12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

人気ブランドが出店!ライフスタイル・サブスクモール「submee」が登場!

リテールテックのスタートアップである株式会社submeeが、12月10日(木)に、人気ブランドが出店する日本初のライフスタイル・サブスクモール「submee」(サブミー)をオープンしました。

サブスクモール「submee」について

12月10日(木)にオープンした「submee」は、日本初のライフスタイル・サブスクモールです。現在は、メンズ&レディース「URBAN RESEARCH」、レディース「ROPÉ PICNIC」、キッズ「petit main」、ペットグッズ「THREE ARROWS」が出店しています。今後はコスメ、スポーツ、インテリアなど多数のライフスタイルブランドが参加予定です。

サブスクリプションの常識を変えるサブスクモール「submee」

「submee」は、さまざまなジャンルのブランドが出店するモール型のサブスクリプション・サービスです。大型ショッピングセンターで買い物するように、お気に入りのブランドが提供する「メニュー」を楽しく選べます。

「submee」で変わるライフスタイル

【submeeライフ】

submeeに行けば、アパレルからコスメ、インテリアなど、さまざまな商品を一気に見て回れる。気になるブランドがあったら、新作を定期的に届けてくれるから、とても便利。しかも、月額料金だから一度の支出を抑えられて、すごく助かる。知らなかったブランドも気軽に試せる。
submee でお買い物するようになったら、時間に余裕ができた。趣味が充実するようになった。気持ちも和んで、毎日が楽しくなった。

【ユーザーのイメージ】

生活シーンに応じたサブスクリプション形態を用意

定期購入型:商品を定期的にお届けします。商品の返却は不要です。
定期利用型:商品を定期でご利用いただけます。利用期間終了時に予め定めた残価でお買い取りもできます。
 

メニューの例

GIRLS デイリーセット:月額3,630円(税込)
「petit main」のかわいい新作デイリーキッズウェアのトップス1点+ボトムス1点のコーディネートが毎月届きます(サイズは80〜130cm、10cm刻みで選択)。
他では見かけないやわらかいニュアンスカラーでさり気なくオシャレに!
* 本メニューは定期購入型です。商品のご返却は不要です。

COLEMAN コンプリート・セット:月額8,000円(税込)
上級キャンパー垂涎の「Coleman × URBAN RESEARCH」セットです。
セット内容は、ヒーリングチェア、クイックアップIGシェード、コンパクトフォールディングチェア、エクスカーションクーラーの4点。2021年2月頃の発送予定です。
* 本メニューは定期利用型で最低利用期間は3ヶ月です。期間満了時にご返却またはお買取りのいずれかをお選びいただけます。

「submee」に出店するブランドのメリット

1) 初期費用無料、月額固定費無料
販売金額に応じた手数料だけをいただく従量制課金制度です。

2) ブランド・コンセプトを訴求
ブランドの特徴をきちんと打ち出せます。当社がメニュー開発のアドバイスもいたします。

3) オムニ・チャンネルを強化
実店舗とECに続く3本目の新しい販売チャネルを確立できます。

4) 計画生産により在庫圧縮
submeeのユーザーが増えれば、事前に需要が読めるようになります。

持続可能社会に向けて

submee は、便利なサービスであるだけではなく、サブスクリプションすることで持続可能な社会作りにも貢献できるサービスです。

submeeでは、不要となった商品は無料で回収し、再利用または寄贈します。

将来的には、submee のユーザーが増えるにつれて、各ブランドが計画生産できるようになります。そうなれば生産や物流の無駄がなくなるので、過剰生産が抑制されて廃棄物の発生も削減されます(参照:国連が掲げるSDGs = Sustainable Development Goals / 持続可能な開発目標の「つくる責任 つかう責任」)。

さらに、各ブランドのコストも削減されるので、その分、より面白い製品やサービスが登場する可能性が高まります。

「環境のために我慢する」のではなく、「生活を楽しみながら持続可能社会を実現する」。これができるところにサブスクリプションの意義があります。

株式会社submeeについて

当社代表梅澤がアパレル事業に従事した経験を活かして、「いつまでも楽しく」をコンセプトに2020年8月に設立しました。

株式会社submee
東京都文京区千石三丁目17番13号
代表取締役 梅澤快行
設立:2020年8月21日

サービストサイト:https://submee.jp
コーポレートサイト:https://submee.co.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント