12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

「完全週休3日制」。コアバリューが成長のカギ。

600(ロッピャク)株式会社は、「半径50m商圏」の小さな世界から流通の未来を変えるため「無人コンビニ」を手掛けている。急成長を遂げる一方で、全社員を対象とした“完全週休3日制”を取り入れる同社の意向について、代表取締役の久保 渓氏にお話を伺った。

600(ロッピャク)株式会社 代表取締役 久保 渓氏

「働き方改革」という言葉を耳にする機会が増えたが、主にニュースで取り上げられるのは大手企業のそれであり、中小企業が話題に上ることは少なく、創業間もないスタートアップであればなおさらのことだ。目先の仕事に追われている、プライベートと仕事の境界線がない――。一時のIT企業のようなイメージが先行しているのではないだろうか。しかし、先進的な技術を有し、短期間で急成長を目指すスタートアップだからこそ、目的を達成するためユニークな制度を導入するなど、働きやすい環境づくりにこだわりを持つ企業も少なくない。

東京都中央区日本橋に本社を構える『600(ロッピャク)』は、「半径50m商圏」の小さな世界から流通の未来を変えるため立ち上がった「無人コンビニ」を手掛けるスタートアップだ。2017年6月にサービスを開始したばかりであるが、都内のオフィスを中心に導入が進んでいるほか、累計商品販売数は2万個を突破し、既にマーケティングでの利用を目的とした大手メーカー各社からの引き合いも順調に増えている。

成長著しいということは、少数精鋭のスタートアップにとってかなりのハードワークなのかと察していたが、驚くことに、全社員を対象とした“完全週休3日制”を取り入れている。大手企業に負けず劣らず、かなりのインパクトを与える「働き方改革」だと言えるが、労働時間が減る分、労働生産性も減るのではないか。

そんな懸念をよそに久保代表は、「従業員の意識が同じ方向を向いているため、生産性が落ちるどころかむしろ上がっている」と教えてくれた。同社では、社名の通り六角形で6つの指標を表しており(ロッピャクの6)、「愛」「誠実さ」「責任感」「柔軟性」「仲間を助ける利他性」「局面を変える力」をコアバリューとしている。ユニークにも「愛」「誠実さ」――。全てのバリューを人間の内面的概念としており、人材の採用、育成、評価に関する全ての判断基準としている。同じ価値観をもった仲間同士が尊敬や思いやりを持つことを通じてチームビルディングや、同社の目標とする社風の醸成を目指している。

また、「無人コンビニ」というコンセプトをもつサービスを手掛けている以上、消費者の消費行動に関心を持つことや、商品トレンドに関する鋭い嗅覚が必要不可欠だということから、オンとオフをきちんと分け、働くときには情熱を持って働いてもらいたいという意向で“完全週休3日制”取り入れたという。働きやすい環境は、仕事の生産性向上にもつながり、サービスの拡販も順調というわけだ。

今では当たり前のようになっている週休2日制も、1960年代以前は当たり前ではなかった。「週休2日」という枠組みを破って「完全週休3日制」を制定し、順調な成長を遂げる同社の存在は、「企業における生産性」の本質を考えさせてくれる時代をけん引する存在といっても過言ではないだろう。「半径50m商圏」をターゲットとした小さな世界からの大きな挑戦に期待したい。

社名600株式会社
設立2017/6
所在地〒101-0031
東京都千代田区東神田2丁目1−9
代表者久保 渓
事業概要無人コンビニの製造・販売・運営
URLhttps://www.600.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント