12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

法人営業・ルートセールス向けセールスエンゲージメントツール『Srush』がβ版をリリース

セールステックスタートアップの「Srush」は、2020年12月14日に国内初のセールスエンゲージメントツール『Srush』のベータ版をリリースしました。加えて、株式会社ANOBAKA、East Ventures、STRIVEを引受先とする第三者割当増資と金融機関からの借入により、累計8,000万円のシードラウンドの資金調達を実施したことを発表しています。

セールスエンゲージメントツール『Srush』とは?

セールスエンゲージメントツール『Srush』 https://www.srush.co.jp

Srushは、法人営業やルートセールスに従事する担当者と顧客との関係性を数値化しエンゲージメントを把握することのできる国内初のツールです。メールでのコミュニケーションデータやカレンダーの商談データなど、取得した営業活動データを人工知能(AI)が認識し、機械学習を用いてスコアリング。営業のビッグデータから顧客との関係性を定量的に分析します。エンゲージメントを高めることで顧客から一番最初に信頼される間柄となり、いつでも受注できる関係を構築することが可能になります。

エンゲージメントスコアはどう使う?

可視化したエンゲージメントスコアを分析する事で、これから営業担当が「次に何をするべきか」取るべきアクションの推察が可能になります。関心スコアの低い顧客には情報提供を行う、接点スコアの低い顧客には積極的なコミュニケーションを取るなど、感覚的に行われてきた営業プロセスを科学的に実行する事ができるようになります。

営業マンが生産性を高めるための機能も豊富

Srushは商談前後の事務作業から営業マンを解放する機能も豊富です。ルーチンで繰り返されるアポイントの調整やカレンダー登録、訪問先へのルート検索など非生産的作業は全てSrushで自動化・効率化できます。使う側の利便性を徹底的に追求し、担当者に負担をかけないツールを実現しました。営業が顧客と向き合う生産性の高い時間をSrushが捻出します。

Srushの主な機能と価格

●主な機能
・エンゲージメントスコアリング
・日程調整の自動化
・カレンダー登録の自動化
・ルート検索
・出張旅費エクスポート

●連携サービス
・G suite
・Office365
・Chrome拡張
・Zoom(近日公開)

●価格
β版は無料でお使い頂けます。
※より機能を拡張したエンタープライズ版もございます。詳しくはお問い合わせください。

サービス開発の背景

〜エンゲージメントを営業活動の新たな指標とする〜
コロナウィルスは企業の業績に甚大な被害を与え、売上を激減させてしまいました。日本国内における経済的損失は50兆円にのぼると言われています。この状況の中で売上を確保するのが他ならぬ営業の使命です。しかしながら、コロナウィルスは企業の業績への影響に留まらず、人と人との間に距離を作り、営業担当も顧客との間に一定の距離を取らざるをえなくなりました。従来、法人営業やルートセールスの営業担当者と顧客の商談は対面でしたが、オンラインへの転換が余儀なくされ、会うことで把握していた顧客の温度感や情報などが一切入って来なくなり、信頼関係の維持が難しくなりました

この状況下で営業が顧客から信頼を勝ち取り売上を確保するには、今までのスタイルから脱却しなくてはなりません。しかしながら、世の中の営業支援サービスは担当者に負荷をかけるようなサービスばかりで、有効に機能していません。その結果として、本来取れるべきはずの営業活動データが取得できず、科学されず、結果として営業はいつまでたっても「勘と経験と根性」の世界だと言われています。今まさに、担当者の「勘と経験と根性」を活かした、次に何をすれば顧客との信頼関係を維持し売上に繋げる事が出来るのかがわかる、営業の新たな地図が求められています。

弊社が創るセールスエンゲージメントツール『Srush』は、担当者に負荷をかけずに日々の営業活動データを取得し、機械学習し、顧客との関係を数値化し、次に何をすれば強固な顧客エンゲージメントを構築出来るかといったインサイトを提供します。それは案件の導線となり、いつでも受注出来る関係を創ります。大企業・中小企業といった顧客の規模を問わず、営業の基本に立ち返り「人と人」の繋がりにフォーカスをあてたエンゲージメントツールです。

営業に従事する全ての人に向けて、顧客とのエンゲージメントを高めるための「新しい地図」になるべく、私たちは株式会社Srushを創業しました。

Srush資金調達の背景

Srushは今回の資金調達を通して、開発体制の増強や顧客獲得のためのマーケティングの拡大などを行い、事業強化を進めます。

引受先コメント / 投資の背景・今後への期待

・株式会社ANOBAKA 代表取締役社長/パートナー 長野泰和
私自身、もともとはセールスだったので樋口さんが語るセールスの現場における課題というのがよく理解できました。実際に現場で求められているものは使いやすくライトなツールであり、そのユーザビリティーがないとデータドリブンなプロダクトに発展しないという思想も素晴らしいと思っています。樋口さんだからこそこの理想のプロダクトを形にできるのではないかと確信しシード期に投資させて頂きました。Srushが日本のルートセールスの現場に欠かすことのできないツールになるのが楽しみです。

・East Ventures パートナー 金子剛士
樋口さんとルートセールスの抱えるペインや非効率について議論し、意気投合してそのまま出資させていただきました。ルートセールスの現場を過去に近い距離で見た経験があるのですが、Srushの提供するプロダクトが完成した暁には、彼らの生産性や利益率の向上に大きく貢献する予感がしています。今後微力ながら支援できればと思います。

・STRIVE インベストメントマネージャー 四方智之
市場のSalestechのサービスはマネージャー向けのツールが多く、現場目線で作られたプロダクトがないという現状や、それが原因でデータを集められず、営業という普遍的な業務を科学できていないという、Srushが取り組む課題に共感して、ファーストミーティングで出資を決めさせていただきました。長年セールスマンとしての現場経験をお持ちの樋口さんが率いるSrushだからこそ、日本の営業現場において必要不可欠なプロダクトを創れると信じております。

■株式会社Srushについて
名称  :株式会社Srush
代表者 :代表取締 樋口 海
設立  :2019年11月21日
事業内容:Srushの企画・開発・運営・販売
URL  :https://www.srush.co.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント