12.8 C
Japan
月曜日, 9月 20, 2021

地方自治体がマッチング型オープンイノベーションで成功するには?

人口減少や企業の後継者不足など、地方では様々な問題を抱えています。そしてそれらの問題解決の鍵として注目を集めているのがオープンイノベーション。
オープンイノベーションにはいくつかの型がありますが、今回はマッチング型オープンイノベーションについて、地方自治体が成功させるためのコツや愛知での成功事例をご紹介します。

マッチング型オープンイノベーションとは?

オープンイノベーションには「課題解決型」「マッチング型」など、様々な型があります。ここではオープンイノベーションの種類と、マッチング型の特徴について解説しましょう。

オープンイノベーションの種類

オープンイノベーションには大きく分けて「課題解決型」「マッチング型」「育成型」「砂場型」の4つの種類があります。それぞれどのような特徴があるのか見てみましょう。

課題解決型はその地方が抱える課題を解決できる企業を公募するタイプで、オープンイノベーションの中では最も多いタイプと言えます。マッチング型は技術者同士をマッチングし、新技術・新産業の創出を促すタイプです。

育成型は、行政による投資や支援により企業の成長を支えます。そして砂場型とは、実証事業のための場を提供することで、企業としては実績を得ることを目標としていることが特徴です。

マッチング型オープンイノベーションの特徴

マッチング型オープンイノベーションの特徴をさらに詳しく見てみましょう。マッチング型は、その地域の産業が振興を促したい場合に、企業とマッチングすることで資金の獲得や技術の発展を目指します。

地方自治体がオープンイノベーションで成功させるには?

地方自治体の活性化を計る上で有効なオープンイノベーションですが、やみくもに行っても成功することは難しいでしょう。ここでは地方自治体がオープンイノベーションで成功する上で重要なポイントについて解説します。

マッチング率の高め方

マッチング型オープンイノベーションを成功させるには、いかに企業との相性が良いか、つまりマッチング率の高さが重要です。

そして、そのマッチング率を高める方法としてはプラットフォームの利用が有効になります。

プラットフォームの利用が有効

プラットフォームは、オープンイノベーションを起こしたいと考えている自治体や企業、スタートアップが集まる場です。そしてプラットフォームの運営が、それぞれにマッチした企業の紹介などを行っているので、自社だけで相手企業を探すよりも探しやすいと言えます。

行政もプラットフォームをスタート

プラットフォームの利用が有効である理由の一つが、行政もプラットフォームをスタートしていること。関東経済産業局がこれに当たり、2018年にプラットフォームをスタートし、以来新しい交流の機会や実践の機会を提供する場として盛り上がりを見せています。

プラットフォーム例

マッチング率を高めるにはプラットフォームの利用が有効です。しかし、一口にプラットフォームと言ってもその数は多く、それぞれ特徴が異なります。

多くのプラットフォームの中から自社に合ったプラットフォームを選ぶには、そのプラットフォームの特色と登録者数に注目しましょう。自社に合った特色を持つプラットフォームを選ぶことで、マッチしやすい企業が見つかりやすくなります。

また、自社と特色の合ったプラットフォームであっても、そもそも登録者数が少ないのでは意味がありません。

この2点のポイントから選んだプラットフォーム例は「Creww」です。Crewwはオープンイノベーションプログラム開催実績No.1。企業同士のマッチングはもちろん、広島県の「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR」や愛媛県の「愛媛アクセラレーター」など、地方都市の活性化でも実績があります。

地方自治体におけるアクセラレーターの成功事例

ここでは地方自治体におけるアクセラレーターの成功事例について、愛知県とCrewwが合同で行った「Aichi Matching」の様子をご紹介します。

愛知県×Creww「Aichi Matching」

愛知県の企業と、全国各地のスタートアップのマッチングを目的として、愛知県とCrewwがタッグを組んだ「Aichi Matching」。2019年の開催では、愛知県の企業25社とスタートアップ88社が参加し、113件もの商談が行われ大盛況を博しました。

「Aichi Matching」は2020年も開催予定で、昨年以上に盛り上がることが予想されます。

オープンイノベーションを成功させるにはマッチング率が重要

地方自治体が抱える問題解決の有効な手口として注目を浴びるオープンイノベーションですが、成功させるには自社に合った企業とのマッチング率が重要となります。

マッチング率を上げるためには、自社の公募だけでは限界があるでしょう。そこでおすすめなのがプラットフォームやマッチングプログラムへの参加です。より多くの企業が登録する場へ参加することで、自社に合った企業とマッチングすることができます。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント