12.8 C
Japan
水曜日, 11月 30, 2022

人気ブランドが出店!ライフスタイル・サブスクモール「submee」が登場!

リテールテックのスタートアップである株式会社submeeが、12月10日(木)に、人気ブランドが出店する日本初のライフスタイル・サブスクモール「submee」(サブミー)をオープンしました。

サブスクモール「submee」について

12月10日(木)にオープンした「submee」は、日本初のライフスタイル・サブスクモールです。現在は、メンズ&レディース「URBAN RESEARCH」、レディース「ROPÉ PICNIC」、キッズ「petit main」、ペットグッズ「THREE ARROWS」が出店しています。今後はコスメ、スポーツ、インテリアなど多数のライフスタイルブランドが参加予定です。

サブスクリプションの常識を変えるサブスクモール「submee」

「submee」は、さまざまなジャンルのブランドが出店するモール型のサブスクリプション・サービスです。大型ショッピングセンターで買い物するように、お気に入りのブランドが提供する「メニュー」を楽しく選べます。

「submee」で変わるライフスタイル

【submeeライフ】

submeeに行けば、アパレルからコスメ、インテリアなど、さまざまな商品を一気に見て回れる。気になるブランドがあったら、新作を定期的に届けてくれるから、とても便利。しかも、月額料金だから一度の支出を抑えられて、すごく助かる。知らなかったブランドも気軽に試せる。
submee でお買い物するようになったら、時間に余裕ができた。趣味が充実するようになった。気持ちも和んで、毎日が楽しくなった。

【ユーザーのイメージ】

生活シーンに応じたサブスクリプション形態を用意

定期購入型:商品を定期的にお届けします。商品の返却は不要です。
定期利用型:商品を定期でご利用いただけます。利用期間終了時に予め定めた残価でお買い取りもできます。
 

メニューの例

GIRLS デイリーセット:月額3,630円(税込)
「petit main」のかわいい新作デイリーキッズウェアのトップス1点+ボトムス1点のコーディネートが毎月届きます(サイズは80〜130cm、10cm刻みで選択)。
他では見かけないやわらかいニュアンスカラーでさり気なくオシャレに!
* 本メニューは定期購入型です。商品のご返却は不要です。

COLEMAN コンプリート・セット:月額8,000円(税込)
上級キャンパー垂涎の「Coleman × URBAN RESEARCH」セットです。
セット内容は、ヒーリングチェア、クイックアップIGシェード、コンパクトフォールディングチェア、エクスカーションクーラーの4点。2021年2月頃の発送予定です。
* 本メニューは定期利用型で最低利用期間は3ヶ月です。期間満了時にご返却またはお買取りのいずれかをお選びいただけます。

「submee」に出店するブランドのメリット

1) 初期費用無料、月額固定費無料
販売金額に応じた手数料だけをいただく従量制課金制度です。

2) ブランド・コンセプトを訴求
ブランドの特徴をきちんと打ち出せます。当社がメニュー開発のアドバイスもいたします。

3) オムニ・チャンネルを強化
実店舗とECに続く3本目の新しい販売チャネルを確立できます。

4) 計画生産により在庫圧縮
submeeのユーザーが増えれば、事前に需要が読めるようになります。

持続可能社会に向けて

submee は、便利なサービスであるだけではなく、サブスクリプションすることで持続可能な社会作りにも貢献できるサービスです。

submeeでは、不要となった商品は無料で回収し、再利用または寄贈します。

将来的には、submee のユーザーが増えるにつれて、各ブランドが計画生産できるようになります。そうなれば生産や物流の無駄がなくなるので、過剰生産が抑制されて廃棄物の発生も削減されます(参照:国連が掲げるSDGs = Sustainable Development Goals / 持続可能な開発目標の「つくる責任 つかう責任」)。

さらに、各ブランドのコストも削減されるので、その分、より面白い製品やサービスが登場する可能性が高まります。

「環境のために我慢する」のではなく、「生活を楽しみながら持続可能社会を実現する」。これができるところにサブスクリプションの意義があります。

株式会社submeeについて

当社代表梅澤がアパレル事業に従事した経験を活かして、「いつまでも楽しく」をコンセプトに2020年8月に設立しました。

株式会社submee
東京都文京区千石三丁目17番13号
代表取締役 梅澤快行
設立:2020年8月21日

サービストサイト:https://submee.jp
コーポレートサイト:https://submee.co.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント