12.8 C
Japan
火曜日, 7月 7, 2020

21世紀型能力育成オンラインサービス『MY SCHOOL』サービス開始

VIAは、21世紀型能力・「生きる力」を家庭で学ぶことができるオンラインサービス『MY SCHOOL(マイスクール)』を2020年6月15日より開始する。

意欲、協調性、粘り強さなど、親子で一緒に「生きる力」を育てる21世紀型能力育成オンラインサービス『MY SCHOOL』

昨今、急速に発達するテクノロジーにより、私たちの生活様式をはじめとする様々な社会構造が目まぐるしく変化している。予測不可能な現代においては、未知の課題に対する答えを生み出すための「思考力」や、他者との対話を通じて多様な価値観を共有し問題を実践する「実践力」が求められており、我が国においても「生きる力」を目指す教育方針の根底として「知・徳・体のバランスのとれた力」が教育など、横断的に育成すべき21世紀型能力として国立教育政策研究所によって新たに整理された。

また、人間の能力は、IQテストや学力検査で計測される「認知的能力」と、社会性、意欲、協調性、粘り強さなどに代表される人間の気質や、性格に関する「非認知的能力」の2つに大きく分類されており、「認知的能力」への早期教育による効果は、一時的に過ぎず、長続きしないことが近年の研究によって明らかとなった。一方「非認知的能力」は、その個々の将来に大きく影響し、人生の成功の大きな要となるという研究結果が報告されていることから、予測不能な未来を生き抜くために必要な力として注目を集めている。

本サービスは、5~10歳の子どもを対象としており、「経済」・「くらし」・「コミュニケーション」の3領域を、本サービスサイト上(https://www.myschool-via.com/)において毎週一回配信される動画を通じて無料で学ぶことができる。動画に登場する個性豊かなキャラクターたちと一緒にお金や経済の働きを考え理解していくことで、楽しみながら自分の暮らしや社会について深く考えることを目的とするほか、実践的に問題解決能力や発見力を身に着ける「非認知的能力」の礎となることを目指している。また、2020年7月には、大手企業、ベンチャー企業に勤務する子育て世代を対象とした金融リテラシー向上プログラム『MY SCHOOL for Enterprise』も開始予定である。これからの時代を生き抜いていく子供たちへより多くの選択肢を与えることができるよう、親子で一緒に学べる機会を提供する。

株式会社VIA設立の背景

様々な調査において、日本人の仕事に対する満足度の低さが発表されていますが「自分が進みたい道が明確になっていない」ことが大きな理由ではないだろうか。自分の進みたい道を決めるためには、幼少期から多くの選択肢が得られる環境が非常に重要となってくるが、子供が自力で多くの選択肢を得るには限界がある。そこで、VIAは、子供に多くの選択肢を与えるためには、親自身が物事を多角的に見る能力が必要になってくると考え、このような能力を親子で身につける環境を作るため、株式会社VIAの設立に至った。現在、学校教育で進められている「非認知的能力」に加え、同じく諸外国に比べ大きな遅れをとっている金融教育を加えた独自のコンテンツを一人でも多くの家庭に届けたいと考えられている。 

事業内容

無料で「非認知的能力」を学ぶことができる家庭向けオンラインサービス、企業ごとに内容をカスタマイズして行う法人向け研修サービスを展開している。いずれも、金融領域「経済」からサービスの開始を予定している。

■MY SCHOOLについて 2020年6月15日開始

個性豊なキャラクターが、「経済」・「くらし」・「コミュニケーション」の3領域をわかりやすく解説する。(毎週1回配信予定)また、子どもにより多くの選択肢を与えるため、「生きる力」を育む教育にフォーカスした、子育て世代に向けた記事の公開も予定しており、親子で一緒に楽しむことができる。なお、動画、記事共に無料で利用可能である
詳しくはこちら

■MY SCHOOL for Enterpriseについて 2020年7月開始予定

大手企業、ベンチャー企業に勤務する子育て世代の社員を対象とした金融リテラシー向上プログラムである。これからの時代を生き抜いていく子供たちへより多くの選択肢を与えることができるような学びを得ることのできる講座である。なお、企業ごとにカスタマイズして開催する予定である。
※「くらし」・「コミュニケーション」は2020年秋ごろ開始予定
詳しくはこちら

社名株式会社VIA(ヴィア)
設立令和2年5月7日
所在地東京都千代田区神田佐久間町一丁目8番4号アルテール秋葉原708
代表者代表取締役 鴻池 智史
事業概要教育事業に関する企画、立案、制作及び運営
URLhttps://via-corp.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。