12.8 C
Japan
水曜日, 10月 5, 2022

全自動下膳ロボのスマイルロボティクスが「Food Tech Studio – Bites!」に採択

スマイルロボティクスは、この度Scrum Ventures LLCが主催するグローバル・オープンイノベーション・プログラム「Food Tech Studio – Bites!」に採択された。また、既発表の「下膳の無人化」に加え、新たに「配膳の無人化」を実現し、その動画も公開している。今回「下膳に加えて配膳の無人化」も実現したこともふまえ、地域や業種に縛られず今後はより幅広い領域での展開を目指して開発を加速させる。

新たに公開したスマイルロボの全自動ロボット「ACUR-C」による無人での配膳・下膳の様子【動画】


動画URL:https://youtu.be/SS1RcKphteo
※ACUR-C:Autonomous Clear Up Robot Type-C(読み方:アキュラシー)

この度採択された「Food Tech Studio – Bites!」とは

『Food Tech Studio – Bites!』は、日本の食産業を代表するパートナー企業と世界中のスタートアップと共に「新 “食” 産業」の創出を目指し共創するグローバル・オープンイノベーション・プログラムである。

オープンイノベーションを通じて、新素材やIoT調理家電、食のパーソナライゼーションといった新サービスなど、テクノロジーを活用して食分野に新たな価値を創造する。さらにフードロスやプラスチックゴミといった社会課題の解決、環境保護のための植物性タンパクの進化等にも取り組んでいる。
 

Food Tech Studio – Bites!

期間:2021/1〜2021/3

パートナー企業:不二製油グループ本社株式会社、日清食品ホールディングス株式会社、フジッコ株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社、株式会社伊藤園、株式会社ユーハイム、カゴメ株式会社、株式会社ニチレイ、大塚ホールディングス株式会社、東京ガス株式会社

戦略パートナー:株式会社博報堂、日立グローバルライフソリューションズ株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、三菱ケミカル株式会社、株式会社オレンジページ、株式会社シグマクシス、東京建物株式会社、辻調理師専門学校

自治体パートナー:加賀市、神戸市、新潟市

主催:スクラムベンチャーズ

公式サイトhttps://www.foodtech.studio/

スマイルロボの全自動配膳・下膳ロボット「ACUR-C」とは


人手不足や人件費高騰に悩まされ、更にコロナ禍で苦しむ飲食店に対して、配膳・下膳を全自動・非対面で行えるようにし、スタッフは「人にしか出来ないおもてなし業務」に注力することで、飲食店のオペレーション改善および売上・利益貢献を目指して開発中のロボットである。

その大きな特徴は、
・既存の配膳ロボットとは異なり「ロボットアーム」を有する
・既存の配膳ロボット同様に「自律移動」が可能である
これらによって「つかむ」「はこぶ」を完全自動で行い、店員もお客様もお皿の乗せ換えをする必要がなくなり、配膳・下膳の無人化を実現した。

配膳・下膳ロボット「ACUR-C」byスマイルロボティクス

ロボットアーム(つかむ):
万が一人と接触しても怪我をさせない低出力のモータを使用し、冗長自由度を持つスカラ型アームを搭載。毎回状況が異なるため難易度が高いと言われる下膳も、Depthカメラにより3次元空間認識を行うことで実現。

ロボットハンド(つかむ):
導入する店舗の食器に合わせて付け替え可能なハンド。なお、動画の現行モデルは「お盆用ハンド(特許申請済)」を用いており、一般的なお盆を使用する飲食店であれば、個別のハンドを開発することなく導入が可能。

自律走行台車(はこぶ)
レーザーを利用したSLAMによる自律移動が出来、障害物や人間を回避しながら、バックヤードとテーブル間をスムーズかつ安全に移動することが出来る。

全自動配膳・下膳ロボット「ACUR-C」の今後の展開予定

◎ 動作スピードUPとスムーズ化
◎ 3次元空間認識の改善とディープラーニング用のデータ収集
◎ 実際の店舗における実験(実験にご協力頂けるパートナー募集中)
◎ 飲食店以外のサービス業(宿泊施設や商業施設など)における展開への対応

スマイルロボティクス 会社概要

スマイルロボティクス株式会社は「ロボット技術で全世界に笑顔を」をミッションに、元Googleのロボットエンジニアが集まり、2019年に創業したロボットスタートアップである。
※ 代表がSCHAFT(Google)出身である唯一の会社
※ 代表がロボットエンジニアという数少ないスタートアップの1つ

代表の特徴:
◎ ロボット開発歴20年のロボティクスエンジニア
◎ 日本におけるROSの第一人者(日本初のROS書籍の著者)

メンバーの特徴:
◎ 全エンジニア社員がGoogle(SCHAFT)出身
◎ 全エンジニア社員が東大JSK出身
◎ 産業用ロボットからサービスロボットまで幅広い経験

社名スマイルロボティクス株式会社 
設立2019年6月
資本金東京都文京区本郷5-25-18 ハイテク本郷ビル 1F
代表者代表者取締役社長:小倉 崇
事業概要全世界に笑顔をつくるロボットの開発、技術的難易度の高いロボットの共同開発・受託開発
URLhttps://www.smilerobotics.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント