管理が不明確」などの理由から国内では普及しませんでした。

しかしスマートシニア株式会社はこれらの問題を解決し、安価で手軽に販売いただけるようにしました。

  • お墓ごとに永代に使える独自のQRコードが作成され、追悼サイトのネット上のお墓にリンクしています。
  • お墓QRコードは、御影石上に彫られるか、セラミックセラミック上に印刷されます。これらの素材は耐久性に優れており数十年・百年という単位で活用できます。(同時に無料でQRコードファイルをご提供しますので、永遠に必要な時に作成・復元・修復することができます)
  • 追悼サイトの永代版により、ネット上のお墓の保管期間も長期化されます。「永代供養については ネット上の永代墓が100年存続するため」:http://ow.ly/uBck50DVDCN を参照ください。
  • お墓QRコードからの、追悼サイト閲覧は、”招待者の承認済み”もしくは”招待者へのリクエストを送付し承認された人”のみとすることができます。これにより、「お墓QRコード」を墓苑など公共の場で設置しても閲覧を制限できます。
  • 追悼行事や葬祭行事のとき、必要に応じて公開設定することでグーグル検索などで、検索できるお知らせサイトにすることができます。
  • SNS(フェーズブックやLINE)や電子メールで、クラブハウスのように招待者だけに限定し、お墓参りの記録として、スマホで写真・ビデオ・音声・メッセージを共有することができます。(例:お墓参りをした折に、ご遺族に墓前からご報告など)

価格について

提供される、「お墓QRコード」と「ウェブ墓」のセットは、作成・施工・管理を外注化できるため 簡単に販売スタート可能。 お墓の建立・故人の名前彫り・生前墓・追悼碑・合同墓・樹木葬などの機会に、デジタル遺品を残したいご遺族にご提案することができます。

お墓QRコード (御影石6CMx6CM、セラミック製9MMx9MM以上~の2種類をご用意)

左:御影石版:2万円~ (税抜き)  右:セラミック版:9,600円~(税抜き)
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント