12.8 C
Japan
木曜日, 1月 21, 2021

一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査 ―コミュニケーションツール編―

2018年12月20日~2019年1月9日において「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」が実施された。本記事は、そのコミュニケーションツール編である。
※この記事は、2019年1月31日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

社内外で連絡を取る際のツールに違いがあることが判明!スタートアップ企業はオンラインコミュニケーションツールを大活用。

2018年12月20日~2019年1月9日に実施した「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」の結果から、スタートアップ企業における社内外との連絡手段は、一般企業に比べ、オンラインコミュニケーションツールを多く活用していることが明らかとなった。

■スタートアップ企業の約半数が社内での連絡用ツールに「Slack」を活用していると回答。

Q.あなたが社内で連絡を取る際に使用しているツールをお答えください。【複数回答】

社内で連絡を取る際に使用するツールとして一般企業では「メール」が79.0%で最も多く、次いで「電話」76.0%が続いている。その一方で、スタートアップ企業では「メール」53.9%に続いて多い回答となったのは「Slack」47.8%だった。スタートアップ企業の約半数が「Slack」を活用しており、一般企業と比較しても43.8ポイントの大差となっているほか、「Chatwork」や「Facebook(messenger)」等のツールも一般企業に比べてスタートアップ企業では多く活用されていることがわかる。


■社外でもオンラインコミュニケーションツールが当たり前!?オンラインツールがビジネスを加速。

Q あなたが社外の人と仕事で連絡を取る際に使用しているツールをお答えください。【複数回答】

社外と連絡を取る際のツールに関しては、一般企業は「電話」が82.5%と最も多く、2位に「メール」78.5%が続いた。一方、スタートアップ企業は1位「メール」84.7%に次いで、2位は「Facebook(messenger)」62.7%と、半数以上が使用すると回答しており、一般企業との差は実に52.7ポイントも開く結果となった。スタートアップ企業では、前問同様、「LINE」や「Skype」などの回答が一般企業より多く、社外とのやり取りでもオンラインコミュニケーションツールを多く活用しているということが判明した。

従来のメールやグループウェアのようなツールに比べ、手軽で容易にオンラインでコミュニケーションが取れる社内SNSやチャットツールは、うまく活用すれば業務や情報共有の円滑な推進や社内のコミュニケーションの活性化につながるため、導入する企業は増加傾向にある。

近年、働き改革に取り組む企業が多く、従来のメールやグループウェアのようなツールに比べ、手軽で容易にオンラインでコミュニケーションを取ることができるコミュニケーションツールを導入する企業が増えつつある。特にスタートアップ企業では、一般企業よりリモートワーク、在宅勤務の導入率が高いほか、スピード感を重視する傾向があるため、円滑な情報共有をはじめとした仕事の効率化を図る手段として活用していることが本調査を通じて読み取れる。

【調査概要】


1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:一般企業/従業員規模300名以上の企業にお勤めである20歳~59歳までの会社経営者・役員・団体役員、会社員・団体職員(派遣・契約社員含む)であり、オフィスで働く方を対象に実施
スタートアップ企業/国内最大級のスタートアップコミュニティに登録するスタートアップ企業にお勤めの方を対象に実施

3.有効回答数:一般企業200名/スタートアップ企業150名

4.調査実施日:2018年12月20日(木)~2019年1月9日(水)

5.調査名:「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 

【新規事業インタビューvol.4】YourApparel – 『あなたの洋服をみんなの洋服へ』アパレル業界への挑戦

「STARTUP STUDIO by Creww」は、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムである。プログラム運営の寺田が”社会を変える挑戦”に挑む新規事業開発を紹介するインタビュー第4弾ー。今回は「YourApparel」ファウンダーのショーワ大氏にお話を伺いました。

提供したいのは、働く時間=幸せな時間。野村不動産がつくる共創コミュニティとは

コロナ禍でリモートワークやデジタル化が加速し、オフィスや働き方、ビジネスモデルそのものを見直す動きが増えています。前提が覆されたこれからの社会でより求められるのは、人が人らしく働けることと、効率的に最大のパフォーマンスを発揮できること。そのため、オフィスの分散化やリモートワークとのハイブリッド型を模索する企業が増えています。こうした社会の大きな変化の中で、働き方や価値観の多様化に対応した“本当に働きやすい場”を提供しているのが野村不動産です。ビジョンに「HUMAN FIRST」を掲げ、さまざまな企業と協業しながら、働く時間=幸せな時間への変革を目指しています。具体的にはどのような取り組みをしているのか。都市開発事業本部の桑原利充氏を中心としたプロジェクトメンバーに話を聞きました。

自動車業界の大変革期にオープンイノベーションで挑戦するアビスト

「モータリゼーション2.0」と言われる100年に一度の自動車業界のイノベーション大変革期を迎える現在。デザイン性の高い自動車部品の「ボデー」「ランプ」「内装」をメインに、AIや3D-CAD、ハイブリッド関連部品や電装関連部品における技術力に優れる株式会社アビストでは、モータリゼーション2.0に挑戦すべく、2020年の10月に総合技術開発部という新たな価値創造を専門とする部署が立ち上がりました。 アクセラレータープログラムの開催に当たって、今回は本部署の責任者であるアビスト 総合企画本部総合技術開発部 執行役員の金井 孝宣氏にお話を伺いました...
Facebook コメント