12.8 C
Japan
金曜日, 12月 2, 2022

副業マッチングサービス「シューマツワーカー」、約4億円の資金調達を実施

(左から環境エネルギー投資 中村氏 / 東京理科大学イノベーション・キャピタル管理部長 田嶋氏 / 代表 片寄氏/代表 高田氏 / シューマツワーカーCEO 松村 / COO 星 / CFO 高萩)

シューマツワーカーは、東京理科大学イノベーション・キャピタル、環境エネルギー投資からプレシリーズBラウンドとして約4億円の資金調達を実施した。

(左から環境エネルギー投資 中村氏 / 東京理科大学イノベーション・キャピタル管理部長 田嶋氏 / 代表 片寄氏/代表 高田氏 / シューマツワーカーCEO 松村 / COO 星 / CFO 高萩)

株式会社シューマツワーカー(本社:東京都 渋谷区/代表取締役:松村幸弥)は、東京理科大学イノベーション・キャピタル、環境エネルギー投資からプレシリーズBラウンドとして約4億円の資金調達を実施した。

当社は “ハタラクを自由化し、人生の可能性を広げる” というミッションのもと、エンジニア・デザイナー・マーケターを中心としたDX人材の副業マッチングサービス「シューマツワーカー」の開発・運用を行ってきた。

■副業市場の現状

移動が減り、オフィスに縛られない働き方が前提となるwith/afterコロナ時代において、副業が改めて脚光を浴びています。収入減を補うだけでなく、自らの経験や知見をシェアすることで副業先の成長を支援し得られる実績や、本業との相乗効果によって自身の経験値を高めるなど、副業の用途は多様化している。

昨今では、ITベンチャー企業だけでなく、大手企業や非IT中小企業、官公庁/自治体でも副業人材を活用する事例が増えている。人手不足の背景もあり、今後よりその動きは活性化されると予想される。

調達した資金使途

副業をはじめとする新しい働き方、およびそこに発生する様々な課題を解決するための新規事業も含めたサービス開発・改善・マーケティング、それらを実現するための組織強化に資金投下を図る。

特にエンジニア・デザイナー・マーケター等の人材の新しい働き方の支援を通じ、上記人材へのアクセスができなかった企業や官公庁・自治体に能力・知見がいきわたることによるDXの加速化も実現させる。

また、資金調達と併せて、本資金調達における投資家である東京理科大学との共同研究の検討を開始。副業の稼働状況や評価等を蓄積し、日本最大の信頼データベースの構築を目指す。

出資者各位からのコメント

東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社

「東京理科大学ベンチャーファンド(TUSIC投資事業有限責任組合)は、先進的技術の開発及びサービスを提供する企業への投資・支援活動を通じて、社会の健全な発展に寄与することを目的としています。シューマツワーカー社の事業展開を支援することにより、副業・兼業がもたらす労働市場の活性化、多様な働き方やライフスタイルの変革に貢献する、と確信できたことが今回の資本参加に至った大きな理由です。

今後、東京理科大学との産学連携により、エンジニアが持つスキル、実務経験など人的無形資産のナレッジ・データベース化など、企業価値の増大に寄与するプロジェクトを進めます」

所在地東京都新宿区神楽坂1-3 東京理科大学神楽坂キャンパス9号館8階
代表者代表取締役 片寄 裕市・高田 久徳
HPhttps://tusic.co.jp/

株式会社環境エネルギー投資

「with/ポストコロナ時代の到来により、我々は様々な変化に適応することが求められています。ディーセント・ワークの推進や労働人口の減少といった社会課題に直面するなか、シューマツワーカー社は副業による人材資源の有効活用でこれら課題解決を推し進めるとともに、新しい働き方・ライフスタイルを創出されています。

弊社は持続可能な社会に貢献できるベンチャー企業への投資、事業成長支援を行っており、社会的意義の高いサービスを提供されているシューマツワーカー社に参画させていただくことを心から光栄に思います」

所在地東京都品川区東五反田5-11-1
代表者代表取締役社長 河村 修一郎
HPhttps://ee-investment.jp/

シューマツワーカー代表取締役 松村幸弥のコメント

「シューマツワーカーはサービス開始から3周年が経ちました。私たちは、ただ副業マッチングサービスを運営するための企業ではありません。新しい働き方を正しく導き、新しいライフスタイルを創出する企業です。

日本の働き方において、過去50年で1番の改革が今起きています。このミッションのもとに事業を行っていることに、誇りと刺激、そして難解さを日々感じております。少なくない数の失敗を重ねました。しかし確実に私たちは前進しております。

株式会社シューマツワーカーでは仲間を絶賛募集しております。もし興味がある方は是非一度、プロダクト戦略 / マーケティング戦略 / 組織戦略についてお話しさせてください!」

株式会社シューマツワーカー

副業社員と企業のマッチングサービス「シューマツワーカー」
[副業希望者] https://shuuumatu-worker.jp
[企業] https://shuuumatu-worker.jp/innovation_lp4cd_original?utm_source=pr 

当社では、副業マッチングサービス「シューマツワーカー」以外にもサービスを展開している。それぞれのサービスのさらなる周知とともに、品質の向上を目指せる環境を整えていく意向である。

・テレワークが中心のフリーランスエンジニアを紹介「ミライエンジニア」
https://mirai-engineer.jp

・働き方に特化した転職エージェントサービス「LIFE is」
https://lifeis-foryou.jp

・企業の副業社員活用を推進するメディア「副業社員.JOURNAL」
https://shuuumatu-worker.jp/journal

社名株式会社シューマツワーカー
設立2016年9月12日
所在地〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-10アシジ神泉ビル8階
代表者代表取締役 松村幸弥
URL https://company.shuuumatu-worker.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント