12.8 C
Japan
土曜日, 2月 4, 2023

物置きシェアサービス提供のモノオク、「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」を公開!

物置きシェアサービス「モノオク」を運営するモノオクは、コロナ禍でニーズが急増している空きスペースを活用したスペースシェアリングサービスをまとめた「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」を公開した。

スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版の特徴

  • 各分野でサービスが急激に増えている
  • コロナ禍での新しい生活様式に対応する新たなシェアサービスが台頭

スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版の考察

・各分野でサービスが急激に増えている
レンタルスペースをプラットフォーム運営する「スペースマーケット」の上場や民泊サービス最大手である「Airbnb」が公開価格が時価総額4兆円でIPOを行うなど、破竹の勢いでスペースシェアリングサービスは成長している。
それに伴ってスペースシェアリングの概念が一般に広く浸透してきたことで、多種多様なサービスや同種のサービスがここ数年で急激に増えてきたと言える。

・コロナ禍での新しい生活様式に対応する新たなシェアサービスが台頭
スペースシェアリングサービスはモノのシェアリングとは違い、リアルの場所で人が介在するするため、どのスペースシェアリングサービスも新型コロナウイルス感染拡大の影響を多かれ少なかれ受けていることが想定される。
外出自粛要請で、宿泊やパーティー利用のレンタルスペースなどのサービスが打撃を受ける一方、新しい生活様式が生まれていく中でスペースシェアリングの新たな需要も生まれている。
例えば、フードデリバリーのためのキッチンや空き店舗をシェアするサービスや、テレワーク向けのレンタルスペースなどの需要が伸びていることが予測される。

スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版作成の背景

スペースシェアリングサービスは大なり小なり新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている。レンタルスペースでのパーティ需要の減少、旅行客の民泊利用の減少など目に見えた大きな打撃を受けた。
しかしその一方で、オフィスの在り方や働き方が変わり、テレワークのためのシェアスペースやオフィスシェアの需要は大きく増加したことが予測される。
今後も、スペースシェアリングサービスは私たちの生活様式や働き方の変化とともに、その在り方も変わっていくと考えられるのだ。
そしてこの情勢の中、店舗やホテル、オフィスなどの空きスペースや空き時間が急増しておりその有効活用法が求められている。余ったリソースをシェアすることで収入を得ることができるスペースシェアリングサービスの需要とサービスの内容を俯瞰して考えるべく、「スペースシェアリングサービス カオスマップ2021年版」を作成した。

※掲載したロゴ・サービス名称について
当マップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載の各社に事前許諾を得ていないものがある。もし当マップへの掲載に問題がある場合は、「pr@monooq.com」にて連絡を受け付けている。

※「空間シェア・スペースシェアサービス カオスマップ2021年版」の高画質データはこちらからダウンロード可能
https://bit.ly/3bB86LS

モノオクの想い

モノオクは自宅の空き部屋や使っていないクローゼットなどの空きスペースで荷物を保管するだけで、だれでも簡単に収入を得ることができるProptechのシェアリングエコノミーサービスである。
老後資金2000万円問題や新型コロナウイルス感染拡大による生活不安など、副業や副収入のニーズはさらに顕在化している。モノオクはサービスを通して柔軟で便利な収納手段を提供するとともに、人それぞれのライフスタイル、副業スタイルに寄り添ったサービス展開をしていきたいと考えている。

モノオクとは

収納・保管に困る荷物を預けたい人と、空いたスペースを物置きとして提供したい人をマッチングする個人間の物置きシェアリングサービスである。2018年4月にサービススタートし、登録ユーザー数は19,000人を突破。収納・保管に悩む、荷物を手軽に預けられるライフスタイルを提案する。

公式サイト:https://monooq.com/

オフィスを撤退、縮小する際に生じる荷物の配送・保管・処分を一貫して引き受ける法人向けサポートサービス「カタヅクオフィス」を提供している。

カタヅクオフィス:詳細:https://note.com/monooq/n/n78fb0d30cff2

社名モノオク株式会社
設立2015年4月
所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-6-6
代表者代表取締役 阿部 祐一
事業概要C to Cモノ置きサービス「モノオク」の運営
オフィス退去支援事業「カタヅクオフィス byモノオク」の運営
URLhttps://monooq.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント