12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

「送り迎え」から手軽に利用できる育児代行サービス『ikuzeee(イクジー)』

労働環境の変化、待機児童問題や保育所不足など、育児代行サービスへの期待は増すばかりである。日本の未来を担う子どもたちを健やかに育てるため、子育て世帯に求められる子育て支援とは…。需要に応えるサービスを提供し、新しい子育て文化の創造を目指すスタートアップ企業であるレイブリー代表の作前雄也氏にお話を伺った。
SUMMARY
・信頼できるシッターの育成に重点。
・手軽に始められる育児代行サービスを通じて子育て世帯の負担を軽減。
・新しい子育て文化の創造を目指す。

信頼できるシッターの育成に重点

近年、核家族化の進行や労働環境の変化に伴い、共働きはごく普通のライフスタイルとなりつつありますが、待機児童問題や保育園・保育士の不足は深刻な悩みであり、育児代行サービスへの需要の高まりに反して供給が追い付いていない状況が見受けられます。

2018年に当社が首都圏在住の共働き世帯400人を対象として実施した育児代行に関するアンケートでは、「育児代行を頼む際、安心して子どもを預けることができる人は誰か?」という問いに対して「友人や知人」という回答が最も多く、次いで「保育士資格を持つ人」と、非常に興味深い結果を得ることができました。これは、子を持つ親にとって 「信頼できる人」が一番望ましいということであり、保育士の資格の有無にはこだわらないということでもあります。

そのため、当社では「信頼できるシッター」の育成に力を入れており、保育士養成校や、大手企業に向けたビジネスマナー研修で定評のあるコンサルティング会社とのアライアンスを通じてシッター候補の採用をするほか、一般社団法人日本ワークライフバランスサポート協会との提携を通じた研修を行うことで、利用者に安心していただけるよう心掛けています。

手軽に始められる育児代行サービスを通じて子育て世帯の負担を軽減

最近日本でもようやく高まりを見せている育児代行を含む家事代行サービスですが、ある程度の認知度はあるものの、「家事代行会社に対する信頼性」への不安や「他人に育児を任せること」への心理的な抵抗からまだまだ利用者は少ないのが現状です。

しかし、一度サービスを利用して、代行サービスによる負担軽減を実際に体験することができれば必ず利用意向は高まると推察されるため、当社では、一般的なシッターサービスだけでなく、最短1時間から利用していただける送迎サービスも提供しています。

ライフスタイルに応じて曜日や時間を限定しての定期的な利用などカスタマイズすることも可能となっていることから、実際に利用いただいた方からは、「送迎に費やす時間を短縮できたことで精神的ゆとりができた」「家族とのコミュニケーションをとる時間が増えた」等のうれしいお声をいただいています。

また、2019年1月より、スピーディーな採用と採用コストを削減するため、3ステップで、仲介業者を介さず仕事依頼ができるアプリの提供を開始し、保育園・学童事業者と、保育人材のマッチングプラットフォームへとサービスを拡大させたほか、法人を対象とした福利厚生としてのサービスも提供しているため、導入企業の拡大を通じて働き方改革の一助となればうれしく思います。

日本の未来を担う子どもたちを健やかに育てるため、新しい子育て文化の創造を目指す

株式会社レイブリー代表取締役CEO 作前 雄也氏

昔の日本には地域で子どもを育てる文化が当たり前のように存在しており、また、『サザエさん』に代表されるような三世代家族も珍しくありませんでした。私自身、幼少時代両親と祖父母の三世代住宅で暮らしていたこともあり、共働きだった両親に代わって祖母が送り迎えや夕飯の世話などをしてくれてたことを覚えています。当時は当たり前のことのように感じていましたが、子育て支援に携わるようになった今では、祖父母の支えなしでは両親が共働きを選択することは難しかったであろうと強く感じています。

また、地域社会の都市化による相互扶助の低下や、核家族化の進行等により子どもの世話を頼める人がいない世帯が特に首都圏を中心に増えていることで、待機児童問題をはじめとする育児問題が複雑化の一途をたどっていることに対して強い危機を感じています。

当社サービスを通じて子育て世帯の負担の軽減を図るとともに、古き良き子育て文化を現代にそぐう形で継承し、日本の未来を担う子どもたちを健やかに育てるため新しい子育て文化の創造を目指したいと考えています。

社名株式会社レイブリー
設立2018年6月
所在地東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー4F
代表者作前雄也
事業概要マッチングシステムOEM開発
web・スマホアプリ開発
コンサルティング
URLhttps://www.raively.biz/

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。