12.8 C
Japan
火曜日, 9月 28, 2021

電源・ネットワーク不要のスマホ制御型宅配ボックス『VOX』

マッシュルームは、電源やネットワークなしに運用できるスマホ制御型の宅配ボックス『VOX』を開発している。『VOX』の普及を進めるのは提供する事業者側であり、消費者は無償で『VOX』を設置し、自由に使える時間が作られる。「置く」までのハードルを最小限にした後に展開が期待されるサービスとは。その構想について代表取締役の原庸一朗氏にお話を伺った。
※この記事は、2019年1月30日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

無料で使える宅配ボックスを普及させる仕組みとは?

当社は、電源やネットワークなしに運用できるスマホ制御型の宅配ボックス『VOX』を開発しています。荷物の受け取りや出荷ができるため、EC(ネット通販)での利用を想定されると思いますが、このほかにもネットスーパー、フードデリバリー、宅配のクリーニングなどでの受け渡しの場所としても活用していただきたいと考えています。宅配ボックスを提供している企業は複数ありますが、消費者側に有料で販売するようでは普及が遅くなるな、と思っていました。再配達が問題になっているとは言え、困っているのは配送業者であって、消費者にとっては再配達に費用が発生しているわけではありませんから。

そこで当社は、ネットスーパーや宅配クリーニングなど、商品やサービスを提供する事業者側に『VOX』の普及を進めていただき、消費者は無償で『VOX』を設置できるBtoB課金モデルにしていきたいと考えています。私たちは宅配ボックスを作って売るだけのメーカーという位置づけではありません。宅配ボックスを「置く」ことがスタートであって、コストやネットワーク・電源など「置く」までのハードルを最小限にして、各種サービスに利用を拡大させていきたいと思っています。

マンションではタッチパネル式の宅配ボックスが普及してきていますが、戸建て住宅では電子化された宅配ボックスをあまり見かけません。その理由は、電源を引くための工事が大変だったり、家の中のWi-Fiの電波が外まで届きにくいことなどが挙げられます。その点『VOX』は開け閉めする際の認証はスマホの回線を使用するためWi-FiやLANなどは不要で、電力も認証時しか消費しないためソーラー充電で十分補えるようになっています。「戸建て住宅の屋外でもネットワークや電源なしで設置できるけど、スマホで制御できる」という点が当社の技術力であり、他社との大きな違いです。

対面でなくとも受け渡しOK。段ボール自体を宅配ボックスに

今は本人確認が必要な書類はサインや捺印が必要ですが、スマホ制御の『VOX』だと本人が受け取ったという記録が残されるため、今まで対面でないとできなかった受け渡しもできるようになります。代金引換の荷物についても、ボックスにロックをかけてアプリやコンビニで決済を終わらせてから開けられる仕組みになっているため、配送業者は荷物をボックスに入れるだけで配送が完了します。ここ数年、コンビニ受け取りが拡大してきましたが、コンビニ側もキャパシティーが足りなくなっているほどで、ECの伸びしろがまだまだあるにもかかわらず、今後はコンビニ受け取りを増やさない方針であるとも聞きました。ですから、今は、自宅での受け取り場所や手段を増やすことが最善だと考えています。

私たちが目指している世界は、段ボール自体が宅配ボックスになることです。簡単に言うと、マンションや家の前などに箱を固定するベースを置き、そこにロックがかかった箱が運ばれてくるという仕組みです。中身が取り出されたら次の配送時に箱を回収できるような、より効率的な手法も考えています。また、今は生協などが玄関前に食品を配送していますが、スマホ制御によって受け取った時間も管理できるため、事業者側は配送後の衛生上のリスクを軽減していくことができると思います。

「宅配ボックス」というワードではなく、「開け閉めの制御ができる箱」と考えれば、自動販売機のような使い方も可能になります。例えば、フリマアプリのように売りたいものをボックスに入れて、何を出品したのか登録する。通りかかった人が欲しいと思えばその場で買える――こういう発想で、レンタル事業やシェアリング事業にも応用していけると思います。最近は無人コンビニが話題ですが、これはアメリカからスタートした考え方です。日本には自動販売機という文化があるので、自動販売機にフレキシビリティを持たせる方法も日本には合っているのではないでしょうか。

新たな野望はアパレル産業の課題解決!

当社が軸に考えているのは「時間」です。今は受け取り時間や洗濯、料理などに時間を拘束されていますよね。宅配時間に家にいなくても荷物を受け取れて、洗濯は宅配クリーニングを利用でき、時にはフードデリバリーも注文できる。これは、見方によれば自由に使える時間が作れるということです。普及が進めばボリュームディスカウントされ、より安く、手軽に利用できるようになっていくと思います。

このほか、アパレルブランドが服を製造するだけでなく、洗濯から保管、修繕まで行えるようにする仕組みを、ある大手企業と構想中です。要は、今まで5000円で売り切って終わっていただけのワイシャツを、洗濯や保管、修繕などのサービスも付加して8000円で販売するような方法です。『VOX』の受け渡し拠点と、大手企業のトラッキングのタグを組み合わせると、このようなモデルが可能となります。

この構想が実現すれば、ほかのブランドにスイッチングされる不安にさらされてきたアパレル産業が、顧客の囲い込みを維持し続けられるようになるかもしれません。「このシーズンにこの服を着た」というデータも取得できるため、マーケティングデータとしても活用することが可能となります。今のアパレル産業の課題として、国内では年間33億着、120万tが廃棄されているといわれており、製造しても7割が廃棄されている実情が挙げられます。当社の技術や発想が、幅広い業界で役立てられることを期待しています。

インタビュイー
原 庸一朗 氏 株式会社マッシュルーム 代表取締役CEO

ラストマイル物流を中心に、独自開発のセキュア通信認証技術を組み込んだスマートコンテナとトラッキングプラットフォームを提供することで、不在配達/再配達や盗難セキュリティ、衛生リスクなど、従来の使い捨てダンボールを用いた配送オペレーションに起因する様々な問題を解決するサービス「Vox Container」を運営。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント