12.8 C
Japan
日曜日, 12月 4, 2022

世界初!風味を言語化する日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」ローンチ

香りのデジタライゼーションによって新たな顧客体験を提案するSCENTMATICは、同社が開発した世界で初めて日本酒の風味を言語化する”日本酒ソムリエAI「KAORIUM for Sake」”のローンチ記者発表会を12月9日(水)に開催した。

共通認識が最も困難な嗅覚をデジタライズし、香りを言語化

「KAORIUM for Sake」は、同社が開発した香りと言葉を変換するAIシステム「KAORIUM(以下、カオリウム)」を活用し、日本酒の風味を言葉とともに味わうという、新しい飲食体験を提供するサービスである。酒ソムリエである赤星慶太氏監修のもと、日本酒が持つ独特の風味と様々な言語表現のデータベースを結びつけることで、特徴を言葉として可視化する。「KAORIUM for Sake」によって可視化された”香り”を目にする前と後では日本酒自体の味の感じ方に変化が生まれる等、これまでにない新しい飲食体験を提供するのである。

アナログな嗅覚の世界をデジタライズし、様々な業界をイノベーションしていきたい

ローンチ記者発表会は、セントマティック代表取締役・栗栖俊治によるプレゼンテーションからスタートした。

❝ 嗅覚は五感の中でも、理性が働いてしまう視覚や聴覚と違い、本能的に感じる、偽れない五感の一つです。ですが、香りは目に見えず曖昧でわかりにくく、選ぶことが難しい。人によって感じ方も異なります。それゆえ消費者は香りを生活に取り入れることは難しい。私達は香りを言語化することで、抽象的な香りの印象をより分かりやすくし、香りのポテンシャルを引き出し、様々な業界でイノベーションを起こしたいと考えています。❞

経営者や投資家としても活躍する田村淳氏が登場

ゲストには、バラエティ番組への出演他、経営者や投資家などビジネスマンとしての顔も持つ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が登場。KAORIUMによる初の香りの言語化体験により、自身の好きな香りは「甘い春の空気」ということが判明した。KAORIUMを体験した田村さんは、「自分の好きな香りを言語化したことがないから、面白い」、また「香りを言語化することで(その香りを)他人とも楽しむことが出来、今後のコミュニケーションの取り方が変わってくると思う」とコメントしている。

栗栖代表とのトークセッションでは「KAORIUMを使って香りを言語化出来ることによって、香りビジネスの市場が広がる」ともコメントしている。「(香りを言語化出来ると)食品メーカーでの商品開発や、料理人の意思疎通がより簡単に出来るので、もっと美味しいものを作れるようになり、飲食業界でも活用できそう」、また「例えば、自分は春っぽい香りをおすすめされたらそれを選ぶ可能性が高くなるってことだよね」と香りをパーソナライズしたマーケティングの可能性も語っていたという。

堀田茜さんも登場して、初の日本酒ソムリエAIによる利き酒体験!「見ながら飲むと全然違う!」

発表会後半では、モデル・女優として活躍する堀田さんも加わり、この度ローンチするサービス「KAORIUM for Sake」を実際に体験した。本サービスの共同開発パートナーである酒ソムリエの赤星慶太さんから、使い方の説明が行われた。

普段からお酒は大好きという田村氏と、好きだけどあまり日本酒は詳しくない、という堀田さんは、まずは何も見ずに日本酒「伝心」を一口、その後「KAORIUM for Sake」によって言語化された、伝心の香り要素を見てもう一口試飲した。
「(KAORIUM for Sakeを)見ながら飲むと全然違う!脳と一体化するってこういうことなんですね」と、初めての体験に思わず声をあげてしまう堀田さんの姿もあったという。「これは飲食店に普及したら食事が楽しくなりますね」と田村氏も感嘆の声をあげた。

その後も日本酒とフードのペアリングを体験した二人は、「知識が増えた状態で飲むとより美味しく感じる」「(キーワードがあると)味が再認識しやすい。そのキーワードの香りを探して、その香りがあるのに気づけるのが面白い」など初めての体験に終始盛り上がりを見せた。
またペアリングに関しても、「すごいのは、“今まではお酒はお酒で美味しい、食べ物は食べ物で美味しい”と別々に認識していたけど、このお酒にあうものはこれだって認識しながらペアリングすると口の中でマリアージュが起きる」と香りや味わいの感じ方の広がりも楽しんだ。

「KAORIUM for Sake」は12月11日(金)より横浜髙島屋にオープンするフードペアリングバー「BAY-ya(ベイヤ)」にて試すことができる。香りと言葉がもたらす新しい感覚を、是非体験してみてはいかがであろうか。

関連URL

・セントマティック公式HP  :https://scentmatic.co.jp/
・KAORIUM        :https://scentmatic.co.jp/projects
・KAORIUM for Sake   :https://scentmatic.co.jp/kaorium/sake

SCENTMATIC株式会社について

セントマティックは、香りの超感覚体験をつくる共創型プロフェッショナル集団である。2019年には、香りと言語の変換システム「KAORIUM」を開発。テクノロジーの力で香りをより豊かに楽しめる体験をデザインし、人々の香りの感性や生活をアップデートする。

社名SCENTMATIC株式会社
設立2019年11月22日
所在地〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目22番7号 6階
代表者代表取締役 栗栖 俊治
事業概要香り体験の企画開発
URLhttps://scentmatic.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント