12.8 C
Japan
木曜日, 10月 6, 2022

2020年の教育改革に先立って、未来を担う子どもたちに最適な教育を提供するスタートアップ『ハクシノレシピ』

2020年から順次実施される次期学習指導要領では、「主体的な学び、対話的な学び、そして深い学び」の実践が理念に掲げられ、知識の理解とともに、資質と能力を育むことを目的とした教育の充実が図られていく。Hacksiiは、アクティブ・ラーニング」×「食事づくり」の観点で独自に生み出した教育概念、“キッチン学”を自宅で学べる『ハクシノレシピ』というマンツーマンの料理レッスンサービスを提供しているスタートアップ企業だ。株式会社Hacksii(ハックシー)代表取締役CEOの髙橋 未来さんにお話を伺った。

※この記事は、2019年1月30日、Startup ismにて公開された記事を転載しています。

株式会社Hacksii(ハックシー)代表取締役CEO  髙橋 未来氏

“キッチン学”を通じて能力を育む教育サービス『ハクシノレシピ』

当社は、「アクティブ・ラーニング」×「食事づくり」の観点で独自に生み出した教育概念、“キッチン学”を自宅で学べる『ハクシノレシピ』というマンツーマンの料理レッスンサービスを提供しています。

『ハクシノレシピ』は、キッチン学のプロである「エプロン先生」が利用者の自宅に訪問して、子どもと一緒に料理を作るサービスですが、育児代行や家事代行のサービスとは異なり、メニューを決めるところから調理、盛り付けまでを子ども主体の自由な発想で行うため、“自分で考えて主体的に行動できる能力”を育てるための「教育」を軸にしている点が最大の特徴です。

『ハクシノレシピ』は、利用者がサイトから申し込んだ後、アレルギー疾患による食事に関する問題や子どもの性格などをヒアリングした上でエプロン先生が家庭に訪問します。当日は事前ヒアリングに基づき、季節や好み、家にある食材などを踏まえて子どもが主体的に考えて作り始めます。基本プランは訪問から料理が完成するまで約2時間ですが、子どもと一緒に買い物に行く3時間プランや、一緒に食事をして食器の片付けまで行うオプションも用意しています。

また、サービス名である『ハクシノレシピ』には「白紙」=「一切既存のレシピを使わずに自分で作り上げていく」という意味を込めており、エプロン先生は計量カップや計量スプーンを一切使わず、子どもの主体性を尊重しながら考える力と対処力を養い、料理が完成するまでの各工程で子どもたちをサポートしています。


安心して利用できるサービスにするために

『ハクシノレシピ』は、エプロン先生が利用者のご自宅に伺い、マンツーマンレッスンを行うサービスのため、他人を家に上げることに抵抗がある方も少なくないと思います。当社では、全員当社規定の実践テストに合格しているプロフェッショナル人材のみを派遣しているため、お子さまのいらっしゃるご家庭でも安心して利用いただけます。

また、サービスをご利用いただく前にはエプロン先生のプロフィールと写真をお送りすることで、少しでも安心していただくことや、SNSを通じたエプロン先生に関する情報発信などにより、サービス利用に関する不安の払拭に努めています。

エプロン先生が子どもの料理をサポート

2018年11月にスタートした新しいサービスですが、利用頻度としては、週に1回、または2週間に1回のペースで利用されている方が多く、実際に子どもの行動に関する変化や偏食の改善などの報告を多数いただいており、“キッチン学”を通じて養われる思考力や創造力、対処能力の向上が目に見えて表れています。

現在は、メニューを考えて料理を作り終える工程までを一緒に手掛けていますが、これからの時代を生き抜いていく子どもたちの教育という観点から、自分で作った料理に関する学びを自分の言葉で表現させ、基礎的なプレゼンテーション能力を養うためのshow&tellというコンテンツを、1月より提供開始しました。


ビジョンは「すべての人が自分で考えて主体的に行動する社会の実現」

2020年から順次実施される次期学習指導要領については、「主体的な学び、対話的な学び、そして深い学び」の実践を理念に掲げた教育の取り組みがされ、知識の理解を高めるとともに、資質と能力を育むことを目的とした教育の充実が図られます。

AIやIoTに始まるテクノロジーが目まぐるしく進化する時代において、アメリカでも少なくとも10年~20年程で総雇用者の47%の職業が機械に代替されていく可能性が高まるといわれており(オックスフォード大学准教授、マイケル・A・オズボーン博士) 、日本も同様に、これからはロボットを使いこなしていくような、主体性のある人材にならなければいけないことから、アクティブ・ラーニング(能動的学習)にはじまる主体性を育む教育が必要だとされています。

”キッチン学”を通じて未来に通用する人材を育てるため、現在は3~12歳の子どもを対象としてサービスを提供していますが、数年以内にはターゲット層を広げ、問題解決能力向上プログラムとしてビジネスに応用させたり、脳を働かせるトレーニングとして高齢者向けの認知症予防にも展開してきたいと考えています。

そのための施策として、まず、2019年4月に「エプロン先生のスペシャリスト」ともいえる、利用者からの指名が最も多い人材を正社員として雇用することからはじめ、エプロン先生の教育・サポート体制を強化することで、より一層のサービス向上を図ります。

また、今後のサービス拡大に伴うエプロン先生の増員を視野に入れており、定期的な採用説明会を随時開催する予定です。これらの施策を通じて「すべての人」に役立つキッチン学を普及させていきたいと考えています。

社名株式会社Hacksii
設立2018年10月11日
所在地東京都品川区大崎4丁目1-7
代表者髙橋未来
事業概要教育全般の支援事業
URLhttps://hacksii.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント