12.8 C
Japan
金曜日, 8月 14, 2020

「完全週休3日制」。コアバリューが成長のカギ。

600(ロッピャク)株式会社は、「半径50m商圏」の小さな世界から流通の未来を変えるため「無人コンビニ」を手掛けている。急成長を遂げる一方で、全社員を対象とした“完全週休3日制”を取り入れる同社の意向について、代表取締役の久保 渓氏にお話を伺った。
※この記事は、2019年3月19日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

600(ロッピャク)株式会社 代表取締役 久保 渓氏

「働き方改革」という言葉を耳にする機会が増えたが、主にニュースで取り上げられるのは大手企業のそれであり、中小企業が話題に上ることは少なく、創業間もないスタートアップであればなおさらのことだ。目先の仕事に追われている、プライベートと仕事の境界線がない――。一時のIT企業のようなイメージが先行しているのではないだろうか。しかし、先進的な技術を有し、短期間で急成長を目指すスタートアップだからこそ、目的を達成するためユニークな制度を導入するなど、働きやすい環境づくりにこだわりを持つ企業も少なくない。

東京都中央区日本橋に本社を構える『600(ロッピャク)』は、「半径50m商圏」の小さな世界から流通の未来を変えるため立ち上がった「無人コンビニ」を手掛けるスタートアップだ。2017年6月にサービスを開始したばかりであるが、都内のオフィスを中心に導入が進んでいるほか、累計商品販売数は2万個を突破し、既にマーケティングでの利用を目的とした大手メーカー各社からの引き合いも順調に増えている。

成長著しいということは、少数精鋭のスタートアップにとってかなりのハードワークなのかと察していたが、驚くことに、全社員を対象とした“完全週休3日制”を取り入れている。大手企業に負けず劣らず、かなりのインパクトを与える「働き方改革」だと言えるが、労働時間が減る分、労働生産性も減るのではないか。

そんな懸念をよそに久保代表は、「従業員の意識が同じ方向を向いているため、生産性が落ちるどころかむしろ上がっている」と教えてくれた。同社では、社名の通り六角形で6つの指標を表しており(ロッピャクの6)、「愛」「誠実さ」「責任感」「柔軟性」「仲間を助ける利他性」「局面を変える力」をコアバリューとしている。ユニークにも「愛」「誠実さ」――。全てのバリューを人間の内面的概念としており、人材の採用、育成、評価に関する全ての判断基準としている。同じ価値観をもった仲間同士が尊敬や思いやりを持つことを通じてチームビルディングや、同社の目標とする社風の醸成を目指している。

また、「無人コンビニ」というコンセプトをもつサービスを手掛けている以上、消費者の消費行動に関心を持つことや、商品トレンドに関する鋭い嗅覚が必要不可欠だということから、オンとオフをきちんと分け、働くときには情熱を持って働いてもらいたいという意向で“完全週休3日制”取り入れたという。働きやすい環境は、仕事の生産性向上にもつながり、サービスの拡販も順調というわけだ。

今では当たり前のようになっている週休2日制も、1960年代以前は当たり前ではなかった。「週休2日」という枠組みを破って「完全週休3日制」を制定し、順調な成長を遂げる同社の存在は、「企業における生産性」の本質を考えさせてくれる時代をけん引する存在といっても過言ではないだろう。「半径50m商圏」をターゲットとした小さな世界からの大きな挑戦に期待したい。

社名600株式会社
設立2017/6
所在地〒101-0031
東京都千代田区東神田2丁目1−9
代表者久保 渓
事業概要無人コンビニの製造・販売・運営
URLhttps://www.600.jp/

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。