12.8 C
Japan
火曜日, 8月 3, 2021

「完全週休3日制」。コアバリューが成長のカギ。

600(ロッピャク)株式会社は、「半径50m商圏」の小さな世界から流通の未来を変えるため「無人コンビニ」を手掛けている。急成長を遂げる一方で、全社員を対象とした“完全週休3日制”を取り入れる同社の意向について、代表取締役の久保 渓氏にお話を伺った。

600(ロッピャク)株式会社 代表取締役 久保 渓氏

「働き方改革」という言葉を耳にする機会が増えたが、主にニュースで取り上げられるのは大手企業のそれであり、中小企業が話題に上ることは少なく、創業間もないスタートアップであればなおさらのことだ。目先の仕事に追われている、プライベートと仕事の境界線がない――。一時のIT企業のようなイメージが先行しているのではないだろうか。しかし、先進的な技術を有し、短期間で急成長を目指すスタートアップだからこそ、目的を達成するためユニークな制度を導入するなど、働きやすい環境づくりにこだわりを持つ企業も少なくない。

東京都中央区日本橋に本社を構える『600(ロッピャク)』は、「半径50m商圏」の小さな世界から流通の未来を変えるため立ち上がった「無人コンビニ」を手掛けるスタートアップだ。2017年6月にサービスを開始したばかりであるが、都内のオフィスを中心に導入が進んでいるほか、累計商品販売数は2万個を突破し、既にマーケティングでの利用を目的とした大手メーカー各社からの引き合いも順調に増えている。

成長著しいということは、少数精鋭のスタートアップにとってかなりのハードワークなのかと察していたが、驚くことに、全社員を対象とした“完全週休3日制”を取り入れている。大手企業に負けず劣らず、かなりのインパクトを与える「働き方改革」だと言えるが、労働時間が減る分、労働生産性も減るのではないか。

そんな懸念をよそに久保代表は、「従業員の意識が同じ方向を向いているため、生産性が落ちるどころかむしろ上がっている」と教えてくれた。同社では、社名の通り六角形で6つの指標を表しており(ロッピャクの6)、「愛」「誠実さ」「責任感」「柔軟性」「仲間を助ける利他性」「局面を変える力」をコアバリューとしている。ユニークにも「愛」「誠実さ」――。全てのバリューを人間の内面的概念としており、人材の採用、育成、評価に関する全ての判断基準としている。同じ価値観をもった仲間同士が尊敬や思いやりを持つことを通じてチームビルディングや、同社の目標とする社風の醸成を目指している。

また、「無人コンビニ」というコンセプトをもつサービスを手掛けている以上、消費者の消費行動に関心を持つことや、商品トレンドに関する鋭い嗅覚が必要不可欠だということから、オンとオフをきちんと分け、働くときには情熱を持って働いてもらいたいという意向で“完全週休3日制”取り入れたという。働きやすい環境は、仕事の生産性向上にもつながり、サービスの拡販も順調というわけだ。

今では当たり前のようになっている週休2日制も、1960年代以前は当たり前ではなかった。「週休2日」という枠組みを破って「完全週休3日制」を制定し、順調な成長を遂げる同社の存在は、「企業における生産性」の本質を考えさせてくれる時代をけん引する存在といっても過言ではないだろう。「半径50m商圏」をターゲットとした小さな世界からの大きな挑戦に期待したい。

社名600株式会社
設立2017/6
所在地〒101-0031
東京都千代田区東神田2丁目1−9
代表者久保 渓
事業概要無人コンビニの製造・販売・運営
URLhttps://www.600.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント