12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

スタートアップ向け「ひとり目マーケター代行プラン」

スタートアップ企業であるプロレ株式会社は、マーケティングコンサルティング部門にて、完全固定報酬型の「ひとり目マーケター代行プラン」をスタートアップ企業向けにリリースしたことを発表した。

「お⾦がなくても豊かになれる社会を創る」をビジョンに設⽴された、HR Tech領域のスタートアップ企業であるプロレ株式会社は、経済が孕む課題に対処し、格差や不平等といった問題を解決する公正な経済活動に取り組み続けている。

停滞する日本の経済成長において、企業における⽋かせない営みが”組織づくり”そして”マーケティング”です。

プロレは、現在運営している人材業・マーケティングコンサル業の2つの事業のうち、マーケティングコンサル業を新規事業に向けて更に特化させていきます。そのはじめの取り組みとして、従来より新規事業およびマーケティングコンサル業を通じて社内に蓄積されていたナレッジを基に、スタートアップの新規事業を⽀援する「ひとり⽬マーケター代⾏プラン」をリリースいたしました。

支援内容

・商材にフィットしたターゲットの選定、および訴求ポイントの特定
・予算に応じたweb・マス横断したマルチチャネルの検証
・toB商材であれば、オペレーション・営業の見直し

スタートアップにおけるマーケティング上の課題

本事業の責任者であるプロレ株式会社CMO篠﨑は、スタートアップが抱える課題についてこう述べています。

「スタートアップの新規事業において、マーケティングはコストセンターであり、失敗すれば会社にとって致命傷になりかねません。かといって、大手と比べれば予算規模は小さいため、代理店に工数を割いてもらえないケースも。自社で商材について真剣に考えてくれるマーケターを採用できればベストだと思いますが、スキルを見極めるのが難しい上、平均年収を含めた採用コストも高い。しかも、これまでのグッドケースが通用するわけではないのが新規事業のマーケティングの難しいところなので、他企業でワークしたマーケターが自社でワークするとも限りません。事業の初期検証に伴走した上で、マーケティング人材の採用コンサルティングまでやり切れると、バリューがより発揮できると考えています。」

本プランは、限定3社に対してトライアルで提供される予定です。
お問い合わせは、下記キャンペーンサイトより。
https://prole.co.jp/firstmarketer

社名プロレ株式会社
設立2020年1月
所在地東京都港区虎ノ門4丁目3番1号
代表者相田 龍一
事業概要有料職業紹介事業
URLhttps://prole.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。